2016年6月16日更新

愛犬とフリスビーを楽しむための方法と準備練習をご紹介!

「愛犬と一緒にフリスビーが楽しめたらいいな」と考えたことのある方は多いと思います。そこで、教えるのが難しい、思ったように動いてくれない、と諦めてしまってはいませんか。しかし、愛犬と一緒にフリスビーを楽しむことは決して難しいことではありません。ここでは、愛犬にフリスビー遊びを楽しむ方法をご紹介します。

投げたものを持ってこさせることから教えます

いきなりフリスビーをキャッチするのは困難なので、まずは初歩的な運動を通し、キャッチして持ってくるという行動を覚えさせることから始めます。

ボール遊び

ボール遊びは基本的な運動になるので、家庭犬との遊びに取り入れている方が多いのではないでしょうか。これができるようになれば、フリスビーのキャッチに向けての第一歩となります。

コマンドをひとつに統一する

持ってきてほしいときのコマンド(指示語)を決めましょう。例えば、おすわりやお手のような感覚で、テイクなどのコマンドに統一してください。テイクと言いながらボールを投げ、持ってこられるようになればOKです。

フリスビーを咥えて持ってくるように教えます

ものを咥えて持ってくるということを覚えさせたら、いよいよフリスビーを用いて訓練していきます。いきなりフリスビーをキャッチしてもってくるのは困難なので、徐々に段階を踏みながら教え込んでいきましょう。

向かい合った状態で正面に投げる

愛犬の目の前にフリスビーを投げ、キャッチして持ってきてもらってください。もちろん、コマンドを言いながら行うようにしてください。

横に並んだ状態で前に投げる

愛犬を横に座らせ、前に向かってフリスビーを投げてください。テイクのかけ声とともに、愛犬がフリスビーを取りに行くようにさせましょう。これができるようになれば、フリスビー遊びはもう目の前です。

飼い主の方はフリスビーを投げる訓練をしましょう

フリスビー遊びをするためには、上手にフリスビーを投げられるようにならなければなりません。まずは真っ直ぐに投げられるようになってくださいね。

反復練習を徹底しましょう

上手に投げることができるようになるためには、ひたすら繰り返し練習を行っていくしかありません。上手に投げられるようになるまで頑張りましょう。

まとめ

フリスビー遊びは、愛犬とともにステップアップしていきながら行うことができるので、愛犬とのスキンシップを取りながら行っていくことができます。フリスビーを空中でキャッチできたときの感動を味わえるよう、頑張ってみてくださいね。

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

犬はニコッと笑うのはなぜ? 犬が笑顔を見せる3つの理由。

あれ?今、犬が笑わなかった?そんなビックリなご経験、ありませんか? 犬は何かを「おもしろい」と感じて笑うことはないとも言われています。では、なぜ犬は笑顔のような表情をすることがあるのでしょう……

犬のカーミングシグナル

犬におしっこをかけられた! 犬のカーミングシグナルとしてのおしっこ

犬のとってのおしっこは、もちろん体の中の毒素やいらないものを排出するという意味もありますが、どうもカーミングシグナルとしてする場合もあるようです。なぜカーミングシグナルでおしっこをするのでし……

犬のカーミングシグナル

「それってどんな意味?」犬のしぐさの意味を知って犬の気持ちを理解しよう

言葉にできなくても犬はしぐさや鳴き声で自分の気持ちを常に飼い主さんに伝えてきています。犬の飼い主さんなら、犬のしぐさに込められた意味を理解して犬との絆を深めていきたいものです。 そこで……

犬のカーミングシグナル

犬がクルっと背中を見せる、なぜ?

遊んでいたと思ったら、犬が背中を向けて走り出した。もしくは、家でくつろいでいる時に犬が飼い主に背中を向けて座った、など、犬はなぜか相手に背中を向ける時があります。知らんぷりをしているのか、は……

犬のカーミングシグナル

犬が片方の前足を上げたままにしている。なぜ?

思わず「かわいい!」と言ってしまいそうな、犬が前足を上げているポーズ。ふと散歩中に犬を振り返ったら、前足を上げていた、草むらで何か探していると思ったら前足を上げた、なんてコト、無いですか?と……

犬のカーミングシグナル