ささみは犬の健康にいい?ささみの成分や与える際の注意点を解説【獣医師が解説】

良質なタンパクが取れると人気の食材「ささみ」。人だけでなく犬の健康にも良く、安心して与えられる食材として愛犬にささみを与えている飼い主さんも少なくありません。

そこで今回は、犬に安全においしくささみを与える方法などをお話いたします。

健康に良い食材でも与え方や注意点を間違えると愛犬の健康を害してしまうこともあります。

ぜひ今回の記事を参考に、愛犬に安全にささみを与えられるようにしてくださいね。

 

ささみの特徴

ささみには、食材として優れている点も多いですが、注意が必要な面もあります。まずは、ささみの特徴についてみておきましょう。

ささみが食材として優れている点

ささみが食材として優れているのは以下の点になります。

低脂肪

ささみは肉の中でも低脂肪な肉になります。豚肉や牛肉、鶏モモ肉などに比べると脂質の割合が非常に低く、低カロリーで太りにくい食材です。

そのため、太りやすいわんちゃんのおやつとしてもおすすめできる食材になります。

高たんぱく

ささみの主な成分はたんぱく質。ささみを食べることで、筋肉の発達や皮膚や被毛の健康のために必要なたんぱく質を補うことができます。

ビタミン・ミネラルも豊富

ささみには各種ビタミン・ミネラルも豊富に含まれており、それもささみが健康に良いと言われる理由になります。

 

ささみの注意が必要な面

ささみは犬の健康にも良い食材ですが、少し気を付けなければならない面も持ち合わせています。

腎臓病を悪化させるリスク

ささみにはたんぱく質が豊富に含まれていますが、たんぱく質が多い食事は腎臓病を進行させてしまうリスクがあります。腎臓はたんぱく質の老廃物を排泄する働きを持っており、たんぱく質をたくさん摂取すると腎臓に負担がかかってしまいます。

健康な犬であれば問題ないですが、腎臓が弱っている腎臓病の犬や高齢の犬にはささみをたくさん与えない方がいいでしょう。

アレルギーの可能性

犬にはアレルギーが多く、新しいものを与えるとアレルギーで皮膚が痒くなったり、下痢をしてしまったりすることがあります。ささみが特別アレルギーを起こしやすい食材というわけではありませんが、ささみを与える際にはアレルギーの症状が出ないかどうかしっかりチェックしておきましょう。

 

ささみに豊富に含まれる成分

ささみには、以下のような成分が豊富に含まれます。

たんぱく質・アミノ酸

ささみに最も多く含まれるのはたんぱく質です。タンパク質はアミノ酸がいくつもくっついてできています。

アミノ酸には犬の体内で作ることのできる非必須アミノ酸と、体内で作ることができず食品から摂る必要のある必須アミノ酸があります。

ささみには犬の必須アミノ酸がすべて含まれているため、ささみを食べることで、犬に必要なアミノ酸をすべて摂取することができます。

たんぱく質やアミノ酸は皮膚や被毛の健康や免疫機能などに重要な成分であり、これらを多く含むささみが健康に良いとされる理由になります。

ビタミン

ささみにはビタミンも豊富で、特にビタミンB群(ナイアシン、パントテン酸、ビタミンB6)、ビタミンKが豊富に含まれています。

これらのビタミンは、皮膚や粘膜を正常に保つ働きを持っており、血を止めるための止血機能にも必要な成分です。

ミネラル

リンやカリウム、マグネシウムなどが豊富に含まれています。

これらのミネラルは骨の成長や神経伝達に重要な働きを持っており、体になくてはならない栄養素となります。

 

ささみを安全に食べさせるためには

以上のように、体にとても大切な成分を多く含むささみですが、犬に与える際には、安全に食べさせる方法を知っておくことが大切です。以下のような点に注意して与えるようにしてください。

与えるささみの量

犬に食べさせても良いささみの量の決まりはありませんが、食餌のバランスを崩さない程度に与えることが大切です。

大型犬の場合には1日当たりささみ1/2~1本、小型犬であれば5~10g程度にしておいた方がいいでしょう。大量に与えると消化不良や栄養バランスの崩れの原因になりますので、注意してください。

注意してほしい犬へのささみの与え方

以下のようなささみの与え方は、犬の健康を害することもありますので注意してください。

生で与える

鶏肉にはサルモネラ菌が付きやすいと言われています。

特に表面は菌で汚染されていることが多いので、最低限、表面が白くなる程度ボイルをして与えるようにしましょう。

サルモネラ菌は食中毒の原因菌であり、下痢やおう吐などを引き起こす可能性があるので、生で与えないようにしてください。

濃い味付け

犬の塩分の必要量は、ヒトの必要量に比べ非常に少ないです。

そのため、ヒトが食べるような味付けをしたささみを犬に与えると、塩分の取り過ぎになってしまうことがあります。

犬には人の料理を与えたり、濃い味付けのささみを与えないようにしてください。

食べ過ぎさせない

ささみは犬の健康にもいい食材ですが、食べ過ぎると栄養バランスを崩します。

ささみでお腹が膨れてしまうほど与えないようにし、犬にささみを与える際にはおやつ程度にしておきましょう。

犬におすすめのささみの食べ方

犬にささみを与える際には以下のような方法がおすすめです。

ゆでたものを裂いて与える

犬にささみを与える際には、味付けはほとんどいりません。

ゆでたささみをさいて、少しずつ与えましょう。

しつけやコマンド、留守番などのご褒美として与えるようにすると、犬とのコミュニケーションにもなり、おすすめです。

ドライフードに混ぜて与える

食欲が落ちている場合や、ドライフードの食べが悪い場合におすすめなのが、ささみを細かく裂いてドライフードに混ぜて与えることです。

ささみの煮汁をドライフードにかけるのも食欲を上げるためには有効です。

食べさせた後のチェックポイント

ささみを食べさせた後は以下の点に注意してください。

下痢や軟便にならないか

ささみを食べたその日や次の日にはしっかり便の様子を見ておきましょう。

下痢や軟便になる場合には、消化不良やささみへのアレルギーがある可能性がありますので、食べさせるのはやめておきましょう。

皮膚や耳を痒がらないか

食餌に対するアレルギーを持っている犬も多く、ささみに対してアレルギー症状が出ることもあります。

アレルギーによる症状として、耳や皮膚の痒みが出やすいので、食べて数日後にそういった症状が出る場合には要注意です。

犬にささみをあえて食べさせる必要はない

最近のドッグフードは、犬の完全栄養食となっております。

健康な犬であれば、品質の良いドッグフードを食べることで必要な栄養素をすべて取ることができます。

そのため、ささみは犬に与えなければならない食材ではなく、あえて与える必要はありません。

ただし、おやつとして与える場合には、太りにくく健康にも良い理想の食材になります。

犬とのコミュニケーションやしつけのために与える際には、上記のような注意点をしっかり守って、安全に与えるようにしてください。

まとめ

ささみは犬にとって絶対に必要なものではありませんが、おやつや食欲を増すために与える食材としては非常に優れています。

犬にささみを与える場合には、その方法や量、さらには与えた後の様子などを注意しながら与えるようにしてくださいね。

関連記事

 
 

ABOUTこの記事をかいた人

後藤大介

岐阜大学農学部・獣医学科(現応用生物科学部・共同獣医学科 ) 卒業。大阪・北海道の動物病院に勤務し、2018年、岐阜市にアイビーペットクリニックを開業。生まれ育った地元で、ペットと家族の幸せのためのお手伝いをしたいと考えています。病気の治療だけでなく、ペットの健康のための情報発信や、地域の飼い主さん同士が交流できるような動物病院を目指しています。