遊びながら食べるおやつ【またたびドーナッツ】は猫に食べさせても良いの?

本来、猫は狩猟した獲物を食べる動物です。

だから、遊びながらキャッチして食べるおやつは、本能を呼び覚まし、ストレスを解消できるツールでもあります。

【またたびドーナッツ】はそんな猫の狩猟本能を考えた、じゃれて遊ぶおやつですが、猫に食べさせても良いのでしょうか。

その中身を調べてみました。

 

【またたびトーナッツ】はどんな形状のおやつなの?

【またたびドーナッツ】はドーナッツ型のおやつ。色が茶色いのでチョコレートドーナッツのように見えます。

ひとつひとつは猫の口にはちょっと大きめですが、ホッケーのように遊ぶことを考えたサイズなのでしょう。

手で簡単に割れる比較的柔らかいソフトタイプとハードタイプがあります。

 

【またたびドーナッツ】にはどんな原材料が使われている?

【またたびドーナッツ】には、「ソフトタイプ かつお」「ソフトタイプ」「ハードタイプ」の3種類があります。

それぞれ、「どんな原材料が使われているのか調べてみました。

肉類

使われている肉類は大きく2種類に分かれています。

  • 「ソフトタイプ かつお」 ・・・ かつお、魚粉
  • 「ソフトタイプ」「ハードタイプ」 ・・・ 鶏肉、豚肉、魚粉

穀物

3タイプともに小麦粉、パン粉、とうもろこしが使われています。

 

【またたびドーナッツ】にはどんな添加物が使われている?

キャットフードやおやつにはさまざまな添加物が使われています。

ここでは、ビタミン、タウリンなど猫に必要な栄養素以外の添加物について調べてみました。

保存料

ソフトタイプの2つには、保存料にはソルビン酸、デヒドロ酢酸ナトリウムが使われています。

ソルビン酸には細菌やカビの繁殖を防ぐ働きがあり、ハム、ソーセージ、ワイン、ジャムなどといった人間用の食品にも使用されています。

ただ、ソルビン酸は他の添加物と合わせて使用する場合の危険性が指摘されています。

また、デヒドロ酢酸ナトリウムはどちらかと言うと化粧品などによく使われる保存料で、食品ではチーズ、バター、マーガリン限定で使用されているようです。

安全性が高いとは言い切れず、猫の口にはあまり入れたくない添加物です。

猫は人間に比べて体が小さいですし、肝臓や腎臓での解毒能力は人や犬より低いと言われています。

添加物はなるべく使っていないおやつの方が良いでしょう。

 

【またたびドーナッツ】の成分は?

【またたびドーナッツ】にはどんな成分で構成されているのか調べてみました。

たんぱく質

たんぱく割合は、ソフトタイプとハードタイプとでは、若干異なります。ソフトタイプは2種類とも12.0%、ハードタイプは14.5%です。

どちらも総合栄養食のドライフードに比べるとかなり低い割合ではありますが、おやつなので問題ないでしょう。

脂肪

脂肪割合は、ソフトタイプで4.5%、ハードタイプで8.5%です。

ハードタイプの方が、総合栄養食に近い割合です。ただ、こちらもおやつなので、そんなにシビアに考える必要はないでしょう。

【またたびドーナッツ】の特徴は?

【またたびドーナッツ】にはどんな特徴があるのでしょうか。

【またたびドーナッツ】にはどんな特徴があるのでしょうか。調べてみました。

じゃれて遊んで食べるおやつ

【またたびドーナッツ】は、単に食べるだけなく、じゃれて遊ぶことを狙ったおやつです。

中央に穴を開けた形は、おやつを猫の爪にひっかかりやすくするためのもの。猫じゃらしの先につけたり、転がして遊ばせることもできます。

ちょっと大きめのサイズですが、猫がホッケー遊びをするのにちょうどいい大きさとも言えます。

またたび入りで猫が夢中になる

【またたびドーナッツ】の生地にはまたたび(中えい果)の粉末が練り込んであります。

またたび粉が表面についているだけのおやつと違って、香りが最後まで残り猫を誘うので、楽しく遊んで食べてくれます。

おやつの与え方は?

【またたびドーナッツ】は2ヶ月齢以上の猫を対象にしたおやつです。

猫はまたたびを与えると酩酊状態になりますが、大抵は20~30分で元に戻ります。

ただ、またたびの影響は猫によって異なりますので、猫の様子を見ながら与えてください。

与える量は?

マタタビ入りですので、食べさせ過ぎには注意しましょう。

1日あたりの上限が決められていますので、量を守って与えるようにしてください。

  • 幼猫(2ヶ月齢以上) ・・・ 1~2個
  • 成猫 ・・・ 2~3個

与える時間は?

またたびが入っていますので、1日1回~数回に分けて与えてください。

また、1週間に2回~4回を目安に間隔をあけて与えるようにしてください。

多頭飼いの場合の注意点は?

多頭飼いの場合、食べる量のコントロールする必要があります。

遊ばせる際にもそばにいて、猫が食べる数を把握しておくようにしましょう。

【またたびドーナッツ】の保存方法は?

【またたびドーナッツ】は一度にたくさん与えられるおやつではありませんので、開封後に保管することが多いでしょう。

開封後はしっかり袋を閉めて冷蔵後で保管しましょう。

開封前であっても高温多湿な場所、直射日光の当たる場所は避けてください。

「遊べるおやつ」の発想は面白い!ただ、原材料がちょっと心配です

室内で飼われている猫は運動が足りていないことも多く、ストレスを溜めていることもあります。

猫がじゃれたり、遊んだりしながら食べる【またたびドーナッツ】は、そんなリスクを解消してくれる良いおやつです。

ただし、原材料については穀物が入っていたり、避けたい添加物が入っていたりなど、心配なところもあります。

できれば、発想はそのままに原材料にこだわったおやつも出してほしいものです。

関連記事