美味しいだけじゃない!乳酸菌配合で猫の健康を守る【ニャンコ学園】は猫に食べさせても良いの?

【ニャンコ学園】・・・何ともユニークで猫好きに刺さりそうなネーミングです!

【ニャンコ学園】はペットフードメーカー「デビフペット」が作ったおやつブランド。

「おいしいだけでなく、乳酸菌配合で猫の健康にも良い」というのが売りですが、果たして猫に食べさせても良いおやつなのでしょうか。

【ニャンコ学園】の中身をしらべてみました。

 

【ニャンコ学園】はどんな形状のおやつなの?

【ニャンコ学園】は固形ですがセミモイストタイプのおやつ。練り物のような食感で、薄いハートの形をしています。

ひとつひとつのサイズは少し大きめです。

 

【ニャンコ学園】にはどんな原材料が使われている?

【ニャンコ学園】には、「ササミ&まぐろ節」「ササミ&かつお節」「ササミ&かつお節(シニア猫用)」の3種類があります。

それぞれの原材料を調べてみました。

肉類

3種類とも、使われている肉類はほぼ同じで、

  • 鶏ささみ
  • 鶏胸肉
  • 鶏レバー
  • 白身魚エキス

を使用しています。「ササミ&まぐろ節」はこれに鮪節粉と鮪エキスが、「ササミ&かつお節」は鰹節粉、鰹エキスが追加され、味の違いになっています。

穀物

穀類にはコーン、タピオカが使われています。また、穀類ではありませんが、脱脂大豆粉も含まれています。

 

【ニャンコ学園】にはどんな添加物が使われている?

キャットフードにはさまざまな添加物が使われています。

ビタミンやミネラルなども後から添加されれば添加物ですが、ここでは栄養素以外の添加物について取り上げます。

酸化防止剤

酸化防止剤にはビタミンCを使用しています。これは安心できる添加物です。

保存料

保存料にはソルビン酸カリウムが使われています。

ソルビン酸カリウムは、人間用の製品でもソーセージや練り物、シャンプー、歯磨き粉などに幅広く使用される添加物で、細菌やカビの繁殖を抑える働きがあります。

ただ、ソルビン酸カリウムは亜硝酸ナトリウムのような、ほかの添加物と一緒に口に入れると害があるという報告もあります。

一定量なら安全だとは言われていますが、体の小さな猫にはあまり与えない方が良いでしょう。

香料

香料が使われていると表記されていますが、どんな香料が使われているかは不明です。

発色剤

着色料不使用ですが、発色剤として亜硝酸ナトリウムが使用されています。

亜硝酸ナトリウムは食品の黒ずみを防ぐ添加物で、ソーセージなどを美味しく見せるために使われていますが、ソルビン酸カリウムとの組み合わせは健康を害する可能性が指摘されています。

人間の製品でも使われ、私たちも普段から口にしている添加物ですが、体の小さい猫の口にはなるべく入れたくない成分です。

 

【ニャンコ学園】の成分は?

【ニャンコ学園】にはどんな成分で構成されているのか調べてみました。

たんぱく質

たんぱく質の割合は、3種類とも20.0%でした。これは、総合栄養食よりは少ない割合ですが、あくまでもおやつですので、問題ないでしょう。

脂肪

脂肪の割合は、「ササミ&かつお節」「ササミ&かつお節(シニア猫用)」が2.5%、「ササミ&まぐろ」が4.0%でした。

いずれも、ドライフードの総合栄養食に比べると低い割合ですが、おやつなので問題ありません。

【ニャンコ学園】の特徴は?

【ニャンコ学園】にはどんな特徴があるのでしょうか。

乳酸菌を1袋に約100億個、配合

【ニャンコ学園】には1袋あたり、約100億個の植物性乳酸菌K71が配合されています。

腸の健康は消化や便通だけでなく、猫の免疫アップにつながると言われていますので、乳酸菌の配合はメリットでしょう。

10gの小分けタイプだからいつでも新鮮

【ニャンコ学園】は10gずつの小分けパッケージになっています。食べ切りサイズですので、いつでも新鮮な香りでおやつを楽しんでくれるはずです。

シニア用のおやつにはグルコサミン、コンドロイチンを配合

【ニャンコ学園】にはシニア用のおやつがありますが、シニア用にはグルコサミン、コンドロイチンが配合されています。

関節などが弱りがちな高齢猫には嬉しいポイントです。

おやつの与え方は?

年齢や体重によっておやつの上限が決められています。

与える量は?

【ニャンコ学園】は3ヶ月齢以上の猫を対象としています。シニアにはシニア用のおやつがあり、それぞれ量の目安があります。

  • 月齢3ヶ月以上の猫(1~3kg) ・・・ 1日1袋
  • 成猫(3~5kg) ・・・ 1日2袋
  • シニア猫(3~5kg) ・・・ シニア用を1日2袋

上記の量を1日2~3回に分けて与えてください。

与える時間は?

与える時間は特に決められていませんが、食間に与えるのが良いでしょう。

多頭飼いの場合の注意点は?

多頭飼いの場合、食欲旺盛な猫だけが大量に食べないように注意してください。

飼い主さんの手から、与えれば食べた量を把握することができますし、猫とのコミュニケーションに役立ちます。

【ニャンコ学園】の保存方法は?

開封後は封をしっかり閉め、冷蔵庫に保管して早めに使い切るようにしてください。

開封前でも直射日光が当たる場所や高温多湿な場所は避けるようにしましょう。

乳酸菌配合は良さそうですが、添加物が多いのが気になるおやつ

おやつを食べながら乳酸菌を摂取できるのは【ニャンコ学園】の大きなメリットですが、保存料、発色剤などの添加物が多めなのはちょっと気になります。

猫は体が小さいうえ、肝臓や腎臓における解毒機能は人間や犬よりも弱いと言われています。添加物はなるべく少ない方が安全でしょう。

関連記事