ロシアンブルーの長毛版!日本では珍しい「ネベロング」ってどんな猫?

まるでロシアンブルーを長毛種にしたかのような見た目をしているネベロングは、日本ではまだあまり馴染みのない猫種ですが、じわじわと人気が高まってもきています。

そこで今回は、ネベロングの特徴や歴史、飼育法などを解説していきますので、ぜひチェックしてみてください。

 

ネベロングの特徴

ネベロングは光沢感のあるブルー(灰色)の被毛を持つ、長毛の猫種です。

見た目だけでなく、中身も愛くるしいのが、ネベロングの魅力だといえます。

ちなみに名前には「霧の中の生きもの」という意味があります。

性格

温和でおとなしいネベロングは、飼い主に対して忠実な態度を示す愛情深い猫種です。

あまり鳴かないため、集合住宅でも飼育がしやすいでしょう。

ただし、人見知りが激しいため、飼い主さん以外の人と絆を結ぶのには時間がかかるかもしれません。

性質

  • 頭部…くさび型(逆三角形)
  • 目…アーモンド型をしており、色はロシアンブルーと同じグリーンが理想とされていますが、なかなか難しいのが現状のようです。
  • 胴体…一般的な猫よりもやや長めです。
  • 口元…シャープな顎を持っています。
  • 四肢…スラっと長く、足先は中くらいの大きさです。指の間には飾り毛もみられます。
  • 尻尾…胴体とほぼ同じ長さをしています。胴体よりも尻尾の被毛のほうが長く見えるのが特徴です。

被毛

長さはセミロング程度で、シルキーな手触りをしています。

色はロシアンブルーと同じく、ブルーのみが認められています。

被毛は、アンダーコート(皮膚の一番近く生えている毛)とオーバーコート(体の表面に生えている毛)から成るタブルコートです。

また、ティップドカラー(毛先だけに色がついている)が特徴的な猫種であり、ネベロングは毛先がシルバーのシルバー・ティップドです。

大きさや体高

長毛種の猫種は体が大きくなりそうだと思っている方もいるかもしれませんが、ネベロングの平均体重は3~5kg程度だといわれているので、標準体型の一般的な猫と同じくらいの重さです。

ただ、ボディタイプはセミフォーリンタイプなので、フォーリンタイプに分類されるロシアンブルーよりはずっしりとした重みを感じるでしょう。

歴史

ネベロングは「人為的発生」といって、人の手で交配されて誕生した猫種です。

起源となっているのは、ブリーダーであったアメリカ人のコーラ・コップが飼育していたブルーの被毛を持った長毛のオス猫と短毛のメス猫の間に生まれた子猫です。

「ジークフリート」と名付けられた子猫はその後、ブルーの長毛を持つメス猫との交配によって子猫を産みました。

この子猫はそれから、TICAに「ネベロング」として公認されました。

 

飼育の注意点

ネベロングはまだ歴史の浅い猫であるからこそ、判明していないことがたくさんあります。

ですから、定期健診などによって健康状態をこまめにチェックしながら飼育していきましょう。

室内環境

ネベロングのような長毛の猫は飾り毛が指の間に生えているため、滑りにくい床材を使用していきましょう。

ジャンプなどをしたときに床が傷ついたり、老猫になったときに怪我を防げたりできるよう、床材をクッションフロアにするのもおすすめです。

また、飼い主さん以外の相手には警戒心が強い性格をしているので、ペットハウスなどを置くことで来客時でも隠れられように配慮していきましょう。

家具の配置

長毛種というと、大人しい性格であるというイメージが強いかもしれませんが、ネベロングは活発で遊び好きな性格でもあります。

そのため、上下運動がしっかりとできるキャットウォークやキャットタワーなどを用意してあげましょう。

室内で飼育していると猫が刺激を感じにくくなるので、窓ガラスに取り付けられる「ウィンドウベッド」などで外の世界を眺められるようにしてみるのもよいです。

 

ネベロングのケア方法

ネベロングの健康を保つには、飼い主さんがしっかりと毎日のケアを行ってあげることも重要になってきます。

ブラッシング

光沢感のある被毛を美しく維持し続けるには、毎日のブラッシングが欠かせません。

ネベロングの被毛はセミロング程度なので、一般的な長毛種よりは短いですが、1日2回のブラッシングを習慣化させていきましょう。

また、被毛が抜けやすい換毛期(春と秋)には2週間に1回程度シャンプーを行うのもおすすめです。

その際は、必ず猫用のシャンプーを使用するようにしてください。

爪切り

ネベロングに限らず、猫は本能によって爪とぎを行う生き物です。

しかし、爪とぎによって家具や柱を傷つけられると飼い主さんは大きなストレスを感じてしまうこともあるでしょう。

猫の爪とぎはしつけでやめさせることができない行動だからこそ、爪切りを行うことで対応していく必要があります。

ただし、猫は視界に入るところで爪を切られると、恐怖を感じるので、見えないように切ったり、寝ている隙に少しずつ切ったりしていくのがおすすめです。

洗濯用のネットにいれると大人しく切らせてくれる子も多いので、ぜひ試してみてください。

耳掃除

耳掃除はペットショップなどで売られているイヤークリーナや耳拭きシートなどを使って行っていきましょう。

イヤークリーナーを使用するときは、猫の耳から液が溢れるほど流しいれるのがポイントです。

猫の耳は人間とは違って内部がL字型に曲がっているので、液が鼓膜に流れ込みません。

耳拭きシートを使用するときは、こすらずに優しく拭くようにしましょう。

奥のほうが自力で掃除するのが難しく、猫に怪我をさせてしまう可能性もあるので、獣医師に頼むようにしてください。

目の手入れ

ロシアンブルーを思い出させるような美しい目を維持していくには、日頃から目の状態をこまめにチェックしてみましょう。

例えば、目やにが出ている場合は、濡らしたコットンを使用し、優しく拭き取ってあげてください。

緑色やねばっとした粘着性の目やにはウイルス感染症や結膜炎といった病気にかかっているサインである可能性も高いので、特にこまめに拭き取るようにしましょう。

症状が改善しなかったり、炎症が見られたりする場合は速やかに動物病院で対処してもらうことも大切です。

歯磨き

猫の歯磨きも人間と同じように、歯ブラシを使用して行いましょう。

ただし、人間用の歯ブラシを使用してしまうと口腔内を傷つけてしまう恐れがあるので、必ず犬猫用のものを使うようにしてください。

どうしても歯ブラシを口に入れることができない場合は、飲み水などに入れられる歯磨き液や「グリニーズ」のような歯磨き効果のあるおやつを活用してみるのもよいです。

なお、人間用の歯磨き粉はキシリトールが配合されており、猫が口にすると命の危険があるので絶対に使用しないでください。

 

子猫期の注意点

ネベロングは先天性疾患が現れにくい猫種だとされていますが、1984年に誕生したばかりの猫種なのでかかりやすい病気がまだ明らかになっていない可能性も高いといえます。

そのため、子猫期からこまめに定期健診を行い、異変を早期発見できるように心がけていきましょう。

また、子猫期は体が作られる時期でもあるので、栄養価の高いキャットフードを口にさせていくことも大切です。

この時期によいフードを口にさせていくと、丈夫な体が作れるため、将来的に病院へかかりにくくなることも多いのです。

シニア期の注意点

家庭で飼育されている一般的な猫の平均寿命は、15年程度であるといわれていますが、ネベロングの平均寿命はそれよりも長い15~18年だとされています。

そのため、長いシニア期をいかに快適に生き続けられるかがカギとなります。

例えば、完全室内飼いの猫は普段から刺激が不足しており、加齢によって認知症にかかるリスクも高いとされています。

ネベロングのように長生きしてくれる猫種は、こうした病気が発症する可能性も寿命が長い分高くなるので、認知症予防効果のあるEPAを積極的に摂取させたり、遊びを通して刺激を感じられるようにしていきましょう。

季節ごとの注意点


猫の体調を管理していくには、季節によって適切な対処を行っていくことも大切です。

春はノミやダニが活発になる季節であるからこそ、皮膚病を引き起こす可能性が高くなります。

例え完全室内飼いであっても、ノミやダニは飼い主さんの服や体に付着して家の中に入り、猫の体に住み着く恐れがあるので注意が必要です。

こうした事態を防ぐには、こまめに掃除機をかけたり、猫が使用しているペットハウスや毛布などを定期的に天日干ししたりするようにしましょう。

また、体にノミやダニがいる場合は、ノミ取り用のシャンプーを行って体を清潔に保ってあげる必要もあります。

成虫ならば、市販されている「スポットオンタイプ」の駆虫薬で駆除することができます。

ネベロングはダブルコートであるため、暑さに弱いので夏はエアコンなどを使用しようして快適に過ごせる環境を作ってあげましょう。

夏はエアコンの温度を下げすぎてしまう方も多いかもしれませんが、28℃前後を目安にしましょう。

ただし、近年は記録的な猛暑日が多いので、そうした日には26℃~27℃程度を心がけるとよいです。

また、体が冷えすぎないよう、包まれるサマーブランケットを近くに用意したり、エアコンのかかっていない部屋に逃げ込めるようにしたりと配慮してあげましょう。

秋になると、1日の気温差が大きくなりため、猫も体調を崩しやすくなります。

特に、子猫や老猫は免疫力が弱くなっているため、気温の変化からウイルス感染症などにかかってしまうケースも多いので注意が必要です。

中でも猫風邪といわれている「猫カリシウイルス感染症」や「猫鼻気管炎」は鼻水などが出て、においを感じられなくなるため、食欲不振に陥ってしまうことも少なくありません。

こうしたときは、「ヒルズ」から発売されている「a/d缶」のような栄養価が高くてにおいの強いフードを用意してあげましょう。食事を用

冬は寒さから飲水量が少なくなり、下部尿路系の病気が引き起こされてしまうことも少なくありません。

猫はもともと、あまり水を飲まない生き物だからこそ、冬こそ水を積極的に摂取してくれるよう、工夫していきましょう。

例えば、水道水を嫌がる子にはぬるま湯を飲ませてみるのもよいでしょう。

猫の中には水道水のにおいが気になって飲水量が減ってしまう子もいるので、温めることでにおいを取り除いてあげてください。

また、ウェットフードは水分が多く含まれているので、いつものフードにトッピングをしておいしく水分補給をさせていくのもおすすめです。

健康に過ごすためのボディチェック

長いニャン生を健康的に過ごさせてあげるには、日頃から全身をしっかりとチェックしていく必要もあります。

体全体のチェック

ボディチェックをするときは、おしっこの量にも注目してみましょう。

ネベロングに限らず、猫は下部尿路系の病気にかかる子が多いので、普段からおしっこの量や色、しているときの様子などをチェックし、異変に早く気づけるようにしていきましょう。

また、子猫期にしっかりとワクチンを接種して、パルボウイルス感染症などの病気で命を落とさないようにしていきましょう。

顔周りのチェック

顔周りをチェックするときは目や歯、口腔内に異変がみられないかを細かく確認していきましょう。

例えば、健康な猫の歯茎はピンク色ですが、歯肉炎になっている場合は赤くなり、腫れや出血がみられます。

こうした異変は発見が遅れると治療も困難になりますが、早期発見できれば、対処できる可能性も高まります。

お口の病気は年齢を重ねるごとに発症する可能性が高くなっていくので、注意していきましょう。

ロシアンブルーとは違った魅力のネベロング

ロシアンブルーとはまた違った気品を感じさせるネベロングはまだまだ謎が多い猫種ですが、愛情深い態度で飼い主さんに寄り添ってくれる優しさを持っています。

ペットショップなどではあまり見かける機会がないので、もしもおうちに迎えたい方はブリーダーさんに相談してみてくださいね。

関連記事

 
 

ABOUTこの記事をかいた人

古川諭香

キャットケアスペシャリストの資格を活かし、さまざまな猫メディアにて猫情報を分かりやすく配信中。自身も猫サイトを立ち上げ、愛猫と楽しく暮らしていくための秘訣や猫に関する知識などを分かりやすく解説。猫と一緒に暮らせる猫仕様の家も建設し、人と猫が快適に生活していくための方法も伝授している。