やむを得ない場合はどうしたらいい?猫と宿に泊まるときの注意点

猫は家に慣れる動物であり、生活環境が変わることに強いストレスを感じるため、犬のように一緒に旅行することは難しいものです。

しかし、やむを得ない事情で猫と宿泊しなければいけないときもあるかもしれません。

そこで今回は、猫と宿泊するときにすべき事前準備や宿での過ごし方を詳しくご説明いたします。

 

宿を探す前に必ずしたいこと

猫は環境の変化で強いストレスを感じる動物ですし、警戒心が強い子は特に、知らない場所へ連れて行かれると恐怖感でいっぱいになってしまいます。

ですから、一緒に止まれる宿を探す前まず、猫を連れて行かなくてもよいような対策法を極力検討してみてください。

2~3日の外泊なら家でお留守番してもらおう

2~3日の出張であれば、家でお留守番をさせるほうが猫に負担がかかりません。

その際は、自動給餌器や自動給水器をあらかじめ用意し、トイレを普段よりもプラス1~2個ほど多めに設置してから家を空けるようにしましょう。

不安な方はペットシッターさんキャットシッターさん、身内の方などにお世話をお願いするのもよいです。

ペットホテルを活用しよう

地方ではペットシッターさんが見つかりにくい場合もあります。

そんなときは、ペットホテルに預けるのもよいでしょう。ペットホテルはできるだけ家の近所で探すと、移動が少なくなるので、猫に与える負担を軽減させられます。

環境が不安な場合は預ける前に一度、飼い猫が過ごすことになる部屋を見せてもらうとよいかもしれません。

ただし、ペットホテルはワクチン接種の証明書が必要になるので、預ける予定がある場合は事前にワクチンを打っておきましょう。

 

猫と一緒に泊まれる宿を探すには?

預けられる場所や人がなく、どうしても一緒に旅行しなければいけないときは猫と一緒に泊まれる宿を探さなければなりません。

こうしたときはいくつかのチェックポイントを事前に確認しておきましょう。

猫と同じ部屋に泊まれるのか

猫と泊まれる宿の中には室内にケージが設けられており、同じ部屋で寝られるようになっているところもあります。

また、静岡県にある伊豆高原温泉のように、2階建てのキャットケージやキャットタワーが完備されたキャットフレンドリールームに愛猫を宿泊させられる宿もあるので、活発な性格の子はアクティブに動ける宿に泊まらせてあげましょう。

宿で留守番をさせておけるのか

仕事などでやむを得ず猫と一緒に旅をしなければいけないときは、勤務時間中に愛猫を宿で留守番させられるのかどうかも事前に確認しておきましょう。

留守番ができない場合には猫を連れて歩かなければいけないので、大変な思いをしてしまいます。

ペットと泊まれる宿の中には静岡県の「愛犬と泊まれる温泉旅館 修善寺 絆」のように動物関連の資格を取得している仲居さんがみえるところもあるので、不安な場合はそうした宿を選び、問い合わせてみましょう。

猫トイレはあるのか

猫と一緒に旅行をするとき、意外に問題となるのが猫トイレです。猫砂が必要となる猫トイレは持っていくことが難しいので、猫砂や猫用トイレが用意されている宿を選ぶようにしましょう。

ペット用アメニティが豊富でも、猫用トイレや猫砂が用意されていないことはあるので気を付けてください。

また、トイレ内で自分のにおいを感じられないと排泄を躊躇ってしまう子も多いため、いつも使用している猫砂を少量持っていき、使用するトイレに混ぜてあげましょう。

 

事前にしておきたい準備


旅行中、猫に負担をかけないためには、事前に飼い主さんが意識しておかなければならない持ち物があります。

必須の持ち物

・いつも食べているドライフード
・普段使用している猫砂と猫用トイレ(宿にない場合)
・普段使用している食器
・トイレ用スコップ
・ビニール袋
・キャリーバッグ
・ペットシート
・ハーネスやリード、洗濯ネット(脱走防止用)
・猫のにおいが付いた毛布やタオル
・ワクチン接種の証明書

あったらいい持ち物

・食欲不振のときにトッピングさせるウェットフード
・ウェットティッシュ
・乗り物酔い止めの薬(事前に獣医師から処方)
・バスタオル
・普段使用している爪とぎ
・普段遊んでいるおもちゃ

猫と一緒に宿泊しようと思うと、荷物の量は自然と多くなってしまうので爪とぎや猫用トイレは事前に郵送するのがおすすめです。

そして、もしも宿で猫を留守番させられない場合は持ち運び時間が長くなるので、水飲み器を取り付けられるものやペットカートを選ぶようにしましょう。

 

移動時の注意点


猫と一緒に移動するときは、公共の乗り物の中や車の中では絶対外に出さないようにしましょう。

万が一に備え、猫にはキャリーバッグの中でもリードやハーネスをつけていてもらってください。

そして、移動中は猫用トイレで排泄させてあげられないので、キャリーケースにはペットシーツを数枚敷いておきましょう。

宿についてからの注意

食事の方法

宿によっては飼い主さんと食事の時間がバラバラになることもありますし、あげる場所が指定されている場合もあります。

オプションでシェフの考案したメニューをあげられる宿なら、アレルギーを事前申告しておきましょう。

トイレの設置場所

トイレを設置するときは必ずスタッフの方に許可を取りましょう。

万一粗相してしまった場合の対処法も受付時に確認しておくと安心です。不安な場合は粗相をする前に、防水シーツを借りられるか尋ねてみるのもよいでしょう。

猫との接し方

宿では、猫との接し方にも気を配りましょう。

例えば、猫をベッドの上にあげたり、ペット用ではない露天風呂に入らせたりする行為は禁止されている場合が多いものです。

ケージやキャリーバッグの中での就寝を呼びかけている宿もあるため、注意事項をしっかりと確認しておきましょう。

マナーを守って負担の少ない旅を

ペット宿泊が可能な宿の中には犬のアメニティは充実していても、猫用は完備できていないところもあるので注意が必要です。

猫にとって知らない環境での生活は、大きなストレスとなります。

そのため、飼い主さんは少しでも負担を軽減させられるよう、事前に準備すべき物や確認事項などを理解しておきましょう。

関連記事

 
 

ABOUTこの記事をかいた人

古川諭香

キャットケアスペシャリストの資格を活かし、さまざまな猫メディアにて猫情報を分かりやすく配信中。自身も猫サイトを立ち上げ、愛猫と楽しく暮らしていくための秘訣や猫に関する知識などを分かりやすく解説。猫と一緒に暮らせる猫仕様の家も建設し、人と猫が快適に生活していくための方法も伝授している。