いろいろな食感と味が楽しめる?銀のスプーン【おいしい顔が見られるおやつ】

猫を飼っている人なら誰もが知っている有名キャットフードブランド「銀のスプーン」。

「銀のスプーン」からは数種類のおやつが出ていますが、今回取り上げるのは、その中のひとつ【おいしい顔が見られるおやつ】です。

袋を開けるとさまざまな形のおやつが飛び出して飼い主さんも楽しい気分に。

「猫が喜んで食べてくれる」と言うレビューも少なくありません。

でも、このおやつ、猫に食べさせても良いのでしょうか。中身を調べてみました。

 

【おいしい顔が見られるおやつ】はどんな形状のおやつなの?

【おいしい顔が見られるおやつ】にはドライタイプ、ソフトタイプ、ウェットタイプなどさまざまな形状がありますが、今回はその中のドライタイプを取り上げます。

ドライタイプはポリポリ状で、袋の中にはハート形、星形、波形、四角、魚形などさまざまな形のフードが入っています。

大きさは1cm弱から1.5cmぐらい。少し大きめです。

 

【おいしい顔が見られるおやつ】にはどんな原材料が使われている?

【おいしい顔が見られるおやつ】には

  • 「シーフード」
  • 「シーフードかつお節入り」
  • 「シーフード&チキン」
  • 「チキン&チーズ」

の4つの味のバリエーションがあります。それぞれの原材料を調べてみました。

肉類

4種類とも肉類には

  • ビーフミール
  • チキンエキス
  • ポークミール
  • フィッシュエキス
  • まぐろミール
  • かつおミール
  • 白身魚ミール
  • 乾燥シラス

が使われています。味の違いはこれらの肉類に加えるわずかな原材料によって作られているようです。

「シーフード」の肉類は上記の原材料のみ。

「シーフード かつお節入り」 はこれに鰹節が加えられています。

「シーフード&チキン」には味つけとしてチーズパウダーが、「チキン&チーズ」にはチーズパウダーだけでなくチーズが加えられています。

こうして見ると、肉類には大きな差がないことが分かりますね。

肉類の中ではビーフミールがもっとも多く使われていますが、商品名にビーフが登場しないのが不思議です。

穀類

穀類には小麦粉、パン粉、米粉、コーングルテンミール、麦芽粉末が使われています。

原材料表記のトップに穀類が表記されていますので、穀類メインのおやつだと分かります。

 

【おいしい顔が見られるおやつ】にはどんな添加物が使われている?

それでは、添加物に関してはどんなものが使われているのでしょうか。ここでは、栄養分以外の添加物を調べてみました。

酸化防止剤

ミックストコフェノールとハーフエキスが使われています。比較的、安心な酸化防止剤です。

着色料

4種ともに二酸化チタン、赤色102号・106号、黄色4号・5号が使われています。

猫は色に食欲を感じるわけではありませんので、着色料は不必要だと考えて良いでしょう。

その他

調味料やPH調整剤が使われています。いずれもどんな原材料なのか詳細は分かりません。

 

【おいしい顔が見られるおやつ】の成分は?

たんぱく質、脂肪など、栄養的な割合はどうなっているのでしょうか。

たんぱく質

たんぱく質の割合は、いずれも36.0%でした。これはAAFCO(米国飼料審査官協会)が定める総合栄養食の最低レベルをクリアする数値です。

脂肪

脂肪の割合も4種類同じで17.0%でした。こちらも総合栄養食の最低基準をクリアしています。

【おいしい顔が見られるおやつ】の特徴は?

【おいしい顔が見られるおやつ】にはどんな特徴があるのでしょうか。実は【おいしい顔が見られるおやつ】には上記で紹介した4種類以外にもさまざまなタイプがあるのです。

子猫用のおやつがある

通常、おやつは成猫用に限定したものがほとんどですが、【おいしい顔が見られるおやつ】の場合、離乳後から1歳までを対象としたおやつがあります。

成長期ですので、おやつの与えすぎは栄養バランスに支障が出る可能性があり注意が必要ですが、子猫とのコミュニケーションには役立つかもしれません。

健康に配慮したおやつがある

【おいしい顔が見られるおやつ】には、

  • レギュラータイプのほかに食物繊維を配合した「毛玉ケア」
  • カロリー&脂質オフの「低カロリー設計」
  • リンを制限しオリゴ糖とカリウムを配合した「腎臓の健康維持用」

など猫の健康に配慮したおやつがあります。

おやつで健康ケアができるのは嬉しいポイントです。

おやつの与え方は?

フードと違っておやつは与える量が少量です。

できれば、飼い主さんの手からそのまま与えるなどして、単に食べさせるだけでなくコミュニケーションを取るのがおすすめです。

与える量は?

体重に応じて目安が決められています。

  • 2~3kg ・・・ 約5g(約16粒)
  • 3~4kg ・・・ 約6g(約21粒)
  • 4~5kg ・・・ 約8g(約25粒)
  • 5~6kg ・・・ 約9g(約29粒)

与える時間は?

食間の空腹時に与えると良いでしょう。しつけや遊びなどに使うのもおすすめです。

多頭飼いの場合の注意点は?

多頭飼いの場合、食欲旺盛な猫だけがおやつを食べ過ぎてしまうことがあります。

上記の量を超えないよう、飼い主さんが手渡しで与え、すべての猫に均等に行き渡るようにしてください。

【おいしい顔が見られるおやつ】の保存方法は?

未開封の状態でも直射日光が当たる場所や高温多湿な場所は避け、なるべく風通しの良い場所に保管してください。

開封後は虫やほこりが入らないようにしっかり封を閉めて、早めに食べ切るようにしてください。

日本のおやつらしい工夫はあるけれど、原材料がちょっと心配

形が可愛く、健康にケアしたバリエーションなどもある【おいしい顔が見られるおやつ】。

日本のメーカーらしいおやつだと言っても良いでしょう。

ただ、原材料を調べてみると主原料が穀類だったり、着色料が多く使われていたりと、心配な点も少なくありません。

商品名と原材料があまりマッチしていないのも不思議です。

せっかく、健康に配慮したおやつもあるのですから、もう少し原材料にこだわりがあっても良さそうです。

関連記事