猫夢中のおもちゃ、レーザーポインターの使い方と注意点

猫って光を追いかけて遊ぶことが大好きですよね。

その特性を生かした、「レーザーポインター」と呼ばれる、光を出す猫用おもちゃがあります。

私たちがプレゼンテーションで使用するレーザーポインターと似たものです。

ここではは、猫用レーザーポインターの使い方と注意点について解説します。

 

猫用おもちゃのレーザーポインターには2種類ある

今回、便宜上「レーザーポインター」という言葉を使っていますが、実際に半導体レーザーを使用しているポインターは現在ではあまり販売されておらず、LEDを使った「LEDポインター」が増えています。

レーザー光とは、光を増幅させてレーザー発振器という器械を通して作られる光で、強力なものは医療用メスや工業の溶接にも使われます。

LEDは、発光ダイオードを使用した光で、ご存知のように照明器具としてよく使われます。

おもちゃの世界では、LEDを使ったポインターも「LEDレーザーポインター」と称して販売していることもあり、レーザーとLEDが混同されて使われていますので、買うときは仕様をよく見て買いましょう。

 

猫が食いつく、レーザーポインターの遊び方

猫が好むといっても、ただ漫然と光を当てているだけでは、猫は楽しく遊べません。

猫が夢中になる遊び方のコツがあります。まず、遊ぶときは部屋を少し暗くして光を見えやすくしましょう。

走って追いかけることが好きな猫に

走り回ることが好きな猫には、床の上に光を当てて、緩急をつけながら、猫に近づけたり遠ざけたりするとよいでしょう。

その時、家具や置物の物陰に見え隠れすると、猫ゴコロをくすぐります。

ジャンプ好きな猫には

壁面やカーテンに光を当ててジャンプを誘いましょう。緩急をつけて円を描くように、上下を行ったり来たりさせると効果的です。

もちろん、壁から床に光を移動させ、ジャンプ後追いかけさせるのもアリです。

猫が追いつけそうで追いつけないスピードで

あまりにも速い動きだと猫が見失ってしまいますし、ゆっくり過ぎても興味が失せてしまいます。

追いつけそうで追いつけない速度で動かしましょう。

いろいろな動きで緩急をつけて

ネズミや昆虫の動きを真似、小刻みに動かしたり、急に大きく動かしたり緩急をつけましょう。

まっすぐだけでなく、円を描くと興味を引きます。

 

レーザー光を出すポインターの注意点

本格的なレーザー光を使用したポインターの購入時と使用時の注意点です。

1.クラス1のものを使うこと

レーザー光のポインターは、規格が「クラス1」のものを選びましょう。

私たちがプレゼンテーションで使うようなレーザーポインターを猫に流用することはよくありません。クラス2のものもあって猫の目に危険です。

2.猫の目に直接当てない

クラス1であれば、100秒間直視しても目に問題はないとされていますが、これはあくまで人間での話。猫の目は人よりもずっと光に対して敏感であるため、より注意が必要です。猫の目には、絶対に直接当てないようにしましょう。

もちろん、人にも向けてはいけません。

 

LED光ポインターの注意点

LED光を使用したポインターの購入時と使用時の注意事項です。

1.ある程度光の強いものを選ぶこと

LEDはレーザーに比べると光が弱く、ぼんやり広がりがちです。ある程度光の強いものを選ぶと猫も遊びやすくなります。

2.猫の目に直接当てない

レーザー光ではないとはいえ、強い光を猫の目に直接当てるのは良いこととはいえません。

遊ぶ時の注意点

ポインターで遊ぶ際、猫の安全を守るための注意点は次の通りです。

1.広い場所で遊ぶ

猫が夢中になって追いかけるため、進路に障害物があるとぶつかって危険です。危ないものは片づけ、広い所で遊ばせてください。

2.ハアハアしだしたら休憩

ポインターを使った遊びはけっこう猫の体力を奪います。ハアハアと口で息をし始めたら休憩を挟みましょう。

3.満足させて終える

光は決して捕らえることができないため、猫によってはストレスに。最後はねずみのおもちゃなどに光を当てて、実際に捕まえたという気持ちを持たせてあげましょう。

4.光に反応しない場合は

単に興味がないだけならかまいませんが、場合によっては目が悪くなっていることが。あまりにも反応がない場合は、獣医師に相談しましょう。

まとめ

ポインターは、上手く遊んであげれば、とても良い運動とストレス解消につながります。

さまざま色や光の形のものが出ているので、猫が好むものを見つけてあげましょう。

関連記事

 
 

ABOUTこの記事をかいた人

NEKOCLIP

博物館に20年勤務していた古生物学系元学芸員。猫は絶滅してしまった化石猫から イエネコ、ライオンに至るまで全部大好き。猫飼い歴ン十年の猫おばちゃんです。 飼育のお悩みから進化学に至るまで、幅広い情報と猫の素晴らしさをわかりやすく お伝えしようと思います。理学修士、ペットシッター資格、愛玩動物飼養管理士2級。 ペット用品販売会社での勤務経験もあります。