やわらかくて食べやすい?ペットプロの【カニかまスタイル やわらか仕上げ】は猫に食べさせても良いの?

猫はかまぼこのような練り製品が大好きです。かまぼこ、ちくわ、カニかまなどを与えると喜んで食べてくれますよね。

ただ、人間用の練り物は塩分が多いことが多く、猫の健康を考えたら与えるのは良くありません。

かまぼこのような練り物を食べさせるなら、猫用を選ぶべきでしょう。そこで、今回取り上げるのが【カニかまスタイル やわらか仕上げ】。

猫のために作られたカニかまですが、猫に食べさせても良いのでしょうか。中身を調べてみました。

【カニかまスタイル】はどんな形状のおやつなの?

【カニかまスタイル】は塊のカニかまを薄く削った削り節のような形をしています。一片が比較的長めに削ってあり、手から直接与えるのにちょうどよいサイズです。

【カニかまスタイル】にはどんな原材料が使われている?

【カニかまスタイル】にはどんな原材料が使われているのでしょうか。調べてみました。

肉類

肉類としては、たらのすり身、カニ肉が使われています。

穀物

穀物は使われていないようですが、でんぷんが配合されています。でんぷんの原材料は不明です。

【カニかまスタイル】にはどんな添加物が使われている?

キャットフードやおやつにはビタミンやミネラル、タウリンのような栄養分が加えられています。

これらの栄養分も後から加えれば添加物になりますが、ここでは栄養分以外の添加物、酸化防止剤や香料、着色料ついて調べてみました。

保存料

保存料は使われていません。

着色料

着色料としては、紅麹、コチニール、アナトーが使われています。紅麹は紅麹カビを使って米を発酵させたもので古くから天然色素として使われています。

コチニールはカイガラムシから抽出した天然色素、アナトーはベニノキから抽出した天然色素です。

いずれも自然の植物や生物から作られた色素ですので比較的安全ではありますが、猫のためには本来は必要ない添加物だと言えるでしょう。

その他の添加物

その他の添加物としてはソルビトールと調味料が使われています。

ソルビトールは甘味料や保湿剤として人間の食品や化粧品などにも使われる添加物。

【カニかまスタイル】には、食感をしっとりさせるために使われているのではないかと思われます。

また、調味料にはアミノ酸が使われています。アミノ酸は味の素などにも使われている調味料です。

【カニかまスタイル】の成分は?

【カニかまスタイル】にはどんな成分で構成されているのか調べてみました。

たんぱく質

たんぱく質の割合は22.0%以上です。

これはAAFCO(米国飼料審査官協会)が策定した総合栄養食の最低基準(26%)には満たない数字ですが、おやつなので主食にしなければ問題ありません。

脂肪

脂肪は4.5%以上。こちらもAAFCOの最低基準(9%)の半分ぐらいの数値ですがおやつですので特に問題はありません。

【カニかまスタイル】の特徴は?

【カニかまスタイル】にはどんな特徴があるのでしょうか。

150gの大袋入りも。一度購入したら1ヶ月ぐらいはもつ

【カニかまスタイル】には60g入りのほかに150gのお徳用もあります。1匹だけなら1ヶ月は余裕でもつ量です。

多頭飼いの家にもおすすめのお得なパッケージと言えるでしょう。

柔らかいので幼猫や高齢猫でもOK

【カニかまスタイル】は柔らか仕上げ。ドライタイプのおやつと違って柔らかくて食べやすいのが特徴です。

幼猫や高齢の猫でもラクに食べられます。

おやつの与え方は?

【カニかまスタイル】は手から直接あげることもできますし、細かくちぎってフードの上にかけても使える便利なおやつですが、与え方にルールはあるのでしょうか。

与える量は?

1日あたりの上限が決められていますので、量を守って与えるようにしてください。

  • 幼猫 ・・・ 3g
  • 成猫 ・・・ 3~7g

与える時間は?

与える時間は特に決められていません。主食に影響がないように食間に与えるようにしましょう。

猫とコミュニケーションを取りたい時に与えても良いでしょう。

多頭飼いの場合に気をつけることは?

多頭飼いの場合、食欲旺盛な猫や力の強い猫がおやつを食べすぎてしまう可能性があります。

できれば、お皿に入れて自由に食べさせるのではなく、手から直接与えるなどして、量をコントロールした方が良いでしょう。

【カニかまスタイル】の保存方法は?

直射日光や高温多湿な場所は避けて、なるべく低温で保存してください。

【カニかまスタイル】は1袋150g入りですので、1日5gを毎日食べさせたとしても1ヶ月はもちます。

開封後は虫やほこりが入らないようしっかりと封をして、冷蔵庫で保管してください。

猫が大好きなカニかまのおやつ。量をコントロールすれば食べさせてもOK

かまぼこ類が好きな猫にとって嬉しいおやつ【カニかまスタイル】。

「愛猫のお気に入り」という口コミも少なくありません。

天然とはいえ、着色料を使っている点は少し気になりますが、国産製品で保存料を使っていない点は評価できます。

食べさせ過ぎは厳禁ですが、食欲のない猫にフードのトッピングとして使ったり、遊びに取り入れて猫の好奇心を刺激したりするのに便利なおやつなのではないでしょうか。

関連記事