犬のしつけにワサビを使うのがおすすめできない理由とは【獣医師が解説】

自然界には味付けの濃い物や刺激の強い食べ物は存在しないため、犬は刺激の強いわさびなどは好んで食べません。

そういった性質を逆手に取り、しつけのためにわさびを使うという飼い主さんもいるようです。

では、わさびは犬にとって安全なのでしょうか?また、わさびを食べてしまったらどうしたらいいのでしょうか?

わさびは犬に中毒を起こす食べ物ではありませんが、使う場合には注意が必要です。今回は、犬とわさびの関係についてお話いたします。

わさびの特徴

わさびは、キャベツやブロッコリーと同じアブラナ科の植物であり、犬も食べられる食材です。

わさびに抗菌作用のある成分が含まれることから、刺身やお寿司などの生ものと一緒に食べるようになったと言われています。

わさびの独特な辛みは、「アリルイソチオシアネート」という成分由来の味になります。

わさびには抗菌作用だけでなく、血栓予防効果や抗がん作用などがあるとも言われていますが、犬への効果は不明です。

ドライフードは生ものではないため、菌は繁殖しにくいため、ドッグフードにワサビを混ぜるメリットはあまり高くないと考えられます。

わさびはしつけにも使える?

わさびの独特の辛みは、非常に刺激が強いため犬が苦手な味です。

刺激の強い味は犬に毒物や傷んだ食材を連想させるため、犬は好んで食べません。

そのため、ワサビを塗ったものは噛んだり食べたりしない犬が多く、甘噛みやいたずらの防止のために家具などに塗ったり、食糞の防止のために便に塗ったりして利用されることがあります。

ただし、ワサビに慣れて、噛んだり食べたりしてしまう犬も多く、そのしつけ効果は微妙なところがあります。

また、ワサビを食べて体調を崩してしまう犬も時々います。甘噛み防止や食糞防止には、行動学的療法や欲求不満の解消など根本的なしつけをしていくことが必要となります。

なぜわさびは食べさせてはいけないのか?

では、ワサビを食べさせることはなぜすすめられないのか、その理由も見ていきましょう。

刺激が強い

ワサビは中毒を起こすことはありませんが、刺激が強いため食べた後に嘔吐や食欲不振を引き起こすことがあります。

犬に危険な成分というほどではありませんが、食べさせるとトラブルを起こす危険性があるので食べさせない方がいいでしょう。

しつけのために使う場合には、「ビターアップル」というリンゴの苦み成分のスプレーがおすすめです。

ビターアップルは犬に安全であり、効果もある程度実証されていますので、甘噛み・いたずら・食糞防止のために安心して使うことができます。

甲状腺に影響する可能性

ワサビなどのアブラナ科の植物に含まれる「ゴイトロゲン」(グルコシノレート)は、消化管からのヨウ素の吸収を妨げる作用があると言われています。

ヨウ素は甲状腺ホルモンをつくるために重要な栄養成分であり、ヨウ素が足りなくなると甲状腺ホルモンが不足する甲状腺機能低下症に陥る可能性があります。

よほど大量に食べないと甲状腺機能低下症になることはないと考えられますが、高齢の犬には甲状腺機能低下症は非常に多い病気ですので、念のため控えておいた方がいいでしょう。

間違えて食べてしまったら?

わさびは中毒を起こす物質ではないため、間違えて食べてしまっても慌てず様子を見てもらってもいいでしょう。

ただし、チューブの半分などかなり大量に食べてしまった場合には、吐いてしまったり、よだれなどが大量に出てくる可能性があります。

何か変わったことがあれば早めに動物病院に相談し、必要があれば受診するようにしましょう。

まとめ

わさびは栄養を取るためのものではなく、味付けや嗜好品の一種であり、犬に必要なものではありません。

また、刺激が強く嘔吐や食欲不振の原因にもなりますので、犬にはあまり食べさせない方がいい食材です。

わさびはしつけのために使われることもありますが、わさびよりも行動療法によるしつけやストレス発散などによって対処していくことがおすすめです。

食糞防止などに即効性を求める場合には、ビターアップルなどの安全性の高いものを選ぶようにしてくださいね!

関連記事

 
 

ABOUTこの記事をかいた人

後藤大介

岐阜大学農学部・獣医学科(現応用生物科学部・共同獣医学科 ) 卒業。大阪・北海道の動物病院に勤務し、2018年、岐阜市にアイビーペットクリニックを開業。生まれ育った地元で、ペットと家族の幸せのためのお手伝いをしたいと考えています。病気の治療だけでなく、ペットの健康のための情報発信や、地域の飼い主さん同士が交流できるような動物病院を目指しています。