レンコンは犬の健康にもいい?食べさせ方の注意点やそのメリットとは【獣医師が解説】

レンコンは健康に良いというイメージの強い野菜であり、「愛犬にも食べさせてみたらいいかも?」と思っている飼い主さんも多いと思います。

しかし、何も考えずに与えてしまうと消化不良など体調不良の原因となってしまうこともあります。

そこで今回は「レンコンを犬に食べさせること」についてお話いたします。

調理法や量、注意点などを理解したうえで、愛犬にレンコンを与えるようにしてくださいね!

 

レンコンの食材としての特徴

レンコンの特徴はその食物繊維の多さにあります。レンコンは食物繊維とデンプンを多く含む、炭水化物がメインとなった野菜です。

レンコンにはその他、ビタミンやミネラルも豊富に入っているため、健康に良いとされています。

人では胃腸と肌の調子を整えてくれる食材としても有名であり、健康志向の人に人気の食材です。

レンコンのメリット

レンコンが持つ犬へのメリットは以下の通りです。

便通によい

レンコンには食物繊維が豊富に含まれており腸の蠕動運動を高めてくれるため、レンコンを食べることで便通が良くなるケースが多いです。

食物繊維は腸内細菌のバランスを整えてくれることも多いため、下痢や便秘など胃腸の調子が不安定な犬にはメリットの大きな食材です。

免疫力アップ

レンコンには、タンニンやレクチン、ビタミンCなど免疫力を増強してくれる成分が多く含まれています。

免疫力の低下する高齢犬や、がんなどの持病を持っている犬には食べさせてあげたい食材の一つですね。

ミネラルが取れる

レンコンには、カリウムや鉄、銅、亜鉛などのミネラルが豊富に含まれています。

食欲不振や変色などによってミネラルが足りない犬のミネラル補給としても有用な食材だと考えられます。

レンコンのデメリット

一方、レンコンは犬にとってのデメリットもいくつかあります。

消化に良くない

レンコンの食物繊維は消化にはあまりよくありません。

もともと肉食寄りの雑食である犬は、植物由来の食材を消化するための長い腸管を持っていません。

そのため、たとえ加熱をしていてもレンコンを食べることで消化不良を起こしてしまうことがあります。

アレルギーの可能性

犬には食物アレルギーが多いです。

アレルギーで下痢・嘔吐だけではなく、皮膚炎などが出てしまうこともあります。

レンコンにもアレルギーの可能性があり、食べて皮膚やお腹の調子を崩す可能性もあるので注意が必要です。

 

レンコンを与える時の注意

次に、レンコンを与えるときにどのような点に注意したらいいのかをみておきましょう。

与える量

レンコンは薬や中毒物質ではないため、どれくらい与えたらいいのかやどれ以上食べてはいけないということはありません。

ただし、消化不良やアレルギーの可能性もあるので、与える際にはまずは小指の先程度の小さなかけらを当てるようにしてください。

また、大きな塊を与えると食道に詰まってしまうこともあるため、小さく切ったものを与えることも大切です。

与えて下痢や皮膚にかゆみなどの問題が起こらなくても、あまり大量に与えると栄養バランスを崩してしまう可能性があります。

小型犬であれば薄いスライス1枚、大型犬でも3~5枚まで位にしておいた方が居合でしょう。

レンコンの調理方法

レンコンを与える場合、消化不良を起こさないためには火を通したものを与えることが大切です。

生のレンコンはビタミンが豊富に含まれますが、犬の消化には良くないため、犬にレンコンを生で与たいのであれば必ずすりおろして与えるようにしてください。

また、レンコンをフライパンで軽く炒めたレンコンチップスも、犬は喜んで食べてくれます。

市販のレンコンチップスは塩分が多いものもありますので、レンコンチップスを与えたい場合には、家で味を付けずに作ってみて下さいね。

レンコンパウダーを与えるときの注意点

レンコンの粉末であるレンコンパウダーは、少量であれば犬に与えて問題ないと考えられています。

手軽に犬に与えることのできるレンコンとして、レンコンパウダーはおすすめです。

最初は少量のパウダーをフードにかけるなどして犬に与え、便や皮膚の状態など体調をしっかり見ながら少しずつ量を増やしてあげてください。

食べさせた後の確認

レンコンを食べさせた後には必ず以下のような点を確認してください。

下痢・嘔吐の有無

レンコンを食べた後に下痢や嘔吐などが起こる場合には、消化不良かアレルギーが出てしまっている可能性があります。

少量から始めても下痢や嘔吐が出てしまう場合には、アレルギーがある可能性があるので、レンコンは与えない方がいいでしょう。

皮膚の痒みや赤み

犬の食物アレルギーは皮膚に出ることが多いです。

食べてすぐに出ることもあれば数日後に出始めることもありますので、必ず食べて1週間くらいの間は、皮膚の痒みや赤み、湿疹などが出てきていないかなどはしっかり確認しておく必要があります。

もしこういった症状が出てしまう場合には、レンコンに対するアレルギーの可能性が高いため、レンコンは与えないようにしてください。

 

犬にレンコンをわざわざ食べさせる必要はない

最近のドッグフードは、一部の安価なものを除いて品質は良くなっており、「総合栄養食」と書いてあるフードには犬に必要な栄養素がすべて含まれています。

レンコンを食べさせなければ健康に悪いというわけではありませんので、わざわざレンコンを食べさせる必要はありません。

 

まとめ

レンコンは食物繊維が豊富で免疫力を高めてくれるような栄養成分が豊富に含まれています。

ただし、消化不良を起こす可能性も高く、上に書いたような注意点をしっかり守って与える必要があります。

特に今体調に気になることがない場合には、わざわざ与える必要はありませんが、便秘や下痢などの胃腸の不調がある場合には、一度レンコンを試してみてもいいかもしれませんね。

関連記事

 
 

ABOUTこの記事をかいた人

後藤大介

岐阜大学農学部・獣医学科(現応用生物科学部・共同獣医学科 ) 卒業。大阪・北海道の動物病院に勤務し、2018年、岐阜市にアイビーペットクリニックを開業。生まれ育った地元で、ペットと家族の幸せのためのお手伝いをしたいと考えています。病気の治療だけでなく、ペットの健康のための情報発信や、地域の飼い主さん同士が交流できるような動物病院を目指しています。