ウィムズィーズ ハブラシのあげ方や注意点を解説

犬は人間と異なり、口腔内がアルカリ性に保たれているため、虫歯ができにくいといわれています。

だからといって、歯みがきをしなくてもいいとはいえません。なぜなら、食べかすが歯垢となり、やがて歯石となって、最終的には歯周病にまで発展するためです。

歯周病を放置すると、体の健康も蝕まれる可能性もあります。だからこそ、犬にも歯みがきは大切なのです。

そこで今回紹介するのが犬用の歯みがきガムのウィムズィーズ ハブラシ XSです。

どのような歯みがきガムなのか、見ていきましょう。

 

おやつ形状

ウィムズィーズ ハブラシ XSは犬の歯の健康をサポートする役割のある歯みがきガムです。

形状はとてもユニークで、人間の歯ブラシのような形をしています。

そのため、愛犬の奥歯で噛ませる際も飼い主が持ち続けられる持ちやすさがあります。

 

おやつに入ってる成分

ウィムズィーズ ハブラシ XSの主原料はじゃがいもでんぷんです。その他には、セルロースやイースト、麦芽エキス、ルピナス(豆)、グリセリン、レシチンなどが使用されています。

グリセリン

グリセリンは嗜好性や食感の維持の目的で使用されています。グリセリンには植物由来と石油由来のものがあります。

後者の石油由来は、安価であることから犬のおやつの原材料に使用されていることもありますが、犬の健康を害する恐れがあるといわれています。

ウィムズィーズ ハブラシ XSでは植物性の厳選素材を使用していることが公式サイトに明記されている点から、植物由来のグリセリンが使用されているといえます。

レシチン

レシチンは乳化成分で、食品中の油分と水分を混ざりやすくする働きがあります。

また、皮膚や粘膜などの健康にも関わりがある成分として知られており、犬の健康にとっても重要な栄養成分であることが分かります。

100g中に含まれている栄養の割合

ウィムズィーズ ハブラシ XSの100g中に含まれている栄養の割合は、以下の通りです。

  • エネルギー 26kcal/1本あたり
  • 粗タンパク質 1.1%以上
  • 粗脂肪 2%以上4.3%以下
  • 粗繊維(※1) 13.7%以下
  • 粗灰分(※2) 2.4%以下
  • 水分 12%以下

※1.租繊維とは、体内で消化されることなく、便として排泄される食物繊維のを示しています。

※2.租灰分とは、カルシウムやナトリウム、リンなどのミネラルのことを示しています。

 

おやつに入ってる添加物

ウィムズィーズ ハブラシ XSに使用されている添加物はありません。着色料には自然素材のパプリカやクロロフィルが使用されています。

ウィムズィーズ ハブラシ XSには3種類あり、1つは原材料そのままの色のプレーン、パプリカの色素でオレンジ色に着色したパプリカ、クロロフィルの色素で緑に着色したクロロフィルです。

クロロフィル

クロロフィルとは、葉緑素を示しています。植物の葉が緑なのは、このクロロフィルを多く含んでいるからなのです。

クロロフィルは、米国で着色料として認可を受けています。

 

ウィムズィーズ ハブラシ XSの特徴

ウィムズィーズ ハブラシ XSの特徴として、3つ挙げられます。

特徴①ユニークな形と適度な硬さ

ウィムズィーズ ハブラシ XSの特徴として、歯ブラシのようなユニークな形が非常に印象的です。

また、犬の歯みがきを目的に作られているため、犬が長く噛み続けられる硬さになっています。

特徴②自然由来の原材料

ウィムズィーズ ハブラシ XSは、人工着色料や香料、合成保存料を使用しておらず、正真正銘の自然由来の原材料だけで作られている歯みがきガムです。

さらに、小麦やトウモロコシなどのアレルギーの原因となる食品を使用せず、食物アレルギーにも配慮しています。

特徴③英国BRC7の最高評価を取得した製造施設で製造

ウィムズィーズ ハブラシ XSは英国の食品安全規格「BRC7」で最高評価であるAAを取得した製造工場と製造器材で作られています。

認証取得のための審査も厳しく、英国だけでなく欧米でも高い評価を受けています。

ウィムズィーズ ハブラシ XSおやつのあげかた

ウィムズィーズ ハブラシ XSを与える際は、愛犬の体調や年齢、体重などを考慮して、給与量を目安に与えるようにしましょう。

給与量の目安は体重2~7㎏に対して15gです。

ウィムズィーズ ハブラシ XSは超小型犬、小型犬用のサイズのため、体重が7㎏~12㎏までの犬はSサイズを与えるようにしましょう。

体重が12㎏以上の中型犬や大型犬の場合、ウィムズィーズのアリゲーターやハリネズミのタイプを検討しましょう。

ウィムズィーズ ハブラシ XSを与えるタイミングとしては、食後に与えるのがベストでしょう。

また、就寝前の歯のケアに与えるのも良いでしょう。

保存方法

ウィムズィーズ ハブラシ XSの保存方法は、直射日光や高温多湿を避けた場所で保存しましょう。

また、開封後は賞味期限に関わらずに早めに愛犬に与えきるようにしましょう。

注意点

ウィムズィーズ ハブラシ XSを与える際の注意点は、以下の2点です。

注意点①愛犬に合ったサイズを選ぶ

おやつのあげかたでもご紹介した通り、ウィムズィーズ ハブラシ XSは体重が2㎏~7㎏までの超小型犬や小型犬向けの歯みがきガムです。

愛犬の口の大きさよりも大きいものを選ぶことで、歯や歯ぐき、顎などに負担となる場合があるので注意しましょう。

また、生後9カ月以上の犬に与えるようにしましょう。

注意点②飼い主監視の下で与える

ウィムズィーズ ハブラシ XSは飼い主監視の下で与えるようにしましょう。

ウィムズィーズ ハブラシ XSは長く噛み続けることで歯垢や歯石の減少、口臭予防をサポートします。

ただ噛ませるだけに与えるのではなく、全体的に均等に噛ませるように飼い主さんが持ち手を持ちながら与えると良いでしょう。

また、丸飲みする癖のある犬にも注意しましょう。

まとめ

ウィムズィーズ ハブラシ XSは自然素材で作られた安心安全の歯みがきガムといえます。

気になる方は、歯みがきが苦手な犬や歯みがきにプラスしたデンタルケアとして、試しに愛犬に与えてみてはいかがでしょうか。

上記の注意点を参考に安全な与え方をして、愛犬の口腔内の健康を守っていきましょう。

関連記事