ソジョーズ ドッグフード グッドドッグトリーツ チキンポットパイ味のあげ方や注意点を解説

愛犬のしつけや愛犬とのコミュニケーションを取る際、犬のおやつは欠かせないものの1つです。

とはいえ、犬のおやつには様々な種類があり、どれを選ぶか悩むところです。

犬のおやつの一部には、犬の健康を害する恐れのある成分や添加物が使用されている場合もあります。

愛犬の健康を考えると、やはり無添加で自然素材だけを使ったおやつをあげたいものです。

そこで今回ご紹介する犬のおやつは、ソジョーズ ドッグフード グッドドッグトリーツ チキンポットパイ味(以下、グッドドッグトリーツ)です。

どのようなおやつなのか、グッドドッグトリーツの形状や成分、特徴、与え方などを解説します。

おやつ形状

グッドドッグトリーツの形状は、かわいらしい骨型をモチーフに型取られており、長さは3㎝ほどのビスケットです。

オーブンでカリカリに焼き上げられているため、食感もよく、指で割るとパキッと音がします。

おやつに入ってる成分

グッドドッグトリーツに使用されている原材料は、すべて自然素材の食品が使用されています。

主原料にはオート麦粉が使われており、それ以外にはロールドオーツやチキン煮汁、じゃがいも、にんじん、セロリ、キャノーラ油、全卵が原材料として使われています。

オート麦粉

オート麦粉の原料であるオート麦(オーツ麦、燕麦とも呼ばれる)はオートミールにも使われています。

小麦粉と比べ、アレルギー症状を引き起こす可能性があるグルテンを含みません。

そのため、アレルギーの心配がないと考えられています。

オート麦にはビタミンBやミネラルなど栄養価が高い食品として知られています。

ロールドオーツ

ロールドオーツはオート麦のもみ殻を除き、加熱処理して乾燥したものを指します。

ミネラルや食物繊維が豊富に含まれており、加熱処理されているため、吸収しやすい食品といえるでしょう。

100g中に含まれている栄養の割合

グッドドッグトリーツの100g中に含まれている栄養の割合は、以下の通りです。

穀物が主原料のため、エネルギーは高めになっていることが分かります。

  • エネルギー 363kcal/100g
  • 粗タンパク質 10.3%以上
  • 粗脂肪 7.6%以上
  • 粗繊維(※1) 4.9%以下
  • 粗灰分(※2) 4.0%以下
  • 水分 10.0%以下

※1.租繊維とは、体内で消化されることなく、便として排泄される食物繊維のを示しています。

※2.租灰分とは、カルシウムやナトリウム、リンなどのミネラルのことを示しています。

おやつに入ってる添加物

グッドドッグトリーツはナチュラル素材100%の犬のおやつであるため、無添加で無着色、保存料も一切使用されていません。

食品そのものの味が楽しめるおやつになっています。原産国はアメリカで、30年以上愛されてきたおやつです。

グッドドッグトリーツの特徴

グッドドッグトリーツの特徴として、以下の3つが挙げられます。

特徴①安心安全の自然素材100%

グッドドッグトリーツの特徴は、やはり安心安全の自然素材を100%使用している点です。

近年、人間の食品においても無添加の食品が選ばれる傾向にあります。

人間よりも小さな体の犬はなおさら、人間以上に与える食べものの安全性を考える必要があるといえるでしょう。

その点、グッドドッグトリーツは無添加のおやつであるため、安心して愛犬に与えることができます。

特徴②カリカリの食感

グッドドッグトリーツの2つ目の特徴として、カリカリの食感である点が挙げられます。

犬はカリカリの食感が大好きで、一般的なドッグフードでも犬の興味を引くためにも、カリカリの食感に仕上げているものもあるほどです。

また、飼い主さんとしても愛犬がカリカリと美味しそうに聞こえる音を聞いているだけでも幸せな気分に浸れるのではないでしょうか。

特徴③1箱に300個の大容量

グッドドッグトリーツの3つ目の特徴は、1箱に300個も入っている大容量である点です。

犬友にお散歩のときにあげるなどおやつの消費が高かったり、多頭飼いのお宅や犬友へのプレゼントにもおすすめです。

そんなに食べきれないという場合は、小さい容量のものもあるので、そちらを購入されると良いでしょう。

おやつのあげかた

グッドドッグトリーツを与える際は、パッケージに記載されている給与量を目安に、愛犬の健康状態や年齢、体重などに考慮して与えましょう。

グッドドッグトリーツの給与量の目安は、以下の通りです。

  • 成犬2㎏ 8個
  • 成犬4㎏ 12個
  • 成犬6㎏ 16個

グッドドッグトリーツは、1日に数回に分けて与えましょう。

また、グッドドッグトリーツを与えた場合は、ドッグフードの量も調整して与えるようにしましょう。

グッドドッグトリーツを与えるタイミングとしては、しつけやトレーニングのご褒美、愛犬とのコミュニケーションをとるなどに与えると良いでしょう。

保存方法

グッドドッグトリーツの保存方法は、直射日光や高温多湿を避けた場所で保存するようにしましょう。

とくに、開封後は湿気の少ない冷暗所で保管し、賞味期限に関わらず早めに与えきるようにしましょう。

注意点

グッドドッグトリーツを与える際の注意点は、以下の2つが挙げられます。

注意点①成犬未満・歯の弱い犬には与えない

グッドドッグトリーツはカリカリした食感が特徴の犬用ビスケットです。

そのため、消化器官が未成熟な成犬未満の犬や歯の弱い犬には与えないようにしましょう。

歯の弱い犬にどうしても与えたい場合は、小さく割ったり潰して食べやすい形にしてから与えると良いでしょう。

注意点②飼い主の監視下で与える

グッドドッグトリーツを愛犬に与える場合は、必ず飼い主の目の届く場所で与えるようにしましょう。

犬によっては習慣やクセでよく噛まずに飲み込もうとしたり、丸飲みしようとする犬もいます。

その場合、喉に詰まらせてしまう恐れもあるので、愛犬にグッドドッグトリーツを与える際は、しっかり噛んで飲み込んだかを確認するようにしましょう。

まとめ

グッドドッグトリーツは自然素材100%のおやつであるため、基本的には安心安全のおやつといえるでしょう。

ただ、主原料に穀物が使用されているので、穀物の消化が苦手な犬や元々お腹が弱い犬にはおすすめできません。

グッドドッグトリーツを与える際は、愛犬の様子を観察しながら与えるようにしましょう。

関連記事