アイリスオーヤマ まるごとささみジャーキーのあげ方や注意点を解説

お肉の素材の味を活かしたジャーキーは、犬のおやつとしてとても人気です。

お口が小さい小型犬から大型犬まで形も大きさも様々なバリエーションが揃っています。

今回は、アイリスオーヤマ まるごとささみジャーキー(以下、まるごとささみジャーキー)についてご紹介します。

どのような形状で、どのような成分が含まれているのか、添加物は使用されているのかなどについて説明します。

おやつ形状

まるごとささみジャーキーは、様々な生活雑貨の販売店としても知られているアイリスオーヤマで販売されている犬のおやつです。

まるごとささみジャーキーの形状は商品名にある通り、鶏ささみがまるごと加工されています。

大きさは全部で5種類あります。

  • 細切り(シニア犬や小型犬が食べやすい大きさ)
  • やわらか(噛み切りやすいやわらかタイプ)
  • やわらかミニ(小型犬の一口サイズのやわらかタイプ)
  • セミハード(やや噛み応えがある硬さ)
  • ハード(噛み応えがある硬さ)

おやつに入ってる成分

まるごとささみジャーキーの主原料は鶏ささみです。

その他にはでん粉や食塩、グリセリン、プロピレングリコールが使用されています。

グリセリン

グリセリンは犬のおやつの原材料としてよく使用されている成分の1つです。

グリセリンは大きく2種類に分けられ、1つは植物由来のもので、もう1つは石油由来のものがあります。

石油由来のグリセリンは、植物由来のグリセリンよりも価格が安い点から、犬のおやつに使用される場合もあるようです。

石油由来のグリセリンは少なからず、犬の健康に害を及ぼす可能性があるものとして知られています。

プロピレングリコール

プロピレングリコールは食品中の水分を保持する用途で使用されることが多い成分です。

過剰摂取した場合、体調不良やアレルギー症状など犬の健康に害を及ぼす可能性もあると言われています。

100g中の栄養の割合

100g中に含まれている栄養の割合は、以下の通りです。

タンパク質が45.0%と高いことからも、高タンパク質、低脂肪の鶏ささみが主原料であることに納得できます。

  • エネルギー 261kcal/100g
  • 粗タンパク質 45.0%以上
  • 粗脂肪 1.0%以上
  • 粗繊維(※1) 1.0%以下
  • 粗灰分(※2) 5.0%以下
  • 水分 30.0%以下

※1.租繊維とは、体内で消化されることなく、便として排泄される食物繊維のを示しています。

※2.租灰分とは、カルシウムやナトリウム、リンなどのミネラルのことを示しています。

おやつに入ってる添加物

まるごとささみジャーキーに使用されている添加物は、以下の3つです。

保存料

保存料として、ソルビン酸K(カリウム)が使用されています。

ソルビン酸Kは防腐剤として使用されており、人間用の食品でもチーズやワイン、ジャムなど様々な加工食品に使用されています。

酸化防止剤

酸化防止剤にはビタミンCが使用されています。ビタミンCはビタミン類で、犬の健康維持にも大切な栄養成分の1つです。

発色剤

発色剤には亜鉛酸Na(ナトリウム)の記載があります。発色剤は、食品の色をより鮮やかに見せるために使用されています。

たとえば、ベーコンヤハムなどの肉加工品にも使用されています。

まるごとささみジャーキーの特徴

まるごとささみジャーキーの特徴は、以下の3点です。

特徴①無着色で低脂肪

まるごとささみジャーキーは無着色で低脂肪にこだわって作られた犬のおやつです。

とくに、低脂肪のため、愛犬の太りすぎが気になる飼い主さんにおすすめでしょう。

特徴②形や大きさにバリエーションがある

愛犬の年齢や口の大きさ、硬さで選べるバリエーションが豊富にあることは、飼い主さんにとって選びやすいおやつといえるでしょう。

大型犬であれば、愛犬の成長と共に慣れ親しんだおやつを与え続けることも可能です。

特徴③農林水産省認定の工場で製造

農林水産省から認定を受けた工場で製造されているという点は、製造時の衛生管理などの安心安全という面では信頼できるでしょう。

ただ、気になる点は原産国が中国となっているため、国産のおやつではないという点です。

おやつのあげかた

まるごとささみジャーキーを与える際は、愛犬の年齢や体重、健康状態などを考慮した上で1日に2~3回に分けて与えるようにしましょう。

また、パッケージにある1日の給与量を目安に与えると良いでしょう。

  • 幼犬 1/4枚 以内
  • 超小型犬(5kg以下) 1/2枚 以内
  • 小型犬(5~10kg) 1枚 以内
  • 中型犬(10~20kg) 2枚 以内
  • 大型犬(20~40kg) 4枚 以内

幼犬や口の小さい小型犬などには、ちぎって与えることをおすすめします。

まるごとささみジャーキーを与えるタイミングとしては、愛犬とのコミュニケーションを取るときが良いでしょう。

また、愛犬の大好物である場合は、しつけの中でも難易度が高いしつけのご褒美に与えると、愛犬もやる気をみせてくれるでしょう。

保存方法

まるごとささみジャーキーの保存方法は、開封前は直射日光や高温多湿となる場所を避けて保管しましょう。

開封後は封をしっかりと閉じて冷蔵庫保管し、なるべく早く与えきるようにしましょう。

注意点

まるごとささみジャーキーを与える際の注意点は、以下の2点です。

  • 飼い主の監視下で与える
  • 口の小さい犬には小さく切って与える

まるごとささみジャーキーを与える際は、飼い主のいる場所で与えるようにしましょう。

犬によっては習慣やクセで丸飲みしてしまう犬もいるので、小さく切って与えたり、工夫をして与えることをおすすめします。

また、小さなお子さんがまるごとささみジャーキーを与える場合には、必ず大人がそばにいる環境下で愛犬のお口の大きさに合うようにカットして与えましょう。

まとめ

まるごとささみジャーキーは無着色で低脂肪ではありますが、上記でご紹介した成分や添加物、原産国が中国という点が気になります。

そのため、無添加にこだわりがある飼い主さんにはおすすめのおやつとはいえないでしょう。

添加物は犬だけでなく、人間でも摂取量によっては健康に害が及ぶ可能性があるものがあります。

なるべくなら、無添加のおやつを愛犬に与えることをおすすめします。

関連記事