【フジサワ まぐろカマスライス】は猫に食べさせても良いの?

まぐろ・・・といったら猫が大好きな食べ物のひとつ。

普段はキャットフードをあげているけれど、誕生日など特別な日にはまぐろのお刺身をあげているなんて飼い主さんもいるようですね。

今回は、そんなまぐろ大好きな猫のために【フジサワ まぐろカマスライス】について調べてみました。

埼玉の藤沢商事というメーカーが製造していますが、この会社の主たる商品は花かつおやちりめんなど人間用の乾物。

最近ではおからがダイエットに良いとTVで放送されてフジサワの「おからのドライフード」が品薄になりました。

人間の食品メーカーがつくった猫のおやつですが、果たして中身はどうなのでしょう。猫に食べさせても良いのでしょうか。

【フジサワ まぐろカマスライス】はどんな形状のおやつなの?

見た目は赤く、まぐろの削り節のようなおやつです。比較的ソフトな食感も特徴です。

【フジサワ まぐろカマスライス】にはどんな原材料が使われている?

【フジサワ まぐろカマスライス】にはどんな原材料が使われているのでしょうか。調べてみました。

肉類

「まぐろカマ」という名前が付いているのでまぐろがメインなのかと思いきや、実は「カマ」とはかまぼこのことで、ほかの魚肉がメインになっていました。

肉類としては、かまぼこの原材料として魚肉、そして「きはだまぐろ」が使われていますが、「きはだまぐろ」の割合はかなり少なそうです。

穀物

穀物の一種として小麦粉でんぷん、コーンでんぷんが使われています。原材料割合としては、「きはだまぐろ」より多く使われています。

【フジサワ まぐろカマスライス】にはどんな添加物が使われている?

キャットフードにはさまざまな添加物が使われています。

栄養を整えるために後から加えられるビタミンやミネラルも厳密には添加物にあたりますが、ここでは栄養素以外の添加物について調べてみました。

保湿剤

【フジサワ まぐろカマスライス】に使われているソルビトールは人間の食べる練り製品にも保湿剤として必ずといっていいほど使われる添加物です。

【まぐろカマスライス】の軟らかいしっとりした食感はソルビトールによるものだと思われます。

体への影響が少ない添加物のひとつではありますが、体の小さな猫への影響は不明です。できる限り排除した方が良いでしょう。

着色料

着色料としてコチニール、カラメルが使われています。

コチニールはカイガラムシという虫から採取した天然色素で食品に赤い色をつけるのに使われています。

このおやつの赤い色はまぐろの色ではなく、この着色料によるものだと思われます。

同じくカラメル色素も使われています。

カラメル色素というと砂糖から作るプリンのカラメルを思い出す人も多いと思いますが、実はカラメルにはⅠ、Ⅱ、Ⅲ、Ⅳの4種類があります。

4種類のうち製造の際にアンモニア化合物を使用しているⅢとⅣには4-メチルイミダゾールが含まれています。

4-メチルイミダゾールが含まれるカラメルには毒性があるとも言われ、本来は避けた方が良いのですが、日本ではどのタイプのカラメル色素を使用しているのかまで表記する必要がないため、消費者にはわかりません。

本来、猫に必要のない添加物ですし、できれば与えたくない添加物です。

【フジサワ まぐろカマスライス】の成分は?

【フジサワ まぐろカマスライス】にはどんな成分で構成されているのか調べてみました。

たんぱく質

たんぱく質の割合は18%以上です。これはAAFCO(米国飼料審査官協会)の定める総合栄養食の最低たんぱく割合26%を下回る数値ですが、おやつですので主食にしなければ問題ありません。

脂肪

脂肪割合は4%以上です。これもAAFCOの定める総合栄養食の基準と比較すると半分以下の数値ですが、おやつなので問題ありません。

【フジサワ まぐろカマスライス】の特徴は?

【フジサワ まぐろカマスライス】は150gで700円前後の値段です。たっぷり入ってこの値段は魅力のひとつといえるでしょう。

おやつの与え方は?

【フジサワ まぐろカマスライス】は軟らかくできているとはいえ、ちょっと大きめです。

猫によっては喉に詰まらせたり、食べづらかったりすることもあると思いますので、子猫やシニアの猫に与える場合は小さくちぎって与えると良いでしょう。

与える量は?

幼猫の場合は3g、成猫の場合は3~5gを目安に与えてください。

与える時間は?

【フジサワ まぐろカマスライス】の保存方法は?

1袋150gの【まぐろカマスライス】は、成猫1匹の場合、毎日与えても1ケ月はもつサイズです。

開封したらしっかり封を閉め、冷蔵庫に入れて保管してください。開封前も直射日光が当たる場所や高温多湿な場所は避けるようにしてください。

主原料はまぐろではなく、添加物も多め。与える量はコントロールした方が良さそう

食いつきが良いというレビューも多い【フジサワ まぐろカマスライス】。

まぐろの素材を活かしたシンプルなおやつに見えますが、実際にはまぐろの使用料は少なく、魚肉や穀類の方が多いことがわかりました。

また、着色料や保湿剤など添加物が多いのもちょっと気になります。

赤っぽい色は人間にとっては食欲を増進させる色ですが、猫にとってはあまり役には立ちません。

猫が好きなら仕方ありませんが、与える量はコントロールした方が良いでしょう。

関連記事