【キャティーマン 猫ちゃんホワイデント ストロング】は猫に食べさせても良いの?

歯みがきおやつはいろいろありますが、【キャティーマン 猫ちゃんホワイデント ストロング】はまず、パッケージのインパクトに目が奪われます。

ドヤ顔の猫がスティック状のおやつに噛みついている写真は、普通のキャットフードやおやつと明らかに異なる印象。

「手からあげるふれあい歯磨き」というキャッチフレーズとの違和感に思わずクスッと笑ってしまいます。

「噛むチカラが強い子用」とのことで、インパクト抜群のデンタルおやつですが、そもそも猫に与えても大丈夫でしょうか。

原材料などを調べてみました。

【キャティーマン 猫ちゃんホワイデント ストロング】はどんな形状のおやつなの?

猫が噛みつけるよう細いスティック状になっています。薄いシート状の牛皮をくるっと巻いてあり、隙間があって歯がひっかかりやすい形状になっています。

【キャティーマン 猫ちゃんホワイデント ストロング】にはどんな原材料が使われている?

【キャティーマン 猫ちゃんホワイトデント ストロング】には「ツナ味」と「チキン味」がありますが、それぞれにどんな原材料が使われているのか調べてみました。

肉類

「ツナ味」も「チキン味」も牛皮、ターキーのすじ肉が使われています。歯みがきを意識したおやつですので、栄養よりは噛み応えを意識して原材料を選択しているようです。

穀物

米粉が使われています。穀類由来かどうかは分かりませんがでんぷん粉も使われています。

【キャティーマン 猫ちゃんホワイデント ストロング】にはどんな添加物が使われている?

キャットフードや猫のおやつには不足している栄養を補うための添加物と、加工品の製造、成形、保存のために加えられる添加物の両方があります。

ここでは、加工品製造のために使われている添加物をチェックしてみました。

酸化防止剤

亜硫酸塩、エリソルビン酸ナトリウムが使われています。

亜硫酸塩はワインの酸化防止剤として使われることで知られていますが、ほかにもドライフルーツや缶詰などに幅広く使われています。

エリソルビン酸ナトリウムもハム、ソーセージ、冷凍食品などによく使われる添加物です。

増粘安定剤

おやつに粘性をもたせるために加工でんぷんとグァーガムが使われています。

加工でんぷんは、ソースやレトルト食品などに使われていて人間への安全は確認されていますが、でんぷんを加工する際に薬品を使用している点、表記ではその薬品が明確ではない点が気になります。

グァーガムはグァーという植物の種から作られる多糖類で比較的安全な添加物と言われています。

保存料

保存料としてソルビン酸カリウムが使われています。

おにぎりやソーセージ、パンなどに幅広く使われる添加物ですが、亜硫酸とともに摂取すると発がんの可能性もあると言われています。

キャットフードにも比較的よく使われる添加物で、知らないうちに摂取量が増えてしまう点は要注意です。

その他の添加物

膨張剤、香料、グリセリンが使われています。膨張剤、香料に関しては内容が不明です。

グリセリンは保存料、保湿剤、増粘安定剤などとして使われますが、このおやつでは保湿剤として使われているのではないかと思われます。

どの添加物も人間の食品によく使われる添加物で規定量以下なら問題がないとされていますが、猫への影響は確認されていません。

できれば、あまり与えない方が良いでしょう。

【キャティーマン 猫ちゃんホワイデント ストロング】の成分は?

歯みがきおやつですが、栄養はあるのでしょうか。どんな成分で構成されているのか調べてみました。

たんぱく質

「ツナ味」も「チキン味」もたんぱく質割合は32.0%以上です。AAFCO(米国飼料審査官協会)が定める総合栄養食の最低基準を上回る割合です。

脂肪

脂肪の割合は1.0%以上です。こちらはAAFCOの定める総合栄養食の基準を下回っていますが、おやつですので問題ありません。

【キャティーマン 猫ちゃんホワイデント ストロング】の特徴は?

【キャティーマン 猫ちゃんホワイデント ストロング】にはどんな特徴があるのでしょうか。

しっかり噛める歯みがきおやつ

「噛むチカラが強い子用」とあるだけに、噛み応えがあるのが特徴です。噛むことで牛皮の繊維が歯に絡みつき、歯垢を取ることができます。

歯周予防の成分を配合

歯周の健康のためにグロビゲン、ピロリン酸ナトリウムを配合しています。

グロビゲンは歯周病菌の毒素を中和すると特殊卵黄粉末で、ピロリン酸ナトリウムは猫の口の中のPHを調整し歯周病を防ぐために添加されています。

おやつの与え方は?

生後2カ月以上の猫が対象です。猫がしっかり噛めるように飼い主さんが手に持って猫に噛ませた方が効果的です。

猫が興奮し過ぎたりしないよう落ち着いた環境で与えるようにした方が良いでしょう。

与える量は?

2ヶ月を超えた幼猫には1日1~2本、成猫には2~4本を基準に数回に分けて与えてください。

与える時間は?

歯みがきおやつですので、食後や食間に与えると良いでしょう。

【キャティーマン 猫ちゃんホワイデント ストロング】の保存方法は?

賞味期限は未開封の状態で製造日から12ヶ月です。未開封でも直射日光の当たる場所、高温多湿な場所は避けて保管するようにしましょう。

開封した後は封をしっかり閉めて、なるべく早めに使い切ってください。

特に猫が噛んだ後のおやつは雑菌が繁殖する可能性もありますので、その日のうちに消費した方が安全です。

添加物が多いのがちょっと心配ですが、歯周病の予防には効果がありそう

酸化防止剤や増粘剤などの添加物が多めな点は少し気になりますが、歯周病は猫にとって怖い病気です。

猫にしっかり歯みがきできる飼い主さんは別として、この手のおやつは歯の健康を守るためには便利なおやつです。

量をコントロールしながら、歯周病予防に使うのは有益でしょう。

関連記事