犬にカリフラワーを与えるメリットと注意点とは【獣医師が解説】

白い見た目とコリコリした食感が特徴のカリフラワー。カリフラワーを料理していると犬が食べたがる、なんて経験はしたことはないでしょうか?

カリフラワーは基本的に犬に与えても問題のない野菜ですが、与える際にはいくつか注意点があります。今回は、犬にカリフラワーを与えるときに考えておきたいことのお話です。

カリフラワーとは?

カリフラワーは花キャベツとも呼ばれる通り、キャベツの仲間の野菜です。

犬が食べても大丈夫?

カリフラワーは犬に対して毒性のある野菜ではありません。消化もそれほど悪くはないので、注意点を守ってもらえれば、特に問題なく犬に与えることができます。

成分は?

カリフラワーには以下のような成分が多く含まれています。

ビタミンC

カリフラワーには多くのビタミンCが含まれています。

カリフラワーに似た野菜であるブロッコリーと比べるとビタミンCの含有量は少ないですが、カリフラワーに含まれるビタミンCは過熱に強いという特徴があります。

そのため、温野菜として与える場合、カリフラワーはビタミンCの補給に非常に優れた野菜です。

食物繊維

カリフラワーには食物繊維も豊富に含まれています。キャベツや白菜などより多くの食物繊維を、カリフラワーから摂取することができます。

カリウム

カリフラワーには、ミネラルの一種であるカリウムも豊富に含まれます。

カリフラワーを犬に与えるメリット・デメリット

カリフラワーを犬に与えるメリットとデメリットについて知っておきましょう。

メリット

カリフラワーには以下のようなメリットがあると考えられています。

お腹の調子を整えてくれる

カリフラワーに含まれる豊富な食物繊維は、腸内細菌のバランスを改善し、お腹の調子を整えてくれます。

食物繊維が豊富なカリフラワーを食べさせることで、下痢をしやすい犬や便秘の犬のお腹の調子が改善することがあります。

皮膚を良い状態に保つ

カリフラワーに豊富に含まれるビタミンCには、

  • コラーゲンの生成を助ける
  • 抗酸化作用がある
  • 保湿因子のバランスをとる

などの効果が期待され、皮膚を良い状態に保ってくれます。また、ビタミンCの抗酸化作用は老化防止やがんの予防などにも効果があると言われています。

余分な塩分を排泄する

カリウムには体に溜まった塩分を排泄する働きがあります。

そのためカリフラワーは、味付けの濃いフードやおやつなどを食べて過剰になった塩分を排泄する助けをしてくれます。

デメリット

メリットがある一方、カリフラワーを犬に食べさせることには、以下のようなデメリットがあります。

甲状腺ホルモンを抑える

カリフラワーを含むアブラナ科の植物には「ゴイトロゲン」と呼ばれる酵素がたくさん含まれています。

ゴイトロゲンは、甲状腺ホルモンの素であるヨウ素の吸収を妨げると言われています。

ヨウ素が少なくなると、甲状腺ホルモンを作れなくなり、甲状腺機能低下症を発症する可能性があります。

犬でどの程度影響があるのかは不明ですが、カリフラワーを大量に食べさせるのは注意が必要です。

腎臓病の犬には注意

犬の慢性腎臓病(慢性腎不全)ではカリウムの排泄能力が低下し、しばしば高カリウム血症を引き起こすことがあります。

カリフラワーにはカリウムが豊富に含まれてしまうため、腎臓が弱っている場合には体にカリウムが溜まってしまうことがあります。

腎臓病と診断されている犬はもちろん、高齢で腎臓が弱っている可能性がある犬には与えない方が賢明でしょう。

また、心臓病の投薬を受けている犬でも飲ませている薬によってはカリウムが溜まりやすくなっていることがあるので、要注意です。

カリフラワーを与える時の注意点

犬にカリフラワーを与えるときには以下の点に注意をしてください。

与える量

カリフラワーは、中毒性のあるものではないため、大量に与えて危険な野菜ではありませんが、どの程度食べてもいいという量は決まっていません。

アレルギーなどの可能性もあるので、食べさせる場合にはまずは少量のかけらから食べさせることをおすすめします。

また、栄養バランスを崩さないよう、小型犬なら半房程度、大型犬でも1~2房程度にしておく方がいいでしょう。

調理方法

カリフラワーは以下のような調理方法で与えることができます。

ゆでる・蒸す

カリフラワーに含まれるビタミンCは過熱に強く、加熱をしても分解されにくいという性質があります。

そのため、犬に与える際には、消化のためにもゆでたり蒸したりして与えることをおすすめします。

カリフラワーは生のまま犬に与えても大丈夫です。特に噛むのが好きな犬には満足度の高いおやつとして与えることもできます。

ただし、肉食に近い雑食の犬にとって、生のカリフラワーは消化のいいものではありませんので、生で与えた際には消化不良には注意してください。

ピクルス

ピクルスは塩分が多く、犬に与えるにはあまり適しません。他の調理方法で与えるようにしましょう。

カリフラワーを食べさせた後に気を付けること

カリフラワーを食べさせた後には、以下の点に注意してください。

下痢や嘔吐

カリフラワーを食べすぎると消化不良から下痢やおう吐を起こすことがあります。便の状態や嘔吐の有無などをチェックしておきましょう。

皮膚の痒みや赤み

カリフラワーでアレルギー反応が起きる可能性があります。

皮膚の痒みや赤みなどのアレルギー反応がないかどうかもしっかり見ておきましょう。

もしアレルギー反応がある場合には、以降はカリフラワーを与えないようにしてください。

カリフラワーはわざわざ食べさせる必要はない

カリフラワーは犬にとってメリットのある野菜ではありますが、わざわざ与える必要はありません。

ドッグフードには犬に必要な栄養素が含まれている

質の良いドッグフードは、犬に必要な栄養素がすべて含まれる完全栄養食となっています。

そのため、カリフラワーを食べさせなくても、ドッグフードさえしっかり食べていれば栄養素を十分とることができます。

もしカリフラワーをどうしても食べさせたい場合には、上記のような量や調理方法を守り、食べた後の体調をしっかり見ておくようにしてくださいね。

まとめ

カリフラワーは、犬にとっても胃腸や皮膚などに健康面でのメリットがある野菜です。

ただし、その一方で与えることで消化不良などデメリットになることもあります

カリフラワーを犬に無理に与える必要はありませんが、与える場合には注意点を守りながら安全に与えられるようにしてくださいね。

関連記事

 
 

ABOUTこの記事をかいた人

後藤大介

岐阜大学農学部・獣医学科(現応用生物科学部・共同獣医学科 ) 卒業。大阪・北海道の動物病院に勤務し、2018年、岐阜市にアイビーペットクリニックを開業。生まれ育った地元で、ペットと家族の幸せのためのお手伝いをしたいと考えています。病気の治療だけでなく、ペットの健康のための情報発信や、地域の飼い主さん同士が交流できるような動物病院を目指しています。