猫の夜鳴きが止まらない。どうしてそんなに鳴くの?対策は?

猫は、真夜中に突然大声で鳴き続けることがありますが、毎晩続くと、飼い主さんも睡眠不足になりついイラっとしてしまいます。

でも、猫だって決して楽しくて鳴いているのではありません。

むしろ、辛い状況の表れと考えましょう。猫の夜鳴きは、ある意味SOSのサイン。できるだけ早く解消してあげることが大切なのです。

猫にとって夜鳴きとは?

猫は夜行性動物といわれてきましたが、最近では薄明薄暮性といって、夜中ではなく夕方と明け方に活発になることがわかってきました。

これは、獲物であるげっ歯類が活発になる時間帯に合わせて適応したものと考えられます。

つまり、猫にとって深夜にずっと鳴き続けるというのはふつうの行動ではありません。

なにか病的な原因、または心因的・物理的なストレスがあって過剰に鳴いていると考えなければならないのです。

夜鳴きの原因となる主な病気

病気が原因で夜鳴きすることもあります。

  1. 甲状腺機能亢進症:甲状腺ホルモンが過剰に分泌されることで、多飲多尿や体重減少を引き起こし、また落ち着きがなくなって活発になることが特徴です。その1つの症状として夜鳴きが出ることもあります。
  2. 認知症:認知症によって性格や行動が変化することがありますが、その症状の1つとして夜鳴き(日中の場合も)があります。シニア猫の場合、認知症である可能性もあります。
  3. 脳腫瘍:腫瘍のために性格が変わったり、行動が変化して夜鳴きすることがあります。
  4. ひどい痛みがある:関節痛や内臓疾患などで体に強い痛みがあることが原因で鳴くことがあります。
  5. 分離不安症:飼い主さんと離れ、戻ってきてほしいという強い欲求や不安感からの転移行動として鳴きます。心因的な原因ですが、分離不安症は治療が必要な病気です。

夜鳴きの原因となる心因的・物理的ストレス

病気以外の夜鳴きの原因は以下のようなことが考えられます。

  1. 発情:基本的にメス猫がオス猫を探して自分の存在をアピールするために、大きな声で鳴き続けます。
  2. 不安感:環境の変化や、飼い主さんのスキンシップ不足、同居猫からのいじめなど、さまざまな理由で猫は不安を持ちます。不安感があると、それを解消するために転移行動として鳴くことも。
  3. 欲求:お腹が減った、かまって欲しい、遊んで欲しいといった欲求を飼い主に伝えるために鳴きます。
  4. 運動不足:運動不足でストレスとなり、鳴くことがあります。

夜鳴きへの対処方法

夜鳴きを止めてもらうには、まずは動物病院で診察を受け、病気かそうでないかを判別する必要があります。

病気であれば治療し、もしそうでなければ、他の原因を探ります。

心因的・物理的な問題が原因の場合は、さらにその大元の原因が何かを突き止めなければなりませんが、原因は1つでないこともあり、問題は複雑です。

要求に応えたからと言ってすぐに鳴き止むものでもありませんし、根気よく、猫が感じているストレスを1つ1つ解消するよう、飼育環境を整えていくことが大切です。

もし問題が長引いて飼い主さんの生活にも支障をきたすようであれば、獣医師に相談することをお勧めします。場合によっては抗不安薬などの薬が処方されることもあります。

病気が原因でない場合に飼い主さんにできる対策

1.発情

避妊・去勢を行えばおさまりますが、メス猫の場合、発情中は手術できないため、現在進行中の夜鳴きは自然におさまるまで我慢しなければなりません。

2.不安感

猫が不安に感じる原因を取り除くことが第一です。

さらに、日中に抱っこしたり、ブラッシングしたり、遊んであげたり、猫が喜ぶスキンシップやコミュニケーションの時間を増やしてください。

また、不安感を取り除くために、フェリウェイという猫の安心フェロモンと同じ成分のスプレーや、抗不安作用があるサプリメントを試してみてもよいでしょう。

3.欲求

ご飯が欲しいといった欲求の場合、鳴いている時に応えるのではなく、日常のご飯タイムをずらすか、1日分の量は変えずに与える回数を増やしてみましょう。

猫が寝る前のタイミングで与えてみるのもよいでしょう。

夜中に勝手に食べられるよう、ご飯を出しっぱなしにする方法もありますが、肥満しやすくなりますし、傷んだり、酸化したりもしますのでお勧めできません。

遊んでほしい、かまってほしいといった欲求であれば、その場で応えるのではなく、日中に解消してあげるようにしましょう。

4.運動不足

遊ぶ時間を増やしますが、1回の時間を増やすよりも、回数多く遊ぶほうがよいでしょう。

キャットタワーを増設したり、電動で動くおもちゃを与えるなど、猫が自分で運動できるグッズを増やすのも効果的です。

してはいけないこと

1.夜鳴きしている時にかまう

鳴いていることが可哀そうと思ってかまうと、次からさらに鳴くようになります。

2.ご飯やおやつで気をそらす

ご褒美をもらえたことで、鳴けば良いことがあると学習してしまいます。

3.叱る

叱っても、猫はなぜ叱られたかわかりません。

怒鳴れば、一時的に驚いて鳴き止むかもしれませんが、恐怖感や不安感が増してエスカレートしてしまいます。

大きな音で脅かしたり、叩いたりすることはもってのほかです。

野良猫の夜鳴き対策

野良猫の夜鳴きの多くは発情によるものです。

対策は難しいのですが、地域の保健所や動物愛護センターで、野良猫の避妊・去勢対策を促してくれたり、忌避剤や超音波など家の敷地に入らないような対策を教えてくれることがあります(現在保健所や愛護センターは、野良猫の捕獲は行っていません)。

一度地元の施設に相談してみるのも良いでしょう。

ご自身でTNR活動をする場合は、保健所に相談すれば、捕獲器の入手方法や助成金について教えてくれることも。

まとめ

夜鳴きは猫も人も辛いものです。飼い主さんにストレスがたまれば、愛猫もたまるといった悪循環にも。

「このくらいで動物病院に行くのは気が引ける」と思わず、獣医師に相談することも大切です。

関連記事

 
 

ABOUTこの記事をかいた人

NEKOCLIP

博物館に20年勤務していた古生物学系元学芸員。猫は絶滅してしまった化石猫から イエネコ、ライオンに至るまで全部大好き。猫飼い歴ン十年の猫おばちゃんです。 飼育のお悩みから進化学に至るまで、幅広い情報と猫の素晴らしさをわかりやすく お伝えしようと思います。理学修士、ペットシッター資格、愛玩動物飼養管理士2級。 ペット用品販売会社での勤務経験もあります。