フリーズドライタイプ。キャットマムの【無添加おいしさ フリーズドライ】は猫に食べさせても良いの?

魚を使ったフードやおやつは数多くありますが、キャットマムのおやつはフちょっと珍しいリーズドライタイプ。

海外ブランドのキャットフードにはフリーズドライタイプもありますが、日本ではまだ少数派です。

フリーズドライは保存性が良く、素材の風味や栄養価が残りやすいなどメリットが多いのが特徴ですが、このおやつはどうなのでしょうか。

猫に食べさせても良いのかどうか調べてみました。

【無添加おいしさ フリーズドライ】はどんな形状のおやつなの?

【無添加おいしさ フリーズドライ】には「まぐろ」と「かつお」があります。

いずれも小さな切り身をそのままフリーズドライしてあり、一見、枯れ木のようにも見えます。

赤身の部分や血合いの部分もすべてフリーズドライにしているようで、ベージュから濃い茶色まで自然の色が混じっています。

軟らかいためか袋の中で崩れやすいのも特徴です。

【無添加おいしさ フリーズドライ】にはどんな原材料が使われている?

【無添加おいしさ フリーズドライ】はフリーズドライがポイントの商品ですが、どんな材料が使われているのでしょうか。

肉類

「まぐろ」も「かつお」も静岡県焼津港で水揚げされたまぐろ、かつおを「なまりぶし」に加工してフリーズドライにしています。

ほかの肉類は一切使われていません。

穀物

穀物は使用されていません。

【無添加おいしさ フリーズドライ】にはどんな添加物が使われている?

添加物にはビタミン、ミネラルなど栄養を添加するためのものと、成形・保存のために添加するものがあります。

ここでは主に成形、保存のために使われる添加物を調べていますが、【無添加おいしさ】には添加物は一切、使われていません。

栄養の添加もなく、素材そのものを活かした加工品と言えるでしょう。

【無添加おいしさ フリーズドライ】の成分は?

【無添加おいしさ フリーズドライ】がどんな成分で構成されているのか調べてみました。

たんぱく質

【フリーズドライ まぐろ】も【フリーズドライ かつお】もたんぱく質の割合は、74.4%です。

魚をそのまま使用していますので、当然のことながら、たんぱく質の割合は高めです。

AAFCO(米国飼料検査官協会)が定める総合栄養食のたんぱく質割合は26%以上ですので3倍以上の割合です。

脂肪

脂肪の割合は「まぐろ」も「かつお」も2.2%以上です。

AAFCOの定める最低栄養食の脂肪割合は9%以上ですので、脂肪はかなり低めです。肥満を気にする猫には良いでしょう。

【無添加おいしさ フリーズドライ】の特徴は?

【無添加おいしさ フリーズドライ】にはどんな特徴があるのでしょうか。

単一たんぱくなのでアレルギーのある猫に

たんぱく質が主食の猫ですが、時に特定の肉や魚にアレルギーを起こす場合があります。

そんな猫には単一たんぱく質のフードやおやつを選ぶことでアレル源となる肉類を排除してあげる必要があります。

このおやつならたんぱく源がはっきりわかるので、アレル源の特定に便利ですし、まぐろやかつおにアレルギーがない限りは安心して与えられます。

高温処理していないため、栄養価や風味そのまま

一般のフードやおやつのレトルトパウチや缶詰は高温処理しますが、フリーズドライ製法はー30℃で凍結させて水分を氷の結晶にし、その後真空にして乾燥させる方式です。

このため、栄養価や風味、色などの損失が少なく、素材の良さがそのまま残っています。

ぬるま湯を加えるだけで、なまりぶしの状態に戻るのも便利です。

フリーズドライだから保存料いらず

【無添加おいしさ フリーズドライ】は水分量が少ないため、カビなど微生物の作用を抑えることができます。

このため、保存料を使わなくても長期保存が可能です。

おやつの与え方は?

【無添加おいしさ フリーズドライ】は、ぬるま湯で戻して使うのが一般的なようですが、手で細かくほぐしてフードのトッピングにしたり、手作りフードの材料として使ったりなど、さまざまな使い方が可能です。

与える量は?

与える量については特に指定がないようです。

与える時間は?

与える時間は決められていませんが、おやつとして与えるなら主食に影響がでないよう食間に与えるのがベストです。

多頭飼いの場合の注意点は?

多頭飼いの場合は、力のある猫や食欲旺盛な猫だけが大量に食べてしまわないようにコントロールしましょう。

低カロリーなおやつではありますが、食べ過ぎは肥満に繋がります。

【無添加おいしさ フリーズドライ】の保存方法は?

製造日から1年が賞味期限です。フリーズドライですので湿気に弱いと考えられます。

湿気の多い場所や直射日光の当たる場所での保管は避けましょう。

開封したら、しっかり封を閉めて保管し早めに使い切ってください。

値段の高いおやつですが、健康的で使い勝手も良さそう

【無添加おいしさ フリーズドライ】は余計な添加物を使わず、素材を活かしたおやつで、さらに手作りフード作りにも使えるなど便利なおやつです。

ぬるま湯で戻せば猫の水分補給にも役立ちそうですし、軽いので持ち運びもラクです。

10gで400円程度とちょっと高めではありますが、健康的でなかなか良いおやつなのではないでしょうか。

関連記事