ペットキッス (PETKISS) 犬用おやつ歯のケア ちぎれるササミスティック プレーンのあげ方や注意点を解説

犬の口腔内はアルカリ性であるため、虫歯になりにくいと考えられていますが、歯のケアをしなくてもいいということではありません。

なぜなら、歯垢が歯石を形成し、歯周病になってしまうからです。

歯周病を放置しておけば、最悪の場合、死亡してしまうケースもあるため、歯のケアはとても大切なのです。

そこで今回は、歯みがきが苦手な犬でも手軽に歯垢除去をサポートするペットキッス (PETKISS) 犬用おやつ つぶつぶチップで歯のケア ちぎれるササミスティック プレーン(以下、ペットキッス つぶつぶチップ)をご紹介します。

おやつ形状

ペットキッス つぶつぶチップの形状は細めのスティック状になっています。

そのため、指で持ちやすく、小型犬の小さなお口にも加えさせやすい形状になっています。

ペットキッス つぶつぶチップの表面には、つぶ状の牛皮が散りばめられており、歯みがき効果を高めています。

おやつに入ってる成分

ペットキッス つぶつぶチップの原料には鶏ささみや牛皮、大豆粉、砂肝などが使用されています。

ポリリン酸ナトリウム

ポリリン酸ナトリウムは、歯に歯石をつきにくくする働きが期待でき、人間用の歯磨き粉にも使用されている成分です。

ピロリン酸ナトリウム

ピロリン酸ナトリウムは、歯についた汚れをうかして歯に歯垢がたまりにくくする働きが期待できる成分です。

ポリリジン

ポリリジンは、ポリリン酸ナトリウムやピロリン酸ナトリウムの働きによってきれいになった歯をコーティングする成分です。

100gに含まれている栄養の割合

ペットキッス つぶつぶチップ100g中に含まれている栄養の割合は以下の通りです。

タンパク質の割合が30.0%以上と高く、脂肪の割合が1.0%以上と低いことから、低脂肪で高タンパク質の鶏ささみを使用していることに納得できます。

また、水分の割合が30.0%以下であることから、噛みやすい硬さであることが分かります。

  • エネルギー 259kcal/100g
  • 粗タンパク質 30.0%以上
  • 粗脂肪 1.0%以上
  • 粗繊維(※1) 1.0%以下
  • 粗灰分(※2) 6.0%以下
  • 水分 30.0%以下

※1.租繊維とは、体内で消化されることなく、便として排泄される食物繊維のを示しています。

※2.租灰分とは、カルシウムやナトリウム、リンなどのミネラルのことを示しています。

おやつに入ってる添加物

ペットキッス つぶつぶチップで使用されている添加物はこちらです。

グリセリン

グリセリンは甘味料や食品中の油と水が混ざりやすくするための乳化剤、保存料などの用途がある添加物です。

グリセリンには植物由来と石油由来の2種類があり、石油由来は植物由来よりも安価で犬の健康を害する恐れがあると考えられています。

甘味料

ソルビトールは砂糖よりもカロリーが低く、ダイエット用として使用されることもありますが、過去に大量摂取して死亡したという人の事例もあり、犬の健康への影響も気になります。

トレハロースは天然由来の甘味料の1つで、食品の保湿用途のために使用されることもあります。

プロピレングリコール

プロピレングリコールは食品中の水分を調整するための添加物で、過剰摂取すると体調不良やアレルギーが引き起こされる可能性もあるといわれています。

酸化防止剤

食品の酸化予防に使用される酸化防止剤には、エリソルビン酸ナトリウムと天然由来のローズマリー抽出物が使用されています。

エリソルビン酸ナトリウムは一部では発ガン性がある添加物と考えられています。

保存料

保存料は食品中の微生物が繁殖するのを防いで、保存性を高める用途で使用される添加物です。

発色剤

発色剤は食品の色をさらに鮮やかに見せるために使用される添加物です。

ペットキッス つぶつぶチップの特徴

ペットキッス つぶつぶチップの特徴として、以下の3つが挙げられます。

特徴①嗜好性の高い鶏ささみで犬の興味を引ける

ペットキッス つぶつぶチップは犬の嗜好性の高い鶏ささみを使用しているため、犬の興味を引きやすいおやつといえます。

犬用歯ブラシによるケアを嫌がる犬や楽しくおいしく歯のケアをさせたい犬におすすめです。

特徴②歯垢の除去をサポート

ペットキッス つぶつぶチップは、表面に散りばめられている牛皮のつぶつぶをしっかり噛むことにより、歯の汚れや歯垢の除去をサポートしてくれます。

愛犬はおいしくおやつを食べているだけなのに、同時に歯のケアができることは飼い主さんにとっても嬉しいことでしょう。

特徴③ちぎりやすく犬に合わせた量を与えられる

ペットキッス つぶつぶチップは簡単に指でちぎれるため、犬に合った量を調整しながら与えることができます。

愛犬の体重や運動量、健康状態などによって調整することも可能です。

おやつのあげかた

ペットキッス つぶつぶチップを与える際は、以下の1日の給与量を目安に与えましょう。

また、愛犬の年齢や体脂肪量、運動量、ストレス、環境温度などを考慮して量を調整しましょう。

  • 幼犬(生後3ヶ月~1歳)・超小型犬(5㎏以下) 2~4本
  • 小型犬(5㎏~10㎏) 4~7本

与えるタイミングとして、食後や就寝前に歯のケアとして与えると歯みがき効果をより高めることができるでしょう。

保存方法

ペットキッス つぶつぶチップの保存方法は、直射日光や高温多湿を避けた場所で保存しましょう。

また、開封後はチャックを閉めて冷蔵庫で保管し、賞味期限にかかわらず早めに与えきるようにしましょう。

注意点

ペットキッス つぶつぶチップを与える際の注意点は以下の2点です。

注意点①生後3ヶ月未満の幼犬に与えない

ペットキッス つぶつぶチップは生後3カ月未満の幼犬には与えないようにしましょう。

生後3ヶ月未満の犬は消化器官が未成熟であるため、消化不良や体調不良を引き起こす可能性が考えられます。

注意点②飼い主監視下で与える

犬によっては食べ方の習慣やクセによって、喉に詰まらせてしまう可能性が考えられます。

ペットキッス つぶつぶチップを与える際は、必ず飼い主や大人の目が届く環境で与えるようにしましょう。

まとめ

ペットキッス つぶつぶチップは犬にストレスなく歯のケアをできるおやつである点はおすすめできます。

ただ、複数の添加物を使用している点から、無添加のおやつにこだわりのある飼い主さんにはおすすめできません。

関連記事