2016年6月16日更新

部屋中ぼろぼろにならないために。猫が爪をとぐ理由と対策

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

可愛い猫の大問題。それはやっぱり「爪とぎ」ではないでしょうか。猫を飼ったその日から壁やふすま、ソファがボロボロ…なんてお宅もかなり多いと思います。ある程度は仕方ないと思いますが、できるものなら、やっぱりなんとか対処したいですね。

 

どうして爪を研ぐの?

爪を研ぐ理由は大きく分けて3つあります。それぞれご紹介していきます。

爪の手入れ

私たちもある程度爪が伸びると、爪切りで手入れしますね。
猫も同じで日々古くなる爪を常に新しい状態にしておかなければならないのです。他の猫との喧嘩や、外敵に襲われた時など、いざというとき古い爪だと役に立たない恐れもありますからね。

マーキング

猫のマーキングは「尿スプレー」といった排泄行為だけではありません。
柱や壁などに傷をつけることで自分の体格を誇示したり、肉球にある「臭腺」から出る臭いを傷と一緒につけることで、自分の縄張りを主張しているのです。

ストレス解消

イライラしていると、つい物に当たってしまうこともありますよね。それと同じで、猫もストレスを爪とぎにぶつけてしまうのです。要はストレス発散ですね。
また飼い主が猫にあまり構ってやれていない時も、構って欲しさから辺りに傷をつけてしまうこともあります。

爪とぎ対策

猫の爪とぎは生理的なものなので、基本的に止められる行為ではありません。しかし新品の家具など、どうしても傷をつけてほしくないものもありますよね。

爪とぎグッズを利用しよう

まずは愛猫が思う存分爪をとぐことが出来る場所を用意しましょう。材質はダンボールか木材で壁に立てかけるタイプから、筒状のものまで、様々な爪とぎグッズが市販されています。価格も数百円から買えますので、愛猫にあった爪とぎグッズを色々と試してみて下さい。また爪とぎグッズは早めの交換を心がけましょう。

定期的に爪切りをしよう

猫の爪とぎは古い外層を剥がすことは出来ても、爪を短くする効果はあまり期待できません。猫の爪が長くなると思わぬ怪我の原因になりますし、壁などの傷もよりひどくなってしまいます。深爪しないよう気を付けて、定期的に爪切りをしましょう。

猫のストレス軽減を心がけよう

ストレスからくる爪とぎは、ストレスを除去してあげることが大事です。急に爪とぎが行為が悪化した場合、愛猫の周辺環境に変化がなかったか、最近愛猫に構ってあげられていたか、といった理由を探し、改善してみましょう。