2016年3月1日更新

【獣医師監修】犬の白内障について症状や原因から治療・予防法まで

犬にも高齢化の時代がおとずれています。高齢になると、歩き方がゆっくりになったり、毛が白っぽくなっていたりしてくるほか、眼が白くなっているように見えることもあるでしょう。

今回は、眼が白くなる原因のひとつである白内障についてご説明します。

白内障って何?起こる原因は?

眼のレンズである水晶体が、だんだんと白くなっていき、視力が低下していきます。

2歳までで発症する若年性白内障や、2から6歳で発症する成年性白内障など、若くして発症することもありますが、白内障の多くは加齢に伴い発症します(老齢性白内障)。

また、糖尿病などの全身疾患に関連して起こるものや眼の病気に併発するものもあります。

若年性白内障、成犬性白内障

プードルやパピヨン、コッカースパニエルなどに多く見られ、遺伝的素因が知られています。

若年性白内障

先天性白内障と同じく遺伝による可能性が高いですが、糖尿病などの他の病気からの白内障の併発や外傷などから併発する事もあります。

老齢性白内障

加齢に伴い、水晶体を構成するタンパク質が変性し、徐々に水晶体が白く濁っていきます。これは犬種を問わず起こります。

初期の段階ではうっすら白く見える程度で生活にも支障はありませんが、進行して視力を失ってしまうこともあります。

白内障の予防方法、治療方法は?

残念ながら確実な予防方法はありません。なりやすいとされている犬種の場合は、若いうちからでも定期的に動物病院で眼の様子を診てもらうと良いでしょう。

手術による治療

視覚障害が出ていたり失明したりしている場合には、手術も選択肢のひとつです。

ただし、白内障の多くは老齢性白内障です。このため、高齢犬への手術の必要性、特に麻酔のリスクや予後を考えた上で、手術を選択しないことも多々あります。かかりつけの獣医さんとしっかり相談してください。

点眼薬

白内障になることを予防する事は難しいです。点眼薬などで進行を少しでも遅らせる事をめざします。

うっすら白く濁ってきた事に気づいたら、動物病院で相談しましょう。

サプリメント

犬の眼の為のサプリメントも多く市販されています。

著しい効果を期待することは難しいですが、試してみるのも良いかもしれません。

まとめ

初期段階ではほとんど生活に支障はありませんが、程度は様々とはいえ白内障は徐々に進行していきます。進行のスピードが遅いと、毎日顔を合わせている飼い主さんだと、進行に気づきにくいこともあるかもしれません。

視覚障害がではじめると、夕方や夜の散歩で電柱などにぶつかってしまうことがあるでしょう。

見えにくくなる事で、外に出るのを怖がったり、突然触られると驚いて咬んでしまったりなどの行動の変化も見られるようになります。

住み慣れた家の中でも、柱や壁にぶつかってしまう、段差につまずいてしまうなどして、ケガをしてしまう可能性もありますので、生活環境には十分に注意しましょう。

完治させるのは難しく、視力の低下は避けがたいものの、うまくサポートすることで付き合っていくことのできる病気です。

できるだけ長く視力を保ち、また、生活の質を維持することをめざしましょう。

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

【獣医師監修】犬にもものもらいがあるんです。犬のマイボーム腺炎の症状・原因・治療法

「ものもらい」という言葉を耳にしたことのある人は多いのではないでしょうか。「ものもらい」とは、「マイボーム腺炎」の一種で、まつげの生え際に整列して並ぶマイボーム腺の炎症のことです。 マ……

犬の目の病気

【動物看護師が徹底解説!】愛犬の目に目やにが!何か病気のサイン?取り方は?

ある日突然、愛犬の眼に目立つ目やにが。でも、目やには毎日出るものだし、病気ではないはず?では、病気との見分け方はどうしたらいいのでしょうか?また、目やにが眼頭へ流れずに眼の中にとどまるように……

犬の目の病気

【獣医師監修】目の中にサクランボが!?犬のチェリーアイの症状・原因・治療法について

犬のチェリーアイはこんな病気 チェリーアイは別名「第三眼瞼腺逸脱」と呼ばれ、犬の「第三眼瞼腺(がんけんせん)」または「瞬膜腺(しゅんまくせん)」というまぶたの内側にある組織が腫れて、目の外……

犬のチェリーアイ

【獣医師監修】失明の可能性も!犬の緑内障について知っておこう

眼の病気のうち、白内障とともに有名なものとして「緑内障」があります。緑内障とは、眼球の内部の圧力(眼圧)が上昇することで視神経と網膜に障害が発生し、視力障害を起こしてしまう病気です。 ……

犬の目の病気

【獣医師監修】犬のドライアイについて原因や症状から対策・予防法まで

近年、CMなどでもよく耳にするドライアイ。「何秒以上目を開けていられないとドライアイの可能性」などと言われているのを聞いたことのある方もいるでしょう。このドライアイは、犬にも起こるのです。 ……

犬の目の病気