2016年6月21日更新

プニプニで大人気!犬の肉球の存在意義と特性とは?

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。


プニプニの触感と見た目の愛らしさで大人気となり、様々なグッズが登場している肉球ですが、犬の体の部位としての役割や、その特性については知らないという方が多いと思います。犬にとって、肉球は絶対的に必要な部位であり、それがなければ通常の生活を送ることができなくなってしまいます。ここでは、肉球の存在意義と特性について解説していきます。

 

肉球の存在意義

犬は肉球がなければ歩くことすらできなくなってしまいます。それだけ肉球の存在はなくてはならないものであるということです。それでは、肉球の存在意義を紹介していきます。

クッション

肉球型のクッションが大人気となっていますが、犬にとっての肉球もクッションとしての役割を担っています。肉球を構成しているのは、角質層や脂肪、コラーゲン繊維、弾性繊維等です。これらによって、ショックを吸収しています。

発汗することのできる唯一の部位

犬の体の中で汗腺を持っているのは肉球だけです。犬が頻繁におこなう仕草のひとつに、前足で引っ掻くようにして土をガリガリ削る行為がありますが、これは汗の匂いをつけて自分の縄張りを主張するために行っています。また、肉球は主に角質層でできているため、乾燥してしまうと割れてしまうので、それを防ぐために汗をかいている面もあります。

肉球の特性

肉球には弱点があります。肉球は非常に大事な部位ですが、非常に繊細な部位でもあるので、肉球を保護してあげるための配慮をしてあげることが大事になります。肉球の特性を理解し、肉球を守ってあげてください。

火傷をしやすい

犬が歩く道は、アスファルトの上や砂浜など、直射日光で非常に高温になってしまうところがあります。このような道を歩かせてしまうと、火傷をしてしまうので、注意しましょう。肉球が火傷してしまうと、非常に治りが遅く、しばらくの間びっこを引くように歩くことになってしまうので、絶対に避けましょう。犬の肉球に気を配り、日陰を歩かせるようにしてあげてくださいね。

再生するのに時間がかかる

肉球が怪我をしてしまうと、なかなか治りません。肉球は、ぷっくりと張ったような状態になっているので、ちょっとした出っ張りに触れるだけで簡単に切れてしまいます。一度切れてしまうと、ただでさえ再生に時間がかかる部位なのに、体重の負荷がダイレクトにかかってしまうため、再度傷口が開いてしまい、完治しにくくなります。歩く場所に危険がないように整理整頓を心がけてあげましょう。

 

まとめ

肉球は犬の体の中で重要な部位のひとつですが、怪我の耐性があまりなく、非常に繊細な部位となっています。肉球を守ってあげることが犬の健康の維持に直接的につながっていくので、犬を飼っている方は、飼い主の責任として肉球を保護してあげてくださいね。

 
 

人気のドッグフードは?獣医師おすすめの「ドッグフード」ランキング

特に近年日本で注目されているドッグフードは「人が食べるご飯の様に高品質なプレミアムドッグフード」です。獣医師がおすすめする高品質なプレミアムドッグフードをランキング形式でご紹介!

ドッグフード

おすすめのグレインフリーキャットフード15種をランキング!評判の良いキャットフードは?

猫のフードで最近人気なのが「グレインフリー」。グレインフリーのキャットフードにはどのようなメリットがあるのでしょう?おすすめのグレインフリーキャットフードをランキング形式で紹介!

ドッグフード

本当に必要な犬や猫の「ペット保険」がわかる!後悔しない犬や猫のペット保険の選び方

ペット保険について徹底研究しました。ペット保険で失敗しないためには自分のニーズにあった保険を選ぶこと、保険についてきちんと理解することが大切です。

ドッグフード

【ペットシッターが解説】マンチカンとの暮らしで注意すること

【完全保存版】マンチカンの飼い方、マンチカンとの暮らしで注意することをペットシッターが徹底解説します。マンチカンを飼っている方、これから飼おうとしている方必見です。

マンチカン

【ペットシッターが解説】メインクーンとの暮らしで注意すること

【完全保存版】メインクーンの飼い方、メインクーンとの暮らしで注意することをペットシッターが徹底解説します。メインクーンを飼っている方、これから飼おうとしている方必見です。

メインクーン

もし親がいない子猫を拾ってしまったら…子猫の育て方を獣医師が解説

もし親がいない子猫を拾ってしまったら、こちらの記事をどうぞご覧ください。子猫を育て上げるために必要な知識を獣医師が解説します。

子猫

プニプニで大人気!犬の肉球の存在意義と特性とは?

プニプニの触感と見た目の愛らしさで大人気となり、様々なグッズが登場している肉球ですが、犬の体の部位としての役割や、その特性については知らないという方が多いと思います。犬にとって、肉球は絶対的……

犬の爪のお手入れ

自宅でできる?犬の爪切りを画像つきで動物看護士が徹底解説!

室内飼いの犬が多くなった今、室内で気になることといえば犬の足音だと感じている人も多いでしょう。ペット可の物件であってもクッションフロアまで完備してくれている家はまだ少なく、爪とフローリングが……

犬の爪のお手入れ

愛犬のお手入れはしっかりとできていますか?家でも手軽にできるお手入れをご紹介

愛犬の爪は伸びていませんか?肉球の間の毛が伸びて、肉球が見えなくなっていませんか?最近お尻をよく地面でするように歩いていることはありませんか? よくよく見てみないとわかりませんが、この……

犬の毛のお手入れ

2分でわかる!犬の耳、歯、ツメの手入れについてご紹介します

犬の健康を保つためには、耳や歯といった部位の手入れは欠かせません。手入れはただ単に各部位の掃除のためだけでなく、病気の症状をいち早く発見することもできます。 今回はそんな「犬の耳、ツメ……

犬の目のお手入れ

【ペットシッターが解説】シェトランド・シープドッグとの暮らしで注意すること

シェトランド・シープドッグの性格と性質 性格 シェルティーの愛称で親しまれているシェトランド・シープドッグは、明るくて優しい性格を持っています。さらに非常に賢いのでしつけもしやすいと……

犬のシャンプー

【ペットシッターが解説】アメリカンコッカースパニエルとの暮らしで注意すること

アメリカンコッカースパニエルの性格と性質 性格 アメリカンコッカースパニエルといえば、ディズニー映画の「わんわん物語」で有名になった犬種です。穏やかでありながら、いつも陽気な笑顔を見……

アメリカン・コッカー・スパニエル

愛犬の爪のお手入れは大丈夫ですか?犬の爪の切り方について

飼い主が犬に行うメンテナンスの中に「爪のお手入れ」があります。犬は元々足先や尻尾の先など、体の先端を触られることに慣れていません。 上手にトレーニングしておかないと、爪を切るときも嫌が……

犬のお手入れ

犬の肉球をチェック!室内犬の足の裏のお手入れ法。

愛犬の足の裏をチェックしてみてください! どんなふうになっていますか?しっかりと肉球が見えていますか?足裏の毛が伸びていないですか?爪の長さはどうでしょう? 今回は放っておくとケガや病……

犬の爪のお手入れ

シャンプー、爪切り、トリミング…自宅でできる犬の手入れのポイント【動物看護士が解説】

愛犬のシャンプーや爪切りなどの手入れは月にどのくらい行っていますか?毎回トリミングサロンにお願いしていますか?出来ればもっと頻繁にトリミングサロンにお願いしたいけど、お金のこともあるし、回数……

犬のシャンプー

【ペットシッターが解説】ミニチュアピンシャーとの暮らしで注意すること

ミニチュアピンシャーの性格と性質 性格 ドイツで番犬の歴史を持っていたミニチュアピンシャーは、他人への警戒心は強いのですが、家族に対する忠誠心を持っています。その為、初めての人や会う……

犬のしつけの基礎

獣医さんに家でペットを診てもらえる?ペットの往診のメリット・デメリット

病気のペットを動物病院に連れて行き、獣医さんの診察を受けたいと思っても、飼い主さんの事情で病院に連れて行くのが難しいケースもありますね。 そんな場合に頼りになるのが獣医さんの往診です。……

犬の毛のお手入れ

【ペットシッターが解説】ウエストハイランドホワイトテリアとの暮らしで注意すること

ウエストハイランドホワイトテリアの性格と性質 性格 ウエスティと呼ばれ、スコットランド発祥のテリアとして、人気のウエストハイランドホワイトテリアは、活発さと甘えん坊な二面性を持った犬……

犬の歯の磨き方

【ペットシッターが解説】イングリッシュコッカースパニエルとの暮らしで注意すること

イングリッシュコッカースパニエルの性格と性質 性格 イングリッシュコッカースパニエルは、いつも明るい笑顔で家族をなごましてくれる優しさを持っています。また、とても利口で家族に対して忠……

犬の歯の磨き方

【ペットシッターが解説】ラブラドールレトリバーとの暮らしで注意すること

ラブラドールレトリバーの性格と性質 性格 ラブラドールレトリバーは、とにかく賢くて、その優しさと従順な性格が人気の大型犬です。その賢さは、盲導犬などの仕事ぶりを見ていても分かりますが……

【ペットシッターが解説】バーニーズマウンテンドッグとの暮らしで注意すること

バーニーズマウンテンドッグの性格と性質 性格 バーニーズマウンテンドッグは家族とのつながりをとても大事にする穏やかな犬で、一度飼うとその魅力にどっぷりはまってしまうと言われています。……

犬のブラッシング

犬や猫の爪切り、シャンプー、耳掃除、肛門腺絞り、ケアの順番にルールはある?【動物看護師が解説】

最近では、愛犬や愛猫のシャンプー、トリミングを専門的に行うために、トリミング学校に通う飼い主さんもいらっしゃるようですね。やはり自宅でできれば安心で、お金もかからないので、自分でやってみたい……

犬のトリミング