2016年6月21日更新

猫のお手入れって何があるの?知っておきたい猫のお手入れの基本

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

猫は自分の体を自分で舐めてきれいにすることが出来る動物で、犬に比べてお手入れが簡単で、楽でいいのよ!と言う人も多くいると思いますが、それでも猫もある程度のお手入れは必要です。それではいったい、どんなお手入れが猫には必要なのでしょうか?今回は猫に必要なお手入れについて考えてみたいと思います。

 

猫が自分で出来るお手入れって?

猫は独立心が強く、本来単独で行動する生き物です。それ故、自分のみのお手入れは一人で行うことが出来、飼育してもほとんど手がかからないのが特徴です。しかし、猫がいくら自分でお手入れできると言っても、自分で耳掃除をしたり、石鹸を使って体を洗ったりできるわけではありません。猫が自分で出来るお手入れは、全身を舐めて毛づくろいをすること、ものなどを引っ掻いて爪をとぐことなどが主にできることです。

どんなお手入れが必要なの?

猫のお手入れの基本としては、爪切り、耳掃除、目ヤニなどのケア、歯磨き、おしり周りのケア、ブラッシング、シャンプーなどがあります。特におしり周りのケアは定期的に行ってあげる必要があり、放置しておくと肛門腺に分泌液がたまり過ぎて病気になってしまうこともあります。何でも自分で出来るからと思って放置せず、猫の健康管理のためにもしっかりとボディタッチを行い普段からスキンシップを行うことが大切です。

 

なかなかお手入れするのも大変

猫のお手入れを行うことも必要だということがお分かりいただけたかと思いますが、それでも猫はあまりお手入れされるのを好む生き物ではありません。体の部位によっては触られるのを嫌がるところもあり、また猫によっても大きく変わってくるので場合によっては、お手入れをしようとして引っ掻かれることもあるかもしれません。そういうことを防ぐためにも普段から猫とのスキンシップを図り、どこを触られても平気にしておくことが重要です。

猫のグルーミングを活用

最近増えてきた猫専用のグルーミングサロンですが、一度利用してみると良いかもしれません。家で嫌がる猫を無理やりシャンプーしたり、爪を切ったりするのは猫を傷つけることもあるので危険です。そういう時はプロに任せてお手入れを行ってもらうと普段ケアできない箇所のお手入れもしっかり行うことが出来ます。また自宅でのお手入れについてアドバイスしてくれるところもあるので、飼い主と猫とが少しずつ慣れていくことが必要です。