2016年5月19日更新

メインクーンってどんな猫?性格や特徵を解説

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

がっしりした大きな体と山猫のようなワイルドな雰囲気が人気のメインクーン。有名なわりには身近に飼っている人が少なかったり、体の大きさが普通の猫と違うことなどから、飼うのが難しい猫と思う人も多いのではないでしょうか?今回はそんなメインクーンについて詳しくご紹介したいと思います。

メインクーンはアメリカ北部にあるメイン州が原産とされていて、メイン州の州猫にも認定されています。実際の出自には色々な説があり本当のことはまだわかっていないのですが、アメリカの土着猫とヨーロッパからやってきた長毛種の猫の子孫という説が有力なようです。

 

メインクーンの体の特徴

メインクーンの一番の特徴は、なんといってもその体の大きさでしょう。
北アメリカの厳しい自然に鍛えられたボディはがっしりとした骨格とたくましい筋肉に覆われています。大人のオス猫の平均体重は6キロ~10キロくらい、メスはもう少し小さめです。またセミロングの毛並みがとても美しく、胸元にはライオンのたてがみのように見える長い毛があります。
ふさふさとした立派なしっぽもワイルドな雰囲気に一層の風格を加えていますね。
大きな体のせいか、成長ゆっくりなのも特徴で生後3年~5年くらいで完成した体になります。

メインクーンの性格の特徴

野性的な雰囲気、風格ある姿のメインクーンですが、性格は外見とはまったく違います。
温和で物静か、人や他の動物に対しても物おじせずフレンドリーに接することができます。ベタベタの甘えん坊と言うよりは「気が付くといつもそばにいてくれる」猫で、飼い主さんに心地よい安らぎを与えてくれるでしょう。とても頭がよく、投げたボールを加えて飼い主さんのもとに戻ってくる、と言ったゲーム的な遊びもこなせますよ。

 

メインクーンの健康管理

大きくなる猫種なので、たくましい筋肉を維持するためにも高たんぱく、高脂肪の食事が必要になります。運動も大切、飼い主さんが良い遊び相手になってあげましょう。
セミロングの毛並みを美しく保つためにも日々のブラッシングをていねいにしてあげてくださいね。基本的に丈夫なメインクーンですが、遺伝的に肥大性心筋症になりやすいと言う一面も持っています。定期的な健康診断など、獣医さんと相談しながら注意深く見守る必要があるでしょう。

まとめ

野性的で風格ある見た目と裏腹に、かしこく物静かな性格のメインクーン。メインクーンは飼い主さんに穏やかなやすらぎを与えてくれる、すてきなパートナーになってくれるでしょう。

【メインクーンのおすすめ記事】

【ペットシッターが解説】メインクーンとの暮らしで注意すること

 
 

人気のドッグフードは?獣医師おすすめの「ドッグフード」ランキング

特に近年日本で注目されているドッグフードは「人が食べるご飯の様に高品質なプレミアムドッグフード」です。獣医師がおすすめする高品質なプレミアムドッグフードをランキング形式でご紹介!

ドッグフード

おすすめのグレインフリーキャットフード15種をランキング!評判の良いキャットフードは?

猫のフードで最近人気なのが「グレインフリー」。グレインフリーのキャットフードにはどのようなメリットがあるのでしょう?おすすめのグレインフリーキャットフードをランキング形式で紹介!

ドッグフード