猫の噛みつき、すぐできるしつけの方法とは?甘噛みとの違いは?

猫は生まれついてのハンター、狩猟本能のおもむくままに噛みついたり引っかいたりするのは自然な行動です。でも人との暮らしの中、本能むきだしのままでは困ることもありますよね。猫はなぜ噛みつくのか、噛みつきのしつけ方法、甘噛みとはどういうものか、今回はこのようなことについて考えてみたいと思います。

 

猫はどうして噛みつくの?

猫は狩猟本能を刺激されて噛みつく

お気に入りのおもちゃなどに噛みつくのが遊びの延長の噛みつきです。おもちゃなら良いですが、猫の場合人の手や足をおもちゃのように思い、遊びの対象にして噛みついてしまうことも。ふいに人が目の前を横切ったりすると、捕まえようとして足元に噛みついてしまうこともあります。

猫は甘える時も噛みつく

飼い主さんにスリスリゴロゴロ、愛らしく甘えている時、猫はその延長で噛んでくることもよくあります。これが甘噛みと言われるもので、甘噛みは遊びではなく愛着や甘えの表れです。飼い主さんが「これくらいの強さなら問題ない」と思えるようならどうぞ受け入れてあげてくださいね。

遊びの延長で猫に手足を噛まれるのは結構痛いものです。人の手足をおもちゃにしないよう、しつける必要があるでしょう。また甘噛みでも力加減が分からないため強く噛んでしまう場合は、力のコントロールが必要ですよね。

 

どうやって猫をしつけする?

猫のためにやってはいけないしつけの方法

絶対にやってはいけないのは、猫を叩いたり蹴ったりすることです。叩いたり蹴ったりはたとえしつけのつもりでも猫にとっては単なる暴力、飼い主さんとの信頼関係を損なってしまいます。大きな声で「痛い!」などと短い言葉を出すなどの方法もありますが、猫によってはさらに興奮させてしまったり、逆に怯えさせてしまったりする場合もあるようです。

猫にとって良いしつけの方法

効果的なのは、噛まれた手や足を猫の口の奥に向けてグイッと押し出すことです。
噛まれた痛みで思わず手や足を引っ込めてしまいがちですが、猫は逃げるものを追いかける性質があるので、引くとますます興奮して追いかけてしまいますよ。指なら喉の方まで押し込んでみる、上あごの奥をこすってみるなどすると、猫はこれが不快なので噛むことを止めるでしょう。腕や足を噛まれている時は、猫が軽くのけぞるくらいの強さで押し返すのが効果的です。これらを根気よく繰り返すことで、猫は「やってはいけないこと」や「力のコントロール」を学ぶことができるでしょう。

噛みつきは猫にとって自然な行動ですが、飼い主さんと良いコミュニケーションを保つためにもある程度のコントロールは必要です。猫のために、また飼い主さんのためにも効果的なしつけでより良い関係を築いてくださいね。

関連記事