2016年12月28日更新

あなたの猫が行方不明に….迷子の猫を捜すベストな方法とは?

もし、ある日突然、あなたの愛猫が行方不明になってしまったら…考えただけでも動揺しますね。

しかし、動揺していても猫は見つかりません。

今回は、そんなアクシデントにどう向き合ったら良いかを紹介しましょう。

放し飼い猫と室内猫の違い

猫_素材cat-559200_640
同じ猫の行方不明でも外に出る猫と室内飼いの猫とでは、飼い主さんの捉え方が違うでしょう。

屋外を生活拠点にしている猫の場合、特にオスであれば2~3日外出して戻ってこないことはよくあるからです。

おそらく、少しするとひょっこり戻ってくることを期待して、しばらくは捜索しない飼い主さんも多いのではないでしょうか。それでも行方不明後2日目あたりからは、捜索に向けて心の準備をした方が良いかもしれません。

より心配なのは室内飼いの猫でしょう。飼い主さんが気付かないうちに、愛猫が家から脱走してしまったとしたら、やはりすぐに行動を起こすべきでしょう。

外に慣れた放し飼いの猫に比べて、室内飼いの猫は事故に合いやすく、迷って帰り道が分からなくなることも少なくありません。

放し飼いの猫、室内飼いの猫ともに探し始めるタイミングが変わってきますが、捜索方法は変わりません。捜索すると決まったら、迅速にことを進める必要があります。

猫を探す方法・手順

関連施設に問い合わせる

imasia_1584845_S
考えたくないことですが、行方不明の猫は交通事故にあったり、保護されて保健所に連れていかれたりしている可能性があります

そういった施設に愛猫がいないかどうか、電話で連絡してみます。

近くの保健所、動物病院、動物愛護センター、管轄内の警察などには連絡を取って、身元不明の猫がいないかどうか、聞いてみましょう。

自分で近所を捜してみる

猫_素材5f4b8c76682db578b4d19e077fc3b24f_s
当たり前のことですが、最初はまず飼い主さん自身で近所を捜してみましょう。探す場合は、猫の年齢、季節、性格などを考慮して効率的に見廻るのがコツです。

例えば、高齢の猫であれば比較的近所にいる可能性がありますし、どちらかというと低いところにいる可能性が高いでしょう。

また、暑い季節なら日陰を、寒い季節なら日当たりの良さそうなところから探してみましょう。

室内飼いの猫の場合、外に出てみたものの、今まで生きてきた環境との違いに驚いて物陰に隠れている可能性があります。

側溝の中、塀の隙間なども注意して見てみることをおススメします。いずれにせよ、外を探すときは猫の写真とケージ、フードを忘れずに。

写真があれば、近所の人への聞き込みの際に便利ですし、ケージやフードは猫が見つかった時の確保に役立ちます。

迷子捜索ポスターを作ろう

猫_素材cat-938667_640
近所を捜しても見つからず、関連施設にもいないとなると、捜索が長期化する可能性が出てきます。思ったより遠くに行ってしまっている可能性もありますので、ポスターで一般の方からの情報を収集します。

ポスターには猫の写真、名前、いつどこで行方不明になったか、猫の性格、飼い主さんの連絡先などを入れます。

猫の写真は1点だけでなく、さまざまな方向から撮影した写真を入れると良いでしょう。手元にある写真はカメラ目線のものが多いと思いますが、できれば後姿、横から見た姿も入れておくと、発見してもらう確率が高まります。

ここで気を付けたいのが個人情報やセキュリティの問題。猫の捜索に協力的でないばかりか、いたずらや嫌がらせの連絡が来る可能性もありますので、

  • 連絡先は携帯にする
  • 飼い主さんの本名や住所は入れない
  • 謝礼については「情報により猫が戻ってきた場合」に限定する…など注意も必要です。

ポスター制作にはパソコンを使う人が多いと思いますが、レイアウトなどちょっと苦手と言う人は、通販印刷サービスのテンプレートなどを使うと良いでしょう。

そもそも、パソコンが使えないと言う人は、手書きでも良いのです。捜索にはスピードが大切ですので、できることから手をつけましょう。

ポスターが出来上がったら、近所への配布、スーパーや町内会の掲示板への掲出、動物病院への掲出などを中心に、なるべくたくさん配布、掲出するようにします。

慣れないと大変な仕事ですが、ここが頑張りどころでしょう。

ペット探偵に依頼する

素材detective-156647_640
自分で探したくても、まとまった時間が取れなかったり、飼い主さんの体調が思わしくなく思ったように動けない場合もあるでしょう。

そんな場合はペット探偵に依頼するのもひとつの方法です。

もちろん、料金もかかりますが、いままで紹介してきた内容はほぼ代行してくれますので、いくつかの業者に料金など問い合わせてみても良いでしょう。

一番大切なのは迷子にしないこと

猫_素材feline-1094428_640
一旦、猫が行方不明になってしまったら、どんな手段を講じたとしても最後は神頼みになってしまいます。

こんなことにならないためにも、猫は完全室内飼いにして脱走しないように管理することが大切です。また、万が一を考えて、迷子札やマイクロチップを装着することもおススメします

不幸なアクシデントで愛猫とお別れなどという事態にならないよう、心掛けることが必要です。

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

大切な愛猫が事故に合わないために。脱走を防止できる対策は?

猫と暮らすとき室内飼いが推奨されているのは知っていますか?猫の室内飼いの「困った!」になるのは猫の脱走です。脱走するとなぜ困るのか、脱走防止策はどのようなものがあるのかお伝えします。 ……

猫の選び方・迎え方

【獣医師が解説】子猫の授乳をする時の注意点

生まれて間もない子猫を保護したら、その日から子猫への授乳を行なうことが必要です。生まれて間もない子猫への授乳を適切に行なうことは、子猫の命を守るためにとても大切なことなのです。ここでは、保護……

初めて猫を飼う心構え

猫を飼っているのに猫アレルギーに!困った時に役に立つ対策まとめ

猫を飼っているのに猫アレルギーになってしまったら困りますよね。今まで平気だったのになぜ?と思われるかもしれませんが、猫アレルギーは猫を飼っている人にも起きる可能性があります。 家族の一……

猫の毛のお手入れ

生まれたての猫が来た!初めての方へ。子猫の育て方・授乳・排尿などについて

家で子猫が生まれたり、思いがけなく子猫を拾ってしまったら、どのように対処すれば良いのでしょうか? 猫を飼った経験のある人でも、子猫となると勝手が違います。 生後1ヶ月以内の子猫の場合、……

猫のトイレグッズ

猫が初めて家に来た!猫を家に迎え入れる時に知っておきたい5つのこと

ペットショップで購入したり人から譲り受けたりして猫が初めて家に来る日…新しい猫の飼い主さんとしては嬉しさと不安が半分半分なのではないでしょうか。猫は新しい飼い主さんや家に慣れるのに時間がかか……

初めて猫を飼う心構え

初めての猫との暮らし 迎える前に何を購入しておけばいい?

きちんと準備しよう 猫と初めて暮らすときに何を準備しておけばいいのかわからないことも多いかと思います。 スムーズに猫との暮らしが始められるようにあらかじめ何を準備しておけばいいのでしょう……

猫の幸せ

【獣医師が解説】猫を飼う前に本当に飼えるかどうか考えてみませんか?

「日中は留守にしている人のペットには猫がオススメ!」そんなことを聞いたことのある人は多いでしょう。確かに、散歩が必要ない猫は、日中留守にしている人や忙しい人にとって、魅力的かもしれません。で……

初めて猫を飼う心構え

猫の多頭飼い、準備と注意点、6つのチェックポイント

猫同士が寄り添って眠ったり、じゃれ合ったりする姿は見る人の心を和ませてくれますよね。 仕事などで飼い主さんの不在が長い時、ひとりでお留守番をさせるより仲間がいたほうが猫も遊び相手ができ……

猫の幸せ

【獣医師が解説】生後1ヶ月までの子猫で動物病院の受診が必要となる症状一覧

子猫を保護したら、まずはできればその足で、それが難しくてもその日のうちには動物病院を受診して、必要な検査や処置を受けなくてはなりません。その後、自宅で子猫を育てているうちに、子猫の様子がおか……

初めて猫を飼う心構え

【獣医師が解説】子猫を保護した時の緊急措置方法!必ず読んでください!!

母親のいない子猫を保護した場合、保護した子猫には人間がミルクを与えなくてはなりません。特に、生まれて間もない子猫は一日に何度もミルクを飲むことが必要です。本来、子猫の哺乳には子猫専用のミルク……

初めて猫を飼う心構え

猫との関係を考え直そう!幸せな生活のための猫との距離の取り方【獣医師が解説】

愛猫家の人が増え、猫を飼う環境や接し方へ理解が深まるとともに幸せな猫も増えてきています。しかし、猫を好きすぎるあまり、猫との距離感を間違えてしまう人もいるようです。最近では、猫と人が依存しす……

初めて猫を飼う心構え

【獣医師が解説】哺乳瓶からミルクを飲んでくれない時は…慌てないでこちらをお読みください!

保護した子猫を動物病院へ連れて行って健康診断や必要な処置を受け、哺乳瓶などの授乳グッズをそろえ、いざ、自宅での子猫への授乳をスタート。でも、子猫が哺乳瓶からミルクを飲んでくれない…。そんなこ……

初めて猫を飼う心構え

【獣医師が解説】子猫に必要な世話のひとつ、排泄の介助

生まれて間もない子猫を保護した時、 「保温」と「授乳」と合わせて、子猫に必要な世話のひとつに「排泄の介助」があります。母猫がそばにいる場合、子猫は自力で排泄できるようになるまでは、母猫が子猫……

初めて猫を飼う心構え

【獣医師が解説】子猫がどうしてもミルクを飲んでくれないときは・・・異変が起きる前に確認しておきましょう。

子猫にどうしてもミルクを飲ませることができない時には、まずは落ち着いて子猫の状態をよく見てあげてください。子猫が明らかにぐったりしていて元気がない場合や、保温しているにも関わらず子猫の体温が……

初めて猫を飼う心構え

赤ちゃんと猫の同居には安全対策と事前の準備が大切!

夫婦ふたりと猫の暮らしに、新しい命が増える時の喜びはとても大きいものですね。赤ちゃんと猫の同居は可能ではありますが、注意しなくてはいけないこともあります。 猫が過ごす部屋と赤ちゃんの過……

猫の幸せ