猫はなぜお風呂を嫌がるの?猫をお風呂に入れるコツと注意点とは?

お風呂を嫌がる猫はとても多いものです。これは、猫の祖先であるリビアヤマネコの生態によるものだと考えられています。

猫をお風呂に入れる際は、あまり無理をせず、猫の体調を見ながら丁寧に行いましょう。

 

猫がお風呂を嫌がる理由

猫の祖先はもともと砂漠に住んでいました。そんなこともあってか、水に濡れることを本当に嫌がります。

また、セルフグルーミングと言って、自分で体をキレイにすることもできます。むしろ、濡れることによってキレイにしていた毛並みが乱れてしまうので、嫌がることもあるのです。

とはいえ、長毛種の猫や外に出ることが好きな猫の場合、やはり定期的にお風呂に入れて体をさっぱりさせてあげたいものです。また、抜け毛がひどい季節は、お風呂やシャワーによって抜け毛対策をすることもできます。

去勢避妊手術をしていない猫ちゃんの場合、尿スプレーによって体がにおってきてしまうことがあります。お尻や尿がかかった足のあたりなどは、特ににおいがきつくなります。

そんな時は、猫の体をきれいにすることが必要でしょう。

きれい好きな猫ちゃんであっても、十分にきれいにすることができなかったり、自分の舌が届かない場所はあるものです。お風呂やシャワーなどで、体をきれいにしてあげることが必要になるときもあります。

 

お風呂場の環境、バスタブに慣れさせる

猫をお風呂場に連れていくだけで、大暴れしてしまうという場合もあるのではないでしょうか。

猫にとっては、慣れていない場所、音、におい、そして、水、全てが恐怖になってしまいます。まずは、お風呂場に行く習慣を持ち、苦手意識を減らしていきましょう。お風呂場や脱衣所でブラッシングをしてあげるだけでも、最初のうちは十分です。

トイレや水飲み場をお風呂場の近くに置いてみることもひとつの工夫です。まずは、環境に慣らしてみるとよいでしょう。

環境に慣れてきたら、ペット用のバスタブを用意してあげてもよいでしょう。シャワーが苦手な猫ちゃんの場合、ペット用や赤ちゃんのバスタブを使うことで、優しく洗うことができます。

シンクに置くことができるタイプのバスタブやマットなどは、お風呂に慣れた猫ちゃんの場合、とても便利です。

 

猫を洗う際の注意

猫をお風呂に入れる場合、まずは体調確認をしっかりしましょう。その上で、ブラッシングや耳掃除、爪切りなどの準備をしてから、体を濡らすようにします。

体を濡らす際は、できるだけ手で優しくかけ湯をしたり、シャワーヘッドを体に近づけて弱めにするなど、湯の勢いを弱くします。

顔にかからないように注意することも大切なポイントです。

シャンプーは猫用のものを使い、指で優しく全身に行き渡るようにしましょう。首から体の下側に向けて洗い、足先まで洗っていきましょう。

尾や陰部周辺、肛門周辺も丁寧に洗ってあげることが大切です。顔は、濡らしたタオルやスポンジで洗うとよいでしょう。

洗い流す際も、丁寧に行い、しっかり水気を切ってからタオルドライするようにします。乾かす際も、ドライヤーを弱にして、温風で猫が恐怖を感じないように注意してあげましょう。

 

焦らず猫の様子を見てシャンプー

猫ちゃんをお風呂に入れる際は、まずは丁寧に焦らず行うことが一番です。とはいえ、大暴れしてしまう猫ちゃんも多いものです。

場合によっては、濡れタオルやペット用シャンプータオルを使って拭くだけにしたり、ドライシャンプーを利用してみましょう。

少しずつお風呂の気持ちよさを知ってくれると嬉しいものですね。

関連記事