猛暑は猫にとってもツライ!夏バテをさせないように食事と環境に注意!

暑い夏がやってくると、猫の体調管理にも気をつけてあげる必要があります。

猫にとっても、夏バテはつらいものです。場合によっては、熱中症や重大な病気を引き起こしてしまうこともあります。

食事やお部屋の環境など、十分注意してあげましょう。

 

猫の夏バテに要注意

もともと、猫は夏になると、運動量や食事の量が控えめになります。これは、猫にとってはとても自然なことですが、夏バテを起こしてしまうこともあります。

また、他の病気などになっている場合もありますので、明らかに元気がない時や、体重が減少している時などは、獣医師に相談するようにしましょう。

お部屋の中でも、熱中症になってしまうことがあります。日頃から、室温には十分気をつけるようにしましょう。

水を十分に用意

猫が夏バテ気味になり、食欲不振になってしまうこともあります。普段から、新鮮なお水を用意して、水分補給を積極的に行えるようにしましょう。

お水は、猫が普段行き来しているお気に入りの場所、涼しいところなど数ヶ所に置いてあげるようにするとよいでしょう。

ドライフードのみを食べている場合は、特に水分をしっかり取っているかチェックしてください。

食事の内容や水分量にも注意

食べているフードの量もこまめにチェックしてあげるようにしましょう。

ドライフードだけでなく、水分を取れるようにスープタイプの物や、ウェットフードをあげてもよいでしょう。

ドライフードが好きな猫であっても、少量の水をくわえながらあげるなど、夏はフードと一緒に水分を多めに取れるような工夫をしてあげると、水分不足になりづらいです。

それでも、食欲不振になってしまう猫もいます。そんな時は、まずは食べてくれる物を与えることが一番です。

普段よりも、時間をかけて、手からあげてみたり、風味の強いふりかけやかつおぶしなどのトッピングをかけてあげるだけでも、食欲を刺激することがあります。

ただし、夏の間は、食べないからといってずっとフードを置いていると、傷みやすく、それが猫の体調不良を引き起こす原因につながってしまうこともあります。食べ残しは必ず捨てるようにしましょう。

 

猫のために涼しい場所を作ろう

猫にとって涼しく快適な空間を作っておくことも、夏バテ対策として大切です。

猫が好きな高い場所は、実は熱気がこもっていたり、ふとした瞬間に閉め切ったお部屋やトイレなどに閉じ込められて熱中症につながってしまうこともあります。

専用のマットなどを上手に利用しながら、冷たい場所を作っておくこと、猫のベッドに冷感マットを入れてあげるなど、体温が上がらないような工夫をしてあげることも重要です。

万が一、呼吸が荒くなっていたり、ぐったりした様子があるなど、熱中症が疑われる時は、すぐに猫の体を冷やし、動物病院に連れて行くようにしましょう。

 

猫の体調管理

猫は犬よりも暑さに強いといわれていますが、連日の猛暑となると、やはり、体調を崩す原因になってしまいます。

食事の管理やお部屋の環境に気をつけて、大切な愛猫が元気に過ごせるようにしましょう。

関連記事