2016年3月5日更新

【獣医師監修】愛犬の元気がない?無気力?犬のストレスの症状と対策について

現代の犬たちは、人間と同様に日々、様々なストレスが蓄積されています。このような状態が長期間続くと、心が疲れて無気力になったり、様々な問題行動の引き金になったりしかねません。

愛犬の心が「疲れている」と感じたら、うまく解消させて心のケアをしましょう。大切な事は、飼い主さんと愛犬との深い絆です。

ストレスを抱えているときのサイン

  • つまらなそうにしていて、元気がない
  • 普段やらないような悪戯が増えた
  • 頻繁に同じ場所をクルクル回るようになった(自分の尻尾を追う)
  • 物を壊す破壊行動が増えた
  • 言う事を聞かない(指示に従わない)
  • 落ち着きがなくなった
  • 散歩で、グイグイ引っ張るようになった
  • 些細な事でも、たくさん吠えるようになった

などの普段と違った行動が増えたなら、それは愛犬からのSOSかもしれません。

犬がストレスを感じる原因

  • 刺激のない生活(寝ているだけのつまらない時間が極端に長いなど)
  • 飼い主さんと離れることへの不安(留守番の時間が長い)
  • 運動不足(散歩時間が短い、満足していないなど)
  • 落ち着かない環境(留守番中の行動範囲が広すぎるなど)
  • コミュニケーション不足(スキンシップの不足)

などです。

原因別のストレス対策方法

刺激のない生活

犬種によって必要な運動量も違いますが、時間がない時は留守番前の5~10分、たとえばゴミ出しの時に愛犬を家の外に連れて行くだけでも、外の風を感じたり、地面の感触を感じたりすることができます。このことは、犬にとっては大きな刺激になり、リフレッシュできます。

また、日替わりで留守番前のオヤツをあげると、「今日は何かな」とワクワクした気持ちになるかもしれません。

飼い主さんと離れることへの不安

犬はもともと、群れで生活をして群れのリーダーに従って行動する生き物です。留守番が得意な犬は本来いないのです。そうは言っても、24時間365日ずっと一緒にいるわけにもいきません。飼い主さんも外出しないわけにはいかないので、飼い主さんと離れることに慣れさせないといけません。

飼い主さんと離れている事に慣れれば、やむを得ない事情でペットホテルに預ける時などのストレスも軽減できます。

そのためには、日頃からスキンシップをとり、信頼関係をしっかりと築く事が大切です。

家での留守番でも、それ以外での留守番でも、時間が来れば必ず飼い主さんが迎えに来る、帰ってくると理解させればいいのです。まさに、有名な物語「ハチ公」がそれです。誰が何と言おうと、ハチ公は主人を待ち続ける、深い絆があったのです。

運動不足

飼い主さんが多忙で、ゆっくりと散歩の時間をとれない時は、室内で散歩に代わる遊びをしてリフレッシュさせてあげましょう。

愛犬の得意なこと、芸などが上手にできたらたくさん褒めてあげましょう。褒められる事で、愛犬は自信を持って、気持ちも満たされます。

落ち着かない環境

愛犬が「ここにいれば安心」と思えるお気に入りの場所を見つけてあげましょう。たとえば、愛犬用のベッドとかクレートなどを用意してみましょう。犬は暗くて狭い場所に入ると安心します。家中を自由に歩き回れるようにしておくことは、実は犬にとっては広すぎて落ち着かない、ということがあります。

コミュニケーション不足

毎日、話しかけるだけでもよいのです。忙しくてあまり構ってあげられない時でも、やさしく声をかけてあげるだけで愛犬は癒されるはずです。

愛犬が静かにおとなしくしている時に声をかけましょう。一日に最低一回は心を込めて愛犬を撫でてあげましょう。それだけで愛犬は安心します。おすわりや待て、といったしつけも、飼い主さんと愛犬の大事なコミュニケーションになります。

小さなことの積み重ねで少しずつ絆を深め、愛犬ができるだけストレスをためないようにしてあげましょう。

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

こんな楽しい場面でドキドキ、ビクビク? 気をつけてあげたい愛犬の意外なストレス

いつも以上に家族と一緒に遊べる時間が増える休日は、愛犬にとってもスペシャルタイム。新しい場所に連れて行ってもらったり、新しい犬仲間や人とのふれあいがあったり。 ただ喜びながらも、私たちが気……

愛犬のオーラルケアに、ストレス発散に!犬のおもちゃ ボーンタイプ10選

たいていの犬が大喜びするおもちゃというと、ボーンタイプを浮かべる方も多いかもしれません。今回は犬に大人気のボーンタイプのおもちゃを集めてみました。 愛犬のタイプや大きさ、気質などによっ……

犬のストレス

犬だって嫉妬するワン!!犬のストレスの症状・原因と解決方法

犬も感情を持った動物です。そして、喜怒哀楽もしっかりと主張する感情豊かな動物なのです。 飼い主が落ち込んだりしている時に、寄り添ったり、様子を伺ったりしてくれることがありますね。人間の……

犬の言葉・気持ち

【動物看護師が徹底解説!】ストレスを感じている犬の特徴

最近は犬に関するテレビ番組なども増えてきていて、専門的なことを積極的に勉強しなくても、なにとなくテレビを見ているだけで詳しい情報を得られる時代になりました。特に病気に関することはどんな飼い主……

犬のカーミングシグナル

人間の1時間=犬の4時間!?犬のストレスの原因と飼い主が気を配ってあげたい事

犬にもストレスがあるって知っていますか?実は、私たち人間と暮らしている犬にも自然とストレスが発生している事があるのです。 様々な病気や体調不良もストレスから引き起こされている可能性があ……

犬のストレス

【好評!】 犬用ケージ(ドッグケージ)おすすめ10選!

犬用のケージは、しつけができる大切なものです。飼い主と同じ行動範囲でしか生活をしてない場合、対等な立場と思い込んでしまい、問題行動を引き起こすこともあります。留守番の時はイタズラ防止になり、……

【ドッグマナー協会理事が解説】愛犬のストレスを見抜く8つの要因

ストレスが現代病とまで言われている近年、人と暮らす”犬”もストレスにさらされています。 愛犬のストレス ストレスは様々な病気や問題行動を引き起こす引き金にもなりかねません。自分の……

犬のストレス

【ドッグトレーナーが解説】犬の後追い行動の原因と対策とは?

『後追い行動』とは、どこに行くにもついてくる行動のこと。 室内で、人が立ち上がったり、トイレやお風呂にもついてくる… この行動が愛おしいと思うか、面倒と思うか、又は心配と思うか。思い……

犬のストレス

あなたの愛犬も肩こり持ちかも?正しいマッサージで犬の肩こりを解消!

[関連記事]愛犬をマッサージしよう! 犬のマッサージの効果と方法について 『愛犬の肩こり』と聞いて、「犬にも肩こりがあるの?」って思った方もいるのではないでしょうか。意外と知られていな……

犬のストレス

【愛犬のお留守番】ペットシッターさんにお願いするメリットデメリット

愛犬と一緒に暮らす方にとって、長時間の愛犬のお留守番はやはり様々な心配がつきものです。そんな時に心強い存在がペットシッターです。ペットシッターを頼む場合は、事前に準備が必要となります。愛犬が……

犬のストレス

噛ませる、弾ませる!犬のおもちゃ ラバータイプ10選

犬によって好みがありますが、咬み心地がよく、丈夫なラバーは犬のおもちゃのなかでも人気がある商品と言えます。 今回はラバー(ラテックス、ゴム)の犬のおもちゃを集めてみました。出来る限りナ……

犬のストレス

足先を過剰に舐めていたら注意! 獣医師に聞く、犬が見せるストレスフルのサイン

ひとり暮らしの人に、自宅で留守番中のペットをチェックするスマホアプリが人気と聞きます。「屋内での終日の留守番のストレスが原因で脱毛や体調不良、自傷行為などを起こし病院に来るケースがあります」……

【大阪】おすすめ!ドッグラン10選

リードを外して自由に運動をさせてあげたくても、なかなか普段、近所ではできないですよね。 思いきり遊んだり運動したりできる場所に連れて行ってあげたい、と思うときに行くドッグラン。 ……

犬のストレス

愛犬家必見! 犬がストレスを感じる瞬間 3選

いつも無邪気で悦びに満ちているように見えるペットの犬たち。飼い主さんを癒し、ストレスを解消させてくれるありがたい存在でもあります。でもちょっと待ってください。実は犬たちの方も意外なことでスト……

犬の雑学

ペットシッターが教える!興奮している犬猫を効果的に落ち着かせる方法

いつもは穏やかな表情を見せてくれている愛犬や愛猫が、豹変したように興奮してしまった時は、飼い主さんも動揺してしまうかもしれません。しかし、興奮には、なんらかの理由があるものです。その理由を探……

犬のストレス