2016年4月30日更新

柴犬ってどんな犬?性格や飼う時の注意点をまとめました!

くるっと巻いた尻尾。愛嬌があって表情豊かな顔。柴犬は今も昔も国内外で人気のある犬種です。日本犬というイメージから、優しくて穏やかな性格と思われている方も多いのではないでしょうか。しかし意外と気が強くてしつけも一筋縄ではいかない犬種なのです。
縄文時代から日本人のパートナーとして慣れ親しんできた日本の天然記念物に指定されている柴犬。そんな柴犬について改めてご紹介します。

柴犬が気を付けたい病気

【関連記事】柴犬の病気〜獣医師が解説する柴犬のかかりやすい病気〜
柴犬は綺麗好きで病気にも強いので、そこまで病気について神経質になる必要はありません。その代わり、長寿なので老化に伴い発症しやすくなる病については、しっかりと意識しておく必要があります。

柴犬の性格

柴犬はプライドが高く独立心が強い性格をしています。見かけによらず気性も荒くて、警戒心も強く、誰にでもすぐ懐くような性格はしていません。
無駄吠えも多く頑固な一面もあり、一度習慣付いてしまった悪癖などを矯正するのにはかなり骨が折れるでしょう。

柴犬のしつけ

頑固で警戒心が強いからこそ、柴犬はしつけがかなり重要です。無駄吠えのしつけにはかなり苦労することも多いですが、柴犬も根気強い性格な一面もあるので、諦めずしつけを続けていくことが大切です。子犬の頃からちゃんとしつけをしていけば、飼い主にはとても従順で忠実。おまけに不審者にはしっかりと吠えてくれる優秀な番犬にもなります。
活発で運動好きなので散歩や一緒に遊ぶ時間は長めにとってあげましょう。

柴犬の寿命

比較的寿命が長い中型犬のなかでも、柴犬は特に長寿です。
平均で12歳から15歳、人年齢に換算すると73歳から88歳ほどの寿命です。
余談ですが26歳9ヶ月という長寿のギネス記録に登録されている犬も、柴犬の雑種なのですよ。

白内障

歳をとるにつれて、瞳が白く濁ってきます。症状が進行すると視界が徐々に悪くなるので、思わぬところで怪我をしてしまうリスクが増えてきます。散歩中はしっかりとリードを引き、家では危ないものを予め避けておくといった対策が必要です。

痴呆症

柴犬は痴呆を発症する確率が他の犬種よりも圧倒的に多いのです。夜鳴きや排便など、痴呆を発症した犬の介護は飼い主にとってかなりの負担になります。柴犬を飼う時点で将来「介護をするかもしれない」という覚悟を持つことが大事でしょう。
またDHAを多く摂らせるなど、痴呆にならない対策も普段から心がけていきましょう。

柴犬について詳しく知りたい方はこちら
柴犬の基礎知識まとめ

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

アイリッシュ・セッターの性格・食事・性格

アイリッシュ・セッターの特徴や性格 アイリッシュ・セッターは艶やかな毛がとても魅力的な犬種です。寿命は13年前後と言われていますが、7歳ごろから老化による症状が出やすいとも言われています。……

犬の習性

スピノーネ・イタリアーノの歴史、性格、寿命、特徴

スピノーネ・イタリアーノの歴史 イタリアン・スピノーネ、イタリアン・ワイアーヘアード・ポインター、イタリアン・グリフォンなど様々な犬種名を持っています。 13世紀には存在していたとい……

犬の習性

クバーズの寿命・飼うときの注意点のまとめ

古代にハンガリーからチベットへ入った犬と考えられており、当時は貴族や王族の警護犬として活躍していました。クバーズという名前は、トルコ語で「武装して貴族を警護する」という意味があり、当時のこの……

犬の習性

オッターハウンドの飼い方・遊び方まとめ

ふさふさの眉毛でとても愛嬌がある顔立ちが印象的な犬種です。こう見えて泳ぎの名人でもあり、古くはカワウソ(otter)猟で活躍していた犬種と言われています。 こんなに毛むくじゃらで大きい……

犬の習性

【動物看護師が徹底解説!】犬猫が傷口をなめるのはどうして?対処法は?

愛犬、愛猫が怪我をした時、動物病院で治療を受けると必ずといっていいほどエリザベスカラーを付けておいてください、と言われませんか?カラーを付けるととても窮屈そうだし、動きにくそうで、飼い主さん……

犬の健康と病気

スムース・フォックス・テリアの歴史、性格、寿命、特徴、飼い方は?

スムース・フォックス・テリアの歴史 キツネ狩りが得意な犬をイギリスではフォックステリアと呼んでおり、当時は各地で様々なフォックステリアが活躍していましたが、特に優秀であったのが、被毛が短毛……

犬の習性

キング・チャールズ・スパニエルの大きさや寿命などの基本情報まとめ

キング・チャールズ・スパニエルの歴史 イギリス王室で可愛がられた犬「国王の犬」として命名された世界的に人気のある犬種のひとつです。あまりにも長い名前である事と、別にキングチャールズスパニエ……

犬の習性

【獣医師監修】失明の可能性も!犬の緑内障について知っておこう

眼の病気のうち、白内障とともに有名なものとして「緑内障」があります。緑内障とは、眼球の内部の圧力(眼圧)が上昇することで視神経と網膜に障害が発生し、視力障害を起こしてしまう病気です。 ……

犬の目の病気

ラブラドール・レトリバーの性格・特徴、飼うときの注意点など

ラブラドールはカナダのラブラドール州にちなんだ名前で、この島の漁師が網や竿から外れた魚を回収する目的で連れ歩かれていた犬がラブラドールレトリバーの起源と言われています。四肢に水かきを持ち、水……

犬の習性

ゴードン・セッターの特徴や寿命など

スコットランド原産のこの犬の起源は、ブラック・アンド・タン・セッターであるといわれ、この犬の改良に尽力したゴードン公爵の名前をとり、ゴードン・セッターと名付けられました。数あるセッター種の中……

犬の習性

シェットランド・シープドッグの大きさ・寿命・性格など初めて飼う方に知ってほしい情報

シェットランド・シープドッグの歴史 スコットランドのシェットランド諸島で牧畜犬として飼育されていた犬がオリジナルといわれています。この島は土地が痩せていて作物が育ちにくく、結果、家畜のサイ……

犬の習性

ワイマラナーの歴史、性格、寿命、特徴、飼い方は?

ワイマラナーの歴史 ルーツはポインターとマスティフの交配により改良されたといわれるこの犬の最大の特徴は、たくましい筋肉と輝くシルバーグレーの体色、琥珀色かブルーグレーの瞳を持つ優雅な肢体で……

犬の習性

ラサ・アプソの歴史、性格、寿命、特徴

ラサ・アプソの歴史 その歴史は長く、一説には2000年以上もの歴史がある犬とも言われています。チベットで僧侶や貴族によって繁殖された門外不出の犬種だったそうです。 現在ラサ・アプソと……

犬の習性

グレーター・スイス・マウンテン・ドッグの寿命や大きさなど基本情報まとめ

スイス原産の山岳犬、牧畜犬とされています。起源は古代犬にさかのぼる最も古い犬の子孫であるのにもかかわらず、各国のケンネルクラブで独立種として登録され始めたのは近年になってからという珍しい犬で……

犬の習性

ペットの法律、知ってますか?ペットに関する法律と飼い主の義務・罰則

ペットは法律上では「物品」として扱われていますが、命ある大切な存在であることは人間と変わりません。 昭和48年に施行された動物愛護管理法は動物を虐待から守るための法律でしたが、その後、……

犬の健康と病気