2015年5月14日更新

北海道で犬の椎間板ヘルニアに強い獣医のいる動物病院10選

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

ダックスフンドほか、犬に多い椎間板ヘルニア。放置しておくと、歩行が困難になったり、排泄もままならなくなるなど、とても大変な病気です。

かつては、手術が困難であるといわれていましたが、現在は高度病院(大学病院など)以外でも治療が可能になってきています。

今回は、北海道の動物病院の中から椎間板ヘルニアに強いとされる10病院をピックアップしてみました。

 

北海道の椎間板ヘルニアに強い動物病院

(順不同※)2015年4 月現在

どうぶつ園通りの動物病院

特徴

ワラビー動物病院グループの一つ。(埼玉県蕨市 ワラビー動物病院、埼玉県川口市 はとがや動物病院)椎間板ヘルニアのグレードによる治療成績は、グレード1の内科医療成功率100%、外科医療100%。グレード2内科医療84%、外科医療100%。グレード3内科医療100%、外科医療95%。グレード4内科医療50%、外科医療90%。グレード5の48時間以内、内科医療7%、外科医療50%。

歩けなくなってしまう愛犬については手術を強くすすめ、4以上の場合はほぼその日のうちの手術となります。

アクセス・連絡先

住所 〒 078-8243北海道旭川市豊岡13条5丁目4番25号
電話 0166-32-8899
ホームページ http://warabee.jp/doubutu/index.html

表参道ペットクリニック

特徴

西洋医学に基づく治療以外にも、伝統医学に基づく漢方、鍼灸、食養生、西洋ハーブ、アーユルヴェーダ、オゾン療法、オゾンスパ、炭酸泉入浴など様々な治療の選択肢を用意している病院です。

「 伝統医学、その他療法を組み合わせることで、自己治癒力を最大限に引き出し、
精神的なサポートも含め患者さん個々のオーダーメイドの治療を提案します。」(ホームページより)

また他院で治療されている場合や、手術を望まれない方にも対応が可能とのこと。初期のヘルニアの場合や、また手術後のケアはこちらで、という飼い主さんもいます。

アクセス・連絡先

住所 〒060-0002  札幌市中央区北2条西17丁目
電話 011-642-1001
ホームページ http://www.lotus-petal.jp/

えのもと動物病院

特徴

動物の神経病の診断、治療,脳外科・脊髄外科・脊椎外科・発作の治療等がこちらの病院の特色です。設備、機器もそろっており、オープンMRI装や4チャンネルマルチスライスCTもあります。

神経疾患の迅速で正確な診断、治療を行っていけるように努力をしているとの事。

麻酔をかける際にも 麻酔管理を十分に行い、麻酔担当獣医師が管理をする病院です。

神経関連の手術は、すべて手術顕微鏡下で行うということです。

夜間救急については札 幌夜間動物病院( http://sapporo1299.net/ )が対応しているので、夜に急に具合が. . . という時にも安心です。

アクセス・連絡先

住所 〒006-0814 札幌市手稲区前田4条8丁目1-3
電話 011-681-1212
ホームページ http://www.vet-enomoto.com/

新千歳動物病院

採血などの検査、また治療は、飼い主が一緒にいても安全な時は可能な限り飼い主の前で行ってくれるという病院です。

椎間板ヘルニアの手術の流れとしては、手術前にCT、MRI、脊椎造影検査にて疾患を確定~場所決めをしてからオペとなっています。

一刻を争う病気であるとして、診断後は一刻 も早いオペを目指しています。できうる限り最新機器を導入していっています。

院長ブログ (http://shintitoseanimal.blog25.fc2.com /)には、外科手術などの症例も多数掲載してあります。

アクセス・連絡先

住所 〒066-0078 北海 道千歳市勇舞5丁目1番1号
電話 0123-23-0055
ホームページ http://www.new-chitose-animal-clinic.co.jp/

ハート動物医療センター

CTなどを備えている病院。富良野アニマルクリニックの旭川分院として旭川神楽に平成17年に開院しています。

地域のホームドクターとして、また、高度獣医療への挑戦も継続しているとの事。CTや超音波診断装置など、高度な医療機器設備が整っています。

CT検査は麻酔、造影剤含んでの価格が37650円(検査部位によって料金が変わります)となっています。

麻酔専門医や脳腫瘍等の難易度の高い手術の実績を持つ病院です。

アクセス・連絡先

住所 〒070-8004 北海道旭川市神楽4条13丁目8-9
電話 0166-60-4417
ホームページ http://www.heart-animal.com/

富良野アニマルクリニック

特徴

診断精度を高めるための高度な機械の導入、高度な技術(心エコー、内心鏡)、治療についての選択肢の説明、治療費の説明、インフォームドコンセント、安全な麻酔及びその後のアフターケア、術前から動物の痛みに対するコントロールを心がける、というのがコンセプトの病院です。

平成元年4月開院しており、旭川に分院のハート動物医療センターがあります。

アクセス・連絡先

住所 〒076-0036北海道富良野市字島ノ下
電話 0167-23-5985
ホームページ http://furanoanimal.com/

北海道動物運動器病院

特徴

健康の源である「運動器」(骨、軟骨、関節、筋肉、腱,靭帯)の病気(椎間板ヘルニア,椎体不安定症,神経炎,血栓症等)の治療に力を入れた病院です。

最新獣医療と、経験、実績があるということ、動物であるための「動く」を守るというのがモットー。麻酔をかけない検査として触診、神経学 的検査、レントゲン検査、関節液の検査があり、麻酔をかける検査としてCT検査、関節鏡などがあるとのこと。CTは状態により無麻酔で行うことも あるそうです。

CT検査における麻酔時間は5-10分程度と、できる限り負担が少ないように行われています。こちらでの病院の入院はほとんど一泊二日のため、重度の安静が必要な場合などはホームドクターと連携をとり、数日の入院後転院させるなどしています。

アクセス・連絡先

住所 〒064-0953 北海道札幌市中央区宮の森三条10丁目3-8
電話 011-623-0011
ホームページ http://animal-locomo.jp/

釧路動物病院(北海道アニマルメディカルセンター付属動物医学リサーチセンター)

特徴

充実した最新の医療設備や技術はもとより、心のこもったケアを提供するのがモットーです。

一般的な検査(血液検査、レントゲン検査、心電図、糞 便、尿検査、一般検査)
のほかに、特殊検査(MRI、CT検査、眼科検査、超音波エコー検査、内視鏡検査、造影レントゲン検査、神経学的検査等)が行える病院です。

一般外来の診療などがあります。手術も高度なものまでできる病院なので、専門的な手術も多く、脳/脊髄外科(開頭術、脊髄腫 瘍、椎間板ヘルニアなど)も行われています。

※入院する場合12カ月以内のワクチンが必須などの条件があります

アクセス・連絡先

住所 〒釧路市入江町7-1
電話 0154-23-1122
ホームページ http://www.hamc-kah.com/index.html

あさひ町動物病院

特徴

開院時は家畜往診専門の動物病院として開院し、平成17年に(家畜診療も行いつつ)犬猫の病院を開院。椎間板ヘルニアの愛犬には、飼い主と治療のプランニングを行い、内科治療の他レーザー治療・オゾン療法・針灸治療・外科手術/治療などを実施している病院です。

年間250前後の外科手術を行っており、手術に関しては腫瘍手術や椎間板ヘルニア手術、胆のう摘出手術など、様々な症例を扱っている病院です。

アクセス・連絡先

住所 〒073-0015 北海 道滝川市朝日町東3丁目2-51
電話 0125-22-7795
ホームページ http://asahimachi-ah.com/index.html

札幌緑が丘動物病院

特徴

日々新しい診断技術、治療法を開発、習得する努力を続けているという病院です。大学病院などと連携し、高度かつ専門的治療も受けられる体制作りもしています。

最高の医療と、最良の医療とは必ずしも同じではないとも考え、飼い主さんや愛犬が十分納得し、受け入れられる医療サービ スの提供目指して努力をしているとの事。院長の他、獣医師6名。

アクセス・連絡先

住所 〒005-0005 北海道札幌市南区澄川5条11丁目2-2
電話  011-582-5009
ホームページ http://midorivet.com/index.html

 
 

関連カテゴリ