2015年5月14日更新

東京で犬の椎間板ヘルニアに強い獣医のいる動物病院9選

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

ダックスフンドほか、犬に多い椎間板ヘルニア。放置しておくと、歩行が困難になったり、排泄もままならなくなるなど、とても大変な病気です。

かつては、手術が困難であるといわれていましたが、現在は高度病院(大学病院など)以外でも治療が可能になってきています。

今回は、東京都の動物病院の中から椎間板ヘルニアに強いとされる10病院をピックアップしてみました。

 

東京の椎間板ヘルニアに強い動物病院

(順不同※)2015年4月現在

エルムス動物医療センター

特徴

椎間板ヘルニアに強い病院です。最新のMRIやCTを導入した椎間板ヘルニアの治療に特化したクリニックです。病院のホームページのトップページにも椎間板ヘルニアについての解説があり、レントゲン、造影X線検査、CT、MRIなどを行います。

同じ病院の系列に二子玉川、柏の葉(千葉)もあり。夜間救急受付もあります。

年間200-300頭のMRI CT検査を行い、年間100頭以上の手術例があります(病院ホームページより)。

回復率はグレード4までの症例で95%ほど。

アクセス・連絡先

住所 〒168-0074 東京都杉並区上高井戸1-14-4
電話 03-3304-4090
ホームページ http://www.elms-amc.com/

げんき動物病院

特徴

病院ホームページのトップにも「椎間板ヘルニアとは」「椎間板ヘルニア治療法」などの項目があります(病院で力を入れている項目です)。

県外のエキスパートのサポート体制もあります。
「脊髄造影検査を確実にするために透視装置を使って注入状態をモニターで確認する。一度の麻酔で造影検査をし、そのまま手術を行うのが最大のポイント(ホームページより)。」

アクセス・連絡先

住所 〒154-0002  世田谷区下馬5-7-10
電話 03-5486-2211
ホームページ http://www.genki-ah.com/

銀座ペットクリニック

特徴

2014年開業の新しいクリニックですが、院長は千束、芝浦にペットクリニックを展開していたということです。

メディカルアロマや針灸なども組み合わせ、椎間板ヘルニア、アトピーなどの治療での評判が高い病院です。

アクセス・連絡先

住所 〒104-0061 東京都中央区銀座7-14-15-1F
電話 03-3543-1231
ホームページ http://www.doc-ginza.com/

相川動物医療センター

特徴

ホームページのトップの最初のトピックに犬の椎間板ヘルニアについての記載があります。内科療法、外科療法ともにどういう治療をするかなどを説明する病院です。

院長は日本人ではまだ3人しかいない小動物外科専門医で、中でも椎間板ヘルニアの手術については国内外での評価が高く、手術の際の予防的造窓術という方法を用いることで、再発を起こしにくくなる手術をするという評判でも有名。

アクセス・連絡先

住所 〒161-0031 東京都新宿区西落合4-3-1
電話 03-5988-7888
ホームページ http://www010.upp.so-net.ne.jp/aikawaVMC/index2.html

ACプラザ苅谷動物病院 日光街道病院

特徴

外科が専門で、一般診療とともに、特に骨折や椎間板ヘルニアに力を入れている病院です。外科手術のほか、
リハビリ治療もおこなわれています。またグループ病院が5件あるため、電子カルテによる連携なども行われていて、症状や症例に合わせて各分野のエキスパートの獣 医師が紹介されるシステムもあります。

アクセス・連絡先

住所 〒121-0812 東京都足立区西保木間1-14-25
電話 03-3858-8150
ホームページ http://www.ac-plaza.co.jp/about/hospital/nikkou.html

ひろ動物病院

特徴

診察室のほかに検査エリアや大・小のICUがあります。院長は外科のスペシャリスト。定期的に専門医を呼んでの病院での研修を行うなど、スタッフのレベルアップも常に行われている為、最新医療についての知識も豊富な病院です。

検査の機器、手術道具などもできる限り新しいものを使用するという姿勢なので、最新医療を受けやすい体制にあります。

アクセス・連絡先

住所 〒116-0014 東京都荒川区東日暮里1-32-1
電話 03-3891-3366
ホームページ http://www.hiro-ah.com/index.html

ブライト動物病院

特徴

院長は大学病院での在籍時、糖尿、ホルモン関係の疾患、皮膚疾患などを研究していたそうですが、執刀医としての経験も豊富でマルチな治療を行えると評判です。

より高度な医療が必要となるときの大学病院や専門分野のエキスパートとの連携をとれるのでそこも強みです。

アクセス・連絡先

住所 〒153-0061 東京都目黒区中目黒5丁目28-17
電話 03-3760-9555
ホームページ http://www.eurus.dti.ne.jp/~reotan/

東京動物整形外科病院 やまぐちペットクリニック

特徴

整形外科、神経外科を専門家とする動物病院です。整形外科症例の手術などを行う上で欠かせない施設や設備環境が整っています。

そういう設備以外にも、術前後に必要な血液検査機器なども含め揃っています。CT・MRIが注目を浴びる中、関節内を拡大して直接見ることができることで優っているといわれている関節鏡検査を実施しています。

「関節鏡手術の最大のメリットは(中略)関節鏡 を刺入する数箇所の皮膚切開のみで手術できることにあります。一般外科手術と比べ、術後の痛みや腫れが非常に少なく、早期 に動く事が可能になり、入院期間(症例によっては日帰りも可能)も非常に短縮することができる高度医療技術を用いた手術法です。」 (ホームページより)

アクセス・連絡先

住所 〒136-0072 東京都江東区大島7-1-13
電話 03-3636-1013
ホームページ http://www.yamaguchi-pc.com/index.html

光が丘動物病院

特徴

徹底したインフォームドコンセントをモットーとしているので、丁寧に治療方針などについて説明が受けられるため安心です。

MRIやCTなどの設備も整っています。板橋、埼玉にもグループ病院があり、「日本獣医再生医療プロジェクト」にグループで取り組んでいる為、椎間板ヘルニアなどの治療にも使える損傷がある細胞、骨の組織などの再生医療についての研究もおこなわれています。

アクセス・連絡先

住所 〒 179-0071 東京都練馬区旭町1-13-10
電話 03-3939-3760
ホームページ http://www.hikarigaoka.net/

 
 

関連カテゴリ