2015年6月30日更新

知れば知るほどくせになる!?人気熱帯魚・コリドラスの生態・魅力について

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 
 

コリドラスはこんな熱帯魚

みなさんはコリドラスという熱帯魚を知っていますか?

熱帯魚に興味のない人にはあまり知られていませんが、熱帯魚好きの人にはかなりメジャーな魚なのです。

見た目・性格・飼育のしやすさのどれをとっても一級品。種類もたくさんいて奥が深く、知れば知るほどハマってしまう熱帯魚なのです。

コリドラスの生態

コリドラスの原産地はチリ以外の南米諸国です。体長は10cm程度のナマズの仲間で、普段は底でじっとして砂の中にある有機物を食べています。

種類がとても豊富で、現在命名されているコリドラスは全部で150種類以上。飼育実績のあるコリドラスだけでも60種類以上確認されています。

 

コリドラスの魅力

その1:外見

熱帯魚を飼う方がもっとも重視するのはやっぱり魚の見た目ですよね。コリドラスはナマズの仲間なので、グッピーたちのような華やかさはあまりありません。

しかし愛嬌のある顔つきと、どこか不器用な泳ぎ方はとてもチャーミング。見ていて飽きない魚です。

その2:飼育が容易

基本的に体は丈夫なので、初心者でも十分飼育可能です。

さらに水質の悪化に強い体質のコリドラスも多く、そういう種を選べば多少かまってあげられなくても、死んでしまうことはないでしょう。

繁殖も比較的簡単で、水槽内での繁殖も可能です。

加えて性格がとても穏やかで、他の熱帯魚との混泳も容易なのも魅力です。

その3:残餌を処理してくれる

コリドラスは水槽の掃除屋としても活躍してくれます。底に沈殿した他の魚の食べ残しをすすんで食べてくれるので、水槽の水質悪化をある程度防いでくれるでしょう。

ただし残餌だけではコリドラスの空腹は満たせないので、コリドラス用の餌もきちんと与えなければなりません。

その4:種類が豊富

コリドラスの種類はとても多種多様です。

同じ仲間でも姿や特性が大きく変わるものも珍しくありません。ゆうに100種類を超えるコリドラスですが、大きく分類すると三つに分けられることができます。

ショートノーズ

最も種類が多く群れることが多い特徴があり、コリドラスのなかでは一番飼いやすい性質をしています。

ロングノーズ

口先が非常に長いのが特徴で、単独行動を好みます。

ミドルノーズ

ショートノーズとロングノーズの中間的な性質・姿をしています。

どれも魅力的な姿・特性をしているので、とても奥が深い熱帯魚です。

コリドラスは初心者から上級者まで幅広く愛されている熱帯魚です

初心者の入門編としてすすめられるコリドラスですが、そのままコリドラスの魅力にどっぷりとハマってしまうアクアリストの方も少なくありません。

これからアクアリウムを始める方も、既に始められている方にもおすすめできる魅力溢れる熱帯魚です。

 
 

関連カテゴリ