昆虫の季節がやってきました!今夏はクワガタムシの飼育に挑戦してみませんか?

 

クワガタは大人にも大人気です

クワガタ・カブトムシは今も昔も男の子のロマンです。子どもだけでなく、大人になってもクワガタの魅力に惹きつけられる人も多くいます。

そこでクワガタ・カブトムシのシーズンが間近に迫る今回は、初心者におすすめなクワガタムシの種類についてまとめたので、ぜひ今夏はクワガタの飼育に挑戦してみてください。

 

初心者におすすめなクワガタムシ

コクワガタ

野生のコクワガタの体長は2cm~5cmほど。日本全国に分布している最もポピュラーなクワガタムシです。

これからの季節にクヌギやナラの雑木林に行けば見つかる確率が高いでしょう。性格も比較的温厚でよほど過密にしなければ多頭飼いも可能です。

また丁寧に育てれば5cm以上に成長し、他のクワガタに負けないくらい立派な顎(ハサミ)を持つこともあります。

冬眠すれば3年ほど生きることができ、繁殖も容易なので初心者にはかなりおすすめなクワガタです。

ノコギリクワガタ

沖縄以外の全国でみられるクワガタムシです。一般的にクワガタムシというとノコギリクワガタを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

茶褐色の体と長く伸びた顎。成長すると8cm近くなるものもあり、非常にカッコイイ風貌をしています。

また他のクワガタと比べると非常に活動的・攻撃的で、物陰に隠れることが少ないので観賞用にも向いているでしょう。

その代わり、冬眠はせず秋が終わる頃には死んでしまいます。ワンシーズンのみの飼育となることを最初から理解しておきましょう。

ヒラタクワガタ

ノコギリクワガタと並んで非常に人気の高いクワガタです。扁平な体型と真っ黒な色が特長で寿命は3年ほどです。

以前までは関西より西側で多く発見され、関東では珍しかったのですが近年では関東のクヌギ・コナラの雑木林で発見されることもあります。

オオクワガタ

クワガタの王様。最も人気のあるクワガタで見た目も8センチ以上と大きく、寿命も国内産クワガタでは最長の5年。

繁殖も割と簡単なので、その気さえあればずっとペットとして飼うことが出来るクワガタです。

自然種の捕獲はそこそこ難しいですが、近年ではペットショップなどで比較的やすく購入することも可能です。

 

正しい知識をもってクワガタムシを飼育しましょう

昆虫といえども一度飼うからには最後まできっちりと世話をしなければなりません。

安易に手放すのではなく、事前にしっかりと知識を溜めてからクワガタムシの飼育にチャレンジしましょう。

関連記事