コリドラスを飼ってみよう!おすすめなコリドラスの種類について

 

コリドラスは種類がたくさん

熱帯魚のコリドラスは穏やかな性格や、飼育のしやすから初心者におすすめされることが多い魚です。

しかしいざ購入しようとすると、その種類の多さに戸惑ってしまう方も多いのではないでしょうか。

コリドラスの種類は少なくとも100種類以上あり、特性も様々です。今回はこれからコリドラスを飼ってみようと考えている方のために、初心者におすすめなコリドラスを紹介します。

 

コリドラスの種類

多種多様なコリドラスですが、大きさと形容からそれぞれ三つに分類されます。

大きさで分類すると

  • チビコリ・ミニコリ(3cm)
  • 一般的なコリドラス(6cm)
  • 大型コリドラス(10cm以上)

と分けられます。

一般的なコリドラスが最も種類が多く、性格も温和なものが多いようです。

基本的に一般的なコリドラスより体が小さくなるほど寿命が短くなり、大きくなると性格が荒くなってしまう傾向があるようです。

また外見でも「ショートノーズ」「セミロングノーズ」「ロングノーズ」と分類されます。

一般的にはショートノーズがメジャーで、セミロングノーズやロングノーズは多少癖がある性格をしているものが多いようです。

 

おすすめのコリドラス

コリドラス・ステルバイ

コリドラスの代表種です。白の体色で黒い斑点模様が全身に散らばっています。全体的に地味な色合いですが、胸ビレにオレンジ色が少し入っていて控えめですがおしゃれな種類です。

性格は非常に温和で、混泳も容易で体も丈夫です。飼育しやすいコリドラスのなかでも、特に飼育難易度が低いので初心者におすすめ品種です。

コリドラス・アエネウス

コリドラス・ステルバイと並んでコリドラスの代表種です。全体的にステルバイよりも体の色・模様が地味で、水槽ではあまり映える種類ではないでしょう。

その代わり古くから親しまれてきたので飼育実績や資料は非常に豊富で、情報には事欠きません。

飼育のしやすさという点では一番初心者向きの品種といえるでしょう。

コリドラス・アエネウス(アルビノ)

上記のコリドラス・アエネウスのアルビノ種です。一般的にアルビノ種は普通種と比べて体が弱い傾向がありますが、この種に限ってはさほどマイナスな特長はありません。

値段も普通種とあまり変わらないので、普通のアエネウスが地味すぎるという方はこちらを選択してみるのもよいのではないでしょうか。

 

コリドラスは長く付き合いができる品種です

コリドラスは水槽の掃除屋としても有能で、アクアリウムに慣れてきてもずっとお世話になることも出来る熱帯魚なので、ぜひ飼育に挑戦してみてはいかがでしょうか。

関連記事