モルモットが快適に過ごせる家とは?モルモットを飼うためのスペース作りについて

モルモットは性格が穏やかで、自分の感情を鳴き声で伝えられるコミュニケーション上手な動物です。

短毛種であれば初心者でも比較的簡単に飼うことができます。

それでも、命ある動物を飼うのですから、モルモットに適した飼育環境を用意し、モルモットがストレスなく健康に過ごせるようにしてあげなければなりません。

今回は、モルモットを飼う場合に必要な環境作りについて調べてみました。

 

モルモットを飼うために必要なスペース作り

ケージ

モルモットの生活空間は基本的にケージの中です。広いケージを用意できるかどうかでモルモットの暮らしぶりが決まると言っても過言ではありません。

ケージはモルモットが子供の時に購入することが多いと思いますが、大人になった時のサイズを考えて選ぶようにしましょう。

また、モルモットはケージを噛んでしまうことが多いため、なるべくなら錆びにくく、塗料等が塗られていないステンレス製のモノがおススメです。

ステンレス製は若干、価格が高めですが、丈夫さとモルモットの安全を考えたらベストな選択と言えるでしょう。

エサ入れ・水入れ

市販のフードを入れるエサ入れはプラスチック製のものが多いようですが、もし、モルモットがエサ入れを齧ってしまうようなら、ステンレス製のモノに変えましょう。

水入れは、衛生面からも給水ボトルにした方が良いでしょう。エサ入れも水入れも毎日洗って、清潔を保ちましょう。

床材

モルモットは床の上で過ごすことが多いので、床材の選択はモルモットの居心地を決める大切な要素です。

糞やオシッコが下に落ちるよう金網を使用するケースもあるようですが、モルモットは脚が細いため、隙間に脚が落ちてケガをすることもあります。

モルモットの床材は、なるべくソフトな敷き藁、ウッドチップなどを使用するのがおススメです。

ペットシーツは交換が楽ではありますが、万が一、モルモットがシーツを噛み切ってしまうようなら、シーツの上に敷き藁やウッドチップを敷くようにしましょう。

いずれにせよ、床材はこまめにチェックして、糞や尿で汚れたところは取り除くようにしましょう。

巣箱

モルモットが寝たり隠れたりするための巣箱は、ケージの中に絶対必要なアイテムです。

ダンボール製などだと齧って食べてしまうことがありますので、できれば木製の巣箱を選びましょう。いくつか巣箱を組み合わせて遊び場兼、寝床にするのもおススメです。

大体、これだけ揃えば、モルモットを飼う最低限の環境は整います。

あとは季節に合わせて室内温度を調整しモルモットが心地よく過ごせるようにすること、うるさい場所や温度変化の激しい窓際等にケージを置かないよう気をつけることが大切です。

そして、モルモットがストレスを溜めていないか、常に様子をチェックしてあげることが一番重要です。

関連記事