モルモットには何を食べさせれば良いの?モルモットの食事で気を付けること。

モルモットは意外なことに人間との共通点がいくつかあります。そのひとつが体内でビタミンCを作れないという点です。

そのため、モルモットにはビタミンCが不足しないよう、常に良質のビタミンCを含む食品を与え続けなればなりません。

今回は、モルモットを飼う際に覚えておきたいモルモットの給餌についてご紹介しましょう。

【関連記事】モルモットの特徴、性格、飼い方

 

モルモットの食事はペレットが中心

食事の選び方

モルモットの食生活をバランスよく保つためには、モルモット専用の市販のペレットを与えるのが一番、簡単で間違いがないでしょう。

ペレットとはモルモットのために作られた総合栄養食で、各メーカーからさまざまな種類が発売されています。

これらの商品は、年齢によって分けられ、必要な栄養素を添加してありますので、モルモットの年齢に合った商品を選びましょう。

また、年齢の若いモルモットには、歯の健康のためにも比較的硬めのペレットを選ぶようにしましょう。

モルモットのようなげっ歯類は、切歯と呼ばれる前歯が伸び続けるのが特徴ですが、硬いものを齧らせることで伸びすぎないよう調整しなければなりません。

食べやすさを重視して柔らかいペレットばかり与えていると、歯が伸び過ぎて、噛み合わせが悪くなりますので、注意が必要です。

老年期に入り、硬いペレットが食べにくくなったら、柔らかめのペレットに替えてあげます。

食事の量

与える量は成体の場合で体重1kgに対し、ペレット60gほどが適量だと言われていますが、商品によって栄養価も違いますので、商品パッケージの指示に従いましょう。

モルモットは幼年期に食べたペレット以外受け付けない場合がありますので、幼年期から数種類のペレットを与えるようにすると、好き嫌いが減り、後々、食事コントロールがしやすくなります。

また、ペレットは暑い夏など酸化する可能性がありますので、なるべくなら大量購入はやめて、少しずつ購入するようにし、冷蔵庫で保管しましょう。

 

健康のため質の良い牧草を

固形フードのペレットと同時に必ず与えたいのが乾燥牧草です。

牧草にはマメ科のアルファルファ、イネ科のチモシー、オーツヘイ、オーチャードグラスなどがありますが、それぞれ成分に違いがありますので、モルモットの成長や体調に合ったものを与えると良いでしょう。

チモシー

チモシーは低たんぱくですので、日常食として好きなだけ食べさせることができますが、アルファルファは高たんぱく、高カルシウムですので、どちらかと言うと成長期や妊娠期のモルモットに向いています。

オーツヘイ

オーツヘイは繊維質が多い牧草ですので、あまり牧草を食べないモルモットの繊維質摂取に良いでしょう。

オーチャードグラス

オーチャードグラスは香りがよく柔らかい牧草ですので、高齢になったモルモットや食欲のない場合などにおススメです。

いずれにせよ、牧草は乾燥した新鮮な状態であることが大切です。梅雨の時期などは乾燥材などを使って牧草の状態を保つとともに、少量ずつ新しいものを買い足すことが必要です。

 

食事のアクセントに野菜や果物も大切

先程もご説明したようにモルモットはビタミンCを体内で作ることができません。

ペレットなどにはビタミンCが添加されていますが、新鮮なビタミンCを摂取するためには小松菜、青梗菜、ニンジン、セロリ、パセリ、リンゴなどの野菜や果物から与えると良いでしょう。

ただし、あまりに大量に与えると栄養バランスが偏る可能性がありますので、おやつ程度に留めておきましょう。

また、野菜や果物は残留農薬が付いている場合もあります。人間と違って体の小さなモルモットには農薬の影響が強く出がちですので、モルモットに与える時には水で綺麗に洗ってあげましょう。

どうしても残留農薬が気になる場合は、ボウル1杯に小さじ3杯ほどの重曹を溶かして野菜を洗うと良いです。

 

野草も食事に変化を与える

野菜の他に、タンポポ、オオバコ、ハコベなどの野草をあげるのも良いです。

ただし、排気ガスや犬のオシッコの影響がありそうな街道沿いは避けて、なるべく自然に近いエリアの野草を使いましょう。

虫の卵などが付いている可能性もありますので、よく洗ってから与えることが大切です。

モルモットに食べさせてはいけないものは?

緑の葉物でもホウレンソウ、フダンソウなどはシュウ酸が含まれているため、モルモットに与えるのは止めましょう。

その他にも、ネギ、玉ねぎ、ニンニク、ニラ、アボガドなどはモルモットが中毒を起こす可能性がありますので、与えてはいけない食品です。

モルモットの食生活はペレットや牧草中心ですので、比較的手がかかりませんが、たまには新鮮な野菜や果物、野草などをプラスして食生活に彩りを与えてあげましょう。

その中で自分のモルモットの嗜好を把握しておくと、食欲がない場合などに役に立ちます。ペット達にとって食事は生きる喜びです。

飼い主さんが与える食事ひとつで、モルモットの健康的な生活に大きな影響を与えることになるはずです。

関連記事