2016年3月5日更新

【獣医師監修】愛犬の目がなんだかおかしい!もしかしたらホルネル症候群かもしれません!

ある日、ふと愛犬の目の様子がいつもと違うことに気付くことがあるかもしれません。

まぶたが少しだけ下がっていたり、目がおちくぼんでいたり…。言葉にはしづらいけども、とにかく違和感がある。

そんな時は愛犬が「ホルネル症候群」になってしまっている可能性があります。

ホルネル症候群の症状自体は比較的軽微ですが、そこには様々な病気が隠れている可能性を示す「サイン」でもあるのです。

ホルネル症候群の症状

ホルネル症候群の症状は目周辺にあらわれます。原因不明のケースでは、自然に治癒することもありますが、基礎疾患が判明しているときには原因となる疾患を治療しなければ症状が治まることはほとんどないでしょう。

具体的な症状は以下のようになります。

  • 瞳孔が縮む(縮瞳)
  • 瞬膜が露出する(第三眼瞼の突出)
  • 上瞼が垂れ下がる
  • 眼球が陥没してしまう

上記の症状は片側の目に起こることが多いですが、稀に両側にあらわれることもあります。

目に異常が現れているように見えますが、目そのものの問題ではなく、視力の低下といった視覚障害にはつながりません。

ホルネル症候群の原因

ホルネル症候群は犬以外の動物(人・猫など)にも発症しますが、その理由の多くは「原因不明」とされています。犬の場合は約半分が原因不明のホルネル症候群とされています。

残りの半分は他の体の不調(基礎疾患)により発症します。具体的な基礎疾患の例は以下のようになります。

  • 椎間板ヘルニア
  • 腫瘍
  • 線維軟骨塞栓症
  • 中耳炎・内耳炎
  • 鼻咽頭ポリープ

原因となる病気の部位は耳・のど・脊髄・脳幹などさまざまです。

また犬では、リードが首に絡まってしまう外傷性の原因で発症してしまうこともあるようです。

ホルネル症候群の治療

ホルネル症候群の原因となる基礎疾患が判明した場合には、その基礎疾患の治療を行います。突発性で原因不明の場合はフェニレフリンを一日2~3回点眼し、経過を観察します。

短ければ二週間程度、長ければ四ヶ月以上かかって治癒することもありますが、生涯治らないこともあるようです。

かかりつけの動物病院の先生とよく相談をしましょう

ホルネル症候群の原因を確定させるには耳道検査、神経学的検査、X線検査、血液検査に加えて、MRI検査やCT検査といった特殊な検査が必要なことがあります。

ホルネル症候群の疑いがあり、一般的な検査のみでは原因が確定できないときは、追加検査についてかかりつけの動物病院の先生とよく相談してみましょう。必要があれば、そういった検査の可能な動物病院の受診なども勧められるかもしれません。

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

【獣医師監修】目の中にサクランボが!?犬のチェリーアイの症状・原因・治療法について

犬のチェリーアイはこんな病気 チェリーアイは別名「第三眼瞼腺逸脱」と呼ばれ、犬の「第三眼瞼腺(がんけんせん)」または「瞬膜腺(しゅんまくせん)」というまぶたの内側にある組織が腫れて、目の外……

犬のチェリーアイ

【獣医師監修】犬の白内障について症状や原因から治療・予防法まで

犬にも高齢化の時代がおとずれています。高齢になると、歩き方がゆっくりになったり、毛が白っぽくなっていたりしてくるほか、眼が白くなっているように見えることもあるでしょう。 今回は、眼が白……

犬の目の病気

【獣医師監修】些細な症状も見逃さないことが大切!犬が罹りやすい目の病気と治療方法。

犬には、目が構造的に顔の前方に出ている品種がいくつかあり、そのような品種では目の病気に罹りやすいと言われています。また、目の出ていない構造の品種であっても、犬に発症しやすい眼の病気はいくつか……

犬のチェリーアイ

【動物看護師が徹底解説!】愛犬の目に目やにが!何か病気のサイン?取り方は?

ある日突然、愛犬の眼に目立つ目やにが。でも、目やには毎日出るものだし、病気ではないはず?では、病気との見分け方はどうしたらいいのでしょうか?また、目やにが眼頭へ流れずに眼の中にとどまるように……

犬の目の病気

【獣医師監修】愛犬の目がなんだかおかしい!もしかしたらホルネル症候群かもしれません!

ある日、ふと愛犬の目の様子がいつもと違うことに気付くことがあるかもしれません。 まぶたが少しだけ下がっていたり、目がおちくぼんでいたり…。言葉にはしづらいけども、とにかく違和感がある。……

犬の目の病気