2016年3月5日更新

【獣医師監修】失明の原因になってしまうことも…。ぶどう膜炎の症状・原因・治療法について

ぶどう膜とは瞳の周辺を中心にした組織(虹彩、毛様体、脈絡膜)の総称です。ぶどう膜の一部である「虹彩」は眼球に入る光の量を調節し、「毛様体」は虹彩の働きに不可欠な筋肉です。また「脈絡膜」は眼球や網膜などに栄養を運ぶ役割を担っていて、ぶどう膜を構成する組織はいずれもとても重要な働きをしているのです。

「ぶどう膜炎」とはそれらの組織の一部・もしくは全てが炎症を起こし、視力の低下などを引き起こす恐れがある病気です。

ぶどう膜炎の症状

ぶどう膜炎は虹彩・毛様体・脈絡膜のうち、炎症が起こった部位によって症状は変わってきます。多くの場合、複数箇所にまたがって炎症を起こしているので、以下でまとめて症状をご紹介します。

  • 瞳孔が縮む(縮孔)
  • 目やに・涙が増える
  • 頻繁に目をこすろうとする
  • 虹彩の色が変わる
  • 白目の充血
  • 鈍痛

症状が悪化・進行すると、「緑内障」を発症してしまったり、炎症が網膜に及んでしまい「網膜剥離」や「眼底出血」を起こしたりする場合もあります。

ぶどう膜炎の原因

ぶどう膜炎の原因には外傷などによる外因性、その他の眼疾患からの続発性、免役介在性など、さまざまなものがあります。また、原因不明の特発性のものもあります。

犬では免疫介在性のものが多く、猫では感染症によるものが多く見られるようです。今回は感染症の原因となる病原体についてもいくつかご紹介します。

感染症

ぶどう膜炎の原因となる感染症は幅広く、ウイルス・細菌・寄生虫・カビなど様々です。具体的には以下のような感染症が挙げられます。

  • FIP(猫伝染性腹膜炎ウイルス)
  • FeLV(猫白血病ウイルス)
  • FIV(猫免疫不全ウイルス)
  • トキソプラズマ
  • クリプトコックス

これらの中には、眼のみでなく全身に症状を起こし、死亡してしまう可能性のあるものもあります。もし猫がぶどう膜炎を発症してしまった場合、治療が遅れると死につながってしまうような感染症にかかっている可能性も疑わなければなりません。

ぶどう膜炎の治療

原因がわかっている場合には、原因に対する治療を行ないます。同時に炎症を抑えるため、ステロイドや散瞳薬などを投与することもありますが、外傷の有無や角膜の状態などにより、細かく投薬内容はかわります。早期に適切な処置を行なうことが、視力の温存のためにとても大切です。

まとめ:ぶどう膜炎は発見次第すぐに病院へ

ぶどう膜炎は原因が多岐にわたり、全ての基礎疾患について完全な予防ができるわけではありません。しかし、特に猫の場合はぶどう膜炎を引き起こす感染症の予防を心がける事は、愛猫の命を守るためにも大切です。

放置しておくと失明の原因にもなる緑内障や網膜剥離を引き起こす可能性もあるので、ぶどう膜炎はすぐに治療することが必要でしょう。愛犬や愛猫の眼の様子に異変を感じたらできるだけはやく、動物病院で診察を受けましょう。

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

【獣医師監修】失明の原因になってしまうことも…。ぶどう膜炎の症状・原因・治療法について

ぶどう膜とは瞳の周辺を中心にした組織(虹彩、毛様体、脈絡膜)の総称です。ぶどう膜の一部である「虹彩」は眼球に入る光の量を調節し、「毛様体」は虹彩の働きに不可欠な筋肉です。また「脈絡膜」は眼球……

犬のブドウ膜炎

【獣医師監修】些細な症状も見逃さないことが大切!犬が罹りやすい目の病気と治療方法。

犬には、目が構造的に顔の前方に出ている品種がいくつかあり、そのような品種では目の病気に罹りやすいと言われています。また、目の出ていない構造の品種であっても、犬に発症しやすい眼の病気はいくつか……

犬のチェリーアイ