2016年3月5日更新

【獣医師監修】犬にもものもらいがあるんです。犬のマイボーム腺炎の症状・原因・治療法

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

「ものもらい」という言葉を耳にしたことのある人は多いのではないでしょうか。「ものもらい」とは、「マイボーム腺炎」の一種で、まつげの生え際に整列して並ぶマイボーム腺の炎症のことです。

マイボーム腺の役割は油分を分泌し、涙に混ぜることです。こうすることで涙は蒸発しにくくなり、眼球の乾燥を防いでいるのです。

このマイボーム腺に炎症が起こると、イボのようなしこりを形成します。

 

マイボーム腺炎の症状

マイボーム腺に起こる炎症には、「麦粒腫(ばくりゅうしゅ)」と「霰粒腫(さんりゅうしゅ)」の二種類があります。それぞれ紹介していきましょう。

麦粒腫

麦粒腫はマイボーム腺に細菌が感染して急性炎症を起こしたものです。

感染の程度によって異なりますが、眼瞼周辺が全体的に腫れる場合と局所的にイボのように腫れる場合とがあります。一般的に「ものもらい」といわれている疾患は、この麦粒腫をさします。

霰粒腫

霰粒腫はマイボーム腺が詰まって慢性的な炎症を起こしたものです。

マイボーム腺の分泌物(油分)の通り道が閉塞し、分泌物が詰まってしまうことが原因で慢性的な炎症を起こし、眼瞼の内外にしこりが生じます。

麦粒腫・霰粒腫ともに症状は以下のようになります。

  • まぶたの縁が赤く腫れ上がる
  • イボのようなふくらみが発生する
  • 涙が多くなる
  • 目ヤニ
  • 痒みから目を擦る

しこりの大きさやできる場所はケースによって異なります。

また、老犬ではマイボーム腺が腫瘍化し、眼瞼の表面に突起物を形成することがあります(マイボーム腺腫)。特に眼瞼の内側にできた腺腫は角膜を刺激するため、角膜炎などの二次的な病気の原因になります。

マイボーム腺炎の原因

症状の項目でも説明しましたが、麦粒腫はマイボーム腺に細菌が感染することで発症します。一方、霰粒腫はマイボーム腺が詰まってしまうことで発症してしまいます。

 

マイボーム腺炎の治療

麦粒腫・霰粒腫は共にマイボーム腺に起こる炎症ですが、発生するプロセスが異なるため治療法も異なってきます。それぞれ以下でご紹介しましょう。

麦粒腫

抗生物質を投与することで細菌の活動を抑制します。早期に治療すれば比較的早く治癒するでしょう。

霰粒腫

外科手術が必要になることが多いようです。中に溜まっている滞留物を排出させたり、マイボーム腺と導管、開口部を含めた霰粒腫部分を切除したりします。

マイボーム腺炎の予防は困難。早期治療をこころがけましょう

マイボーム腺炎の予防は難しく、特に麦粒腫の場合は、再発することもままあります。

放置しておくと犬が自身で目を傷つけてしまう恐れがあります。眼瞼のしこりを発見したら、自宅にエリザベスカラーなどがある場合には装着の上、すぐに動物病院で診察を受けましょう。

 
 

関連カテゴリ