2016年3月5日更新

【獣医師監修】犬にもものもらいがあるんです。犬のマイボーム腺炎の症状・原因・治療法

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。


「ものもらい」という言葉を耳にしたことのある人は多いのではないでしょうか。「ものもらい」とは、「マイボーム腺炎」の一種で、まつげの生え際に整列して並ぶマイボーム腺の炎症のことです。

マイボーム腺の役割は油分を分泌し、涙に混ぜることです。こうすることで涙は蒸発しにくくなり、眼球の乾燥を防いでいるのです。

このマイボーム腺に炎症が起こると、イボのようなしこりを形成します。

 

マイボーム腺炎の症状

マイボーム腺に起こる炎症には、「麦粒腫(ばくりゅうしゅ)」と「霰粒腫(さんりゅうしゅ)」の二種類があります。それぞれ紹介していきましょう。

麦粒腫

麦粒腫はマイボーム腺に細菌が感染して急性炎症を起こしたものです。

感染の程度によって異なりますが、眼瞼周辺が全体的に腫れる場合と局所的にイボのように腫れる場合とがあります。一般的に「ものもらい」といわれている疾患は、この麦粒腫をさします。

霰粒腫

霰粒腫はマイボーム腺が詰まって慢性的な炎症を起こしたものです。

マイボーム腺の分泌物(油分)の通り道が閉塞し、分泌物が詰まってしまうことが原因で慢性的な炎症を起こし、眼瞼の内外にしこりが生じます。

麦粒腫・霰粒腫ともに症状は以下のようになります。

  • まぶたの縁が赤く腫れ上がる
  • イボのようなふくらみが発生する
  • 涙が多くなる
  • 目ヤニ
  • 痒みから目を擦る

しこりの大きさやできる場所はケースによって異なります。

また、老犬ではマイボーム腺が腫瘍化し、眼瞼の表面に突起物を形成することがあります(マイボーム腺腫)。特に眼瞼の内側にできた腺腫は角膜を刺激するため、角膜炎などの二次的な病気の原因になります。

マイボーム腺炎の原因

症状の項目でも説明しましたが、麦粒腫はマイボーム腺に細菌が感染することで発症します。一方、霰粒腫はマイボーム腺が詰まってしまうことで発症してしまいます。

 

マイボーム腺炎の治療

麦粒腫・霰粒腫は共にマイボーム腺に起こる炎症ですが、発生するプロセスが異なるため治療法も異なってきます。それぞれ以下でご紹介しましょう。

麦粒腫

抗生物質を投与することで細菌の活動を抑制します。早期に治療すれば比較的早く治癒するでしょう。

霰粒腫

外科手術が必要になることが多いようです。中に溜まっている滞留物を排出させたり、マイボーム腺と導管、開口部を含めた霰粒腫部分を切除したりします。

マイボーム腺炎の予防は困難。早期治療をこころがけましょう

マイボーム腺炎の予防は難しく、特に麦粒腫の場合は、再発することもままあります。

放置しておくと犬が自身で目を傷つけてしまう恐れがあります。眼瞼のしこりを発見したら、自宅にエリザベスカラーなどがある場合には装着の上、すぐに動物病院で診察を受けましょう。

 
 

人気のドッグフードは?獣医師おすすめの「ドッグフード」ランキング

特に近年日本で注目されているドッグフードは「人が食べるご飯の様に高品質なプレミアムドッグフード」です。獣医師がおすすめする高品質なプレミアムドッグフードをランキング形式でご紹介!

ドッグフード

おすすめのグレインフリーキャットフード15種をランキング!評判の良いキャットフードは?

猫のフードで最近人気なのが「グレインフリー」。グレインフリーのキャットフードにはどのようなメリットがあるのでしょう?おすすめのグレインフリーキャットフードをランキング形式で紹介!

ドッグフード

本当に必要な犬や猫の「ペット保険」がわかる!後悔しない犬や猫のペット保険の選び方

ペット保険について徹底研究しました。ペット保険で失敗しないためには自分のニーズにあった保険を選ぶこと、保険についてきちんと理解することが大切です。

ドッグフード

【ペットシッターが解説】マンチカンとの暮らしで注意すること

【完全保存版】マンチカンの飼い方、マンチカンとの暮らしで注意することをペットシッターが徹底解説します。マンチカンを飼っている方、これから飼おうとしている方必見です。

マンチカン

【ペットシッターが解説】メインクーンとの暮らしで注意すること

【完全保存版】メインクーンの飼い方、メインクーンとの暮らしで注意することをペットシッターが徹底解説します。メインクーンを飼っている方、これから飼おうとしている方必見です。

メインクーン

もし親がいない子猫を拾ってしまったら…子猫の育て方を獣医師が解説

もし親がいない子猫を拾ってしまったら、こちらの記事をどうぞご覧ください。子猫を育て上げるために必要な知識を獣医師が解説します。

子猫

【獣医師監修】犬の角膜裂傷~原因・症状と対策

元気な愛犬が走り回って何かにぶつかってしまったり、他の犬とケンカやじゃれ合った後様子が変わったりしたことはありませんか。やたらと手で目ばかりをかいていたり、歩き方がおかしくなったりするような……

犬の目の病気

【獣医師監修】犬の水晶体脱臼〜原因・症状と対策

犬の水晶体脱臼は目の病気です。最悪の場合には失明に至ってしまう可能性があるので、水晶体脱臼の症状が見られた時にはすぐに獣医さんの診察を受けさせてあげなければなりません。水晶体脱臼は症状から見……

犬の目の病気

犬の目がなんだかおかしい!もしかしたらホルネル症候群かもしれません!【獣医師監修】

ある日、ふと愛犬の目の様子がいつもと違うことに気付くことがあるかもしれません。 まぶたが少しだけ下がっていたり、目がおちくぼんでいたり…。言葉にはしづらいけども、とにかく違和感がある。……

犬の目の変化や異常

【獣医師監修】失明の可能性も!犬の緑内障について知っておこう

眼の病気のうち、白内障とともに有名なものとして「緑内障」があります。緑内障とは、眼球の内部の圧力(眼圧)が上昇することで視神経と網膜に障害が発生し、視力障害を起こしてしまう病気です。 ……

犬の目の病気

【獣医師監修】犬も逆まつ毛になる!犬の眼瞼内反症の原因・症状・治療法

人間でもよく耳にする逆まつ毛。犬の世界でも問題になることがあります。 まつげ自体が眼球に向かって生えてしまうことで起こるほか、まぶたが内側に反ってしまうことでも逆まつ毛となることがあり……

犬の目の変化や異常

犬の目やには病気が原因?急に目やにが増える原因と対処法【獣医師監修】

「最近、愛犬の目やにが増えた気がする…」「目の病気かもしれない…」 こんな風に思ったことがある飼い主さん、多いのではないでしょうか?あまりにも目やにが出ていると、目の病気ではないかと心配に……

犬の目の病気

【獣医師監修】目の中に寄生虫が! 東洋眼虫についてまとめました

東洋眼虫ってどんな寄生虫? 東洋眼虫は主に犬・猫の結膜嚢と呼ばれる場所に寄生する虫ですが、稀に人の目にも寄生することがあります。 体長は8mm~16mm程度で、色は白の半透明で細い糸……

犬の感染症

【獣医師監修】犬のドライアイについて原因や症状から対策・予防法まで

近年、CMなどでもよく耳にするドライアイ。「何秒以上目を開けていられないとドライアイの可能性」などと言われているのを聞いたことのある方もいるでしょう。このドライアイは、犬にも起こるのです。 ……

犬の目の病気

【獣医師監修】犬の眼瞼炎〜原因・症状と対策

眼瞼とはまぶたという意味で、犬の眼瞼炎はまぶたに炎症が起きている状態のことを指します。眼瞼炎は肉眼で確認しても明らかに異常が見受けれるので見落とす可能性は低いといえるでしょう。眼の病気や感染……

犬の目の病気

【獣医師監修】犬の網膜剥離〜原因・症状と対策

犬の網膜剥離は、遺伝的に目の病気になりやすい犬に発症したり、なんらかの疾患をきっかけに発症するなど原因も様々です。しかし、痛みや充血などの主な症状がない為、気づかないうちに進行してしまうこと……

犬の目の病気

【獣医師監修】目頭にピンク色の異物?目ヤニや涙の原因、犬のチェリーアイの症状・原因・治療法について

目頭にピンク色のできものができたように見えるチェリーアイ。 目頭という顔の中心に近く、よく目立つ部分に、ある日突然発症しますので、初めて見た時には驚かれる方も多いです。これは、腫瘍のよ……

犬の目の変化や異常

【獣医師監修】暗くなると目が見えづらくなる。犬の進行性網膜萎縮の症状・原因・治療法と好発犬種について

夕方など、暗くなってから愛犬とお散歩に行くと、時々物につまずいたり、ぶつかったりするなど、少しドジな行動が見られるようになった…。それは、進行性網膜萎縮という遺伝性の病気が始まったサインかも……

犬の目の病気

【獣医師監修】犬の流涙症~原因・症状と対策

犬の流涙症は、涙が目からあふれてしまう病気です。シー・ズー、トイ・プードルなどに多く、あふれた涙のせいで目の下が茶色く変色したり、皮膚炎を起こしたりすることもあります。原因は目に対する刺激や……

犬の目の病気

【獣医師監修】犬の角膜炎〜原因・症状と対策

犬の角膜炎は目の病気です。症状が進行してしまうとひどい場合には失明してしまう可能性があるので軽い病ではありません。ただし症状が進行する前に早期発見できれば、簡単な治療で完治する場合があります……

犬の目の病気

【獣医師監修】失明の原因になってしまうことも…。ぶどう膜炎の症状・原因・治療法について

ぶどう膜とは瞳の周辺を中心にした組織(虹彩、毛様体、脈絡膜)の総称です。ぶどう膜の一部である「虹彩」は眼球に入る光の量を調節し、「毛様体」は虹彩の働きに不可欠な筋肉です。また「脈絡膜」は眼球……

犬の目の病気

【獣医師監修】犬の眼球脱出~原因・症状と対策

犬の眼球が何らかの衝撃によって外に飛び出してしまう「眼球脱出」は、短頭種に多く見られます。外に飛び出した眼球は非常に無防備で、傷つきやすく、最悪の場合視力を失う可能性も。 緊急性を伴う……

犬の目の病気

【獣医師監修】犬の結膜炎〜原因・症状と対策

犬でよく見られる目の病気として有名なのが結膜炎です。結膜は眼球の白目からまぶたの裏側を覆っている膜で、この結膜が炎症を起こすと白目が充血して赤くなります。犬は目にゴミが入ったり毛が入ったりす……

犬の目の病気

【獣医師監修】些細な症状も見逃さないことが大切!犬が罹りやすい目の病気と治療方法。

犬には、目が構造的に顔の前方に出ている品種がいくつかあり、そのような品種では目の病気に罹りやすいと言われています。また、目の出ていない構造の品種であっても、犬に発症しやすい眼の病気はいくつか……

犬の目の病気

【動物看護師が徹底解説!】愛犬の目に目やにが!何か病気のサイン?取り方は?

ある日突然、愛犬の眼に目立つ目やにが。でも、目やには毎日出るものだし、病気ではないはず?では、病気との見分け方はどうしたらいいのでしょうか?また、目やにが眼頭へ流れずに眼の中にとどまるように……

犬の目の病気

【獣医師監修】目の中にサクランボが!?犬のチェリーアイの症状・原因・治療法について

犬のチェリーアイはこんな病気 チェリーアイは別名「第三眼瞼腺逸脱」と呼ばれ、犬の「第三眼瞼腺(がんけんせん)」または「瞬膜腺(しゅんまくせん)」というまぶたの内側にある組織が腫れて、目の外……

犬の目の病気