2016年6月17日更新

犬のランク付けのメカニズムについて。子供のいる家庭は要注意!

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

犬は群れで生活していたオオカミの習性を引き継いでいるので、群れの中の順位を本能的に決めていきます。

これは幼少期に決めるものなので、一度決まってしまうとそれを覆すことが困難になります。そのため、家族の中での序列に気を配らなければなりません。家族の中の特定の誰かの言うことを聞かなくなってしまっては、正しくしつけることが出来なくなります。

特に子供のいる家庭の場合は注意しなければなりません。ここでは犬のランク付けを思い通りにコントロールする方法をご紹介します。

 

優位性を示す

食事の順番


優位性を示すための最も簡単な方法は、食事の順番を工夫することです。群れで生きていた頃は、群れの中の順位が高い方から食事をとります。そのため、犬の食事のタイミングを最後にすることで、家族内での順位を示すことができます。

食事の与え方

imasia_9538570_S
犬のランク付けは幼少期に行われるので、家族として迎えたばかりの頃の対応が非常に重要になってきます。そこで、ドッグフードを手のひらに乗せ、そこから食べさせるようにしましょう。これによって、食事を食べさせている人を上位に見るようになります。

行動に制限を設ける

屋内で犬を飼う場合、一日中ケージの外に出っぱなしになっている場合があります。このような場合、全てが犬の思い通りになってしまうので、わがままな子になってしまい、言うことを聞かなくなります。

ケージの中に入れる

imasia_10145381_S
ケージの中で我慢させることを覚えさせましょう

自由な時間を限定してあげることで、我慢することを覚えます。また、ケージから出してくれた人に対して、広い世界の中で自分を守ってくれる人として頼るようになるので、順位付けを正しく認識させることにもつながります。

 

犬は家族の行動を観察している

犬は家族内のランクがどうなっているのかを探るため、日々家族の行動を注意深く観察しています。簡単に言えば、誰が主人なのか、その下に誰がついているのかを見極めているのです。

子供と犬を同列に並べてはいけない

imasia_1073667_S
家族というものの性質上、犬と子供を兄弟のように扱う場合があります。これによって、犬は子供に対して自分と同列の相手だと勘違いしてしまうので注意が必要です。こうなってしまうと誤った認識を生むので、子供に犬のしつけの仕方を教え、子供に対しても服従の気持ちを持つようにさせてください。

まとめ


犬のランク付けは、犬が家族になった瞬間から行われます。家族の全員が犬よりも立場が上であることを示しながらしつけを行っていくようにすることが大切です。正しく立場を認識させてくださいね。

 
 

関連カテゴリ