2016年6月17日更新

犬を多頭飼いをしたいと思った時のために。知っておくべき基礎知識を解説

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

「飼い犬が家にひとりでいる時間が長くて可哀想、犬がもう一匹いたら寂しくなくなるのではないか…」と考えたことのある方は多いと思います。しかし、犬は飼い主の人達の愛情を独り占めし、幸せを感じながら生きていくことを望んでいます。

犬が増えるということは、そのどちらかが大きなストレスを感じることになる場合が多く、どちらかの子に可哀想な想いをさせてしまうのです。ここでは多頭飼いをする前に知っておくべきことをご紹介します。

 

様々な問題点がある

素材dog-1285647_640
犬を多頭飼いする際に生じる問題点は実は多いです。犬には自我があります。犬の気持ちを理解してあげなければなりません。また、飼育することで生じる問題もあります。

気持ちの問題

素材beagle-1248768_640
同時に数匹の犬を飼い始める場合でなければ、先に暮らしていた犬と途中から家族に加わった犬に分かれます。

家族に加わったばかりの頃は新しく来た子にばかりかまってあげることになりやすいので、大抵の場合、先に暮らしていた犬がいじけてしまいます。大きなストレスを感じて衰弱していくこともあるので注意が必要です。

お金の問題

素材piggy-bank-1047211_640
人間の子供に対して「一人も二人も同じようなものよ」という言葉をよく耳にしますが、少なくとも犬に関してはそうではありません。2匹飼えば2倍、3匹飼えば3倍のお金がかかることを理解しましょう。

問題の解決策

犬_素材2821585840_81028df03b_z
多頭飼いは簡単ではありませんが、しっかりと犬に対して配慮してあげれば問題を解決することができます。多頭飼いをしたいという気持ちが強い方は、強い気持ちをもって対応してあげてください。

ストレスを与えない方法

犬_素材
犬に対して平等に接することが大切です。

どちらかの犬を特別扱いしてしまうと「自分のほうが愛されている」と感じ、もう一方の犬に対して威張ってしまうようになります。それを防ぐためには、平等に接するしかありません。そのようにすれば、基本的に犬同士では先に暮らしていた子が先輩として色々教えながら先導するようになるので、犬同士の関係性が安定していきます。

お金の問題について

これに関しては、経済的な余裕があるかどうかをしっかりと見極めるしかありません。加えて、家族全員の了承と協力を得られるかどうかを確認してください。犬を多頭飼いすれば、お金だけではなく、労力も倍になることを忘れてはいけません。

 

まとめ

犬_素材
犬の多頭飼いは決して簡単なことではありません。なんとかなるだろうという気持ちで飼い始めるのではなく、しっかりと準備をするようにしてください。犬を飼うということは、最期のときまで愛情を注ぎ、手放すことなく面倒を見るという責任を負うということです。しっかり考えて結論を導くようにしてくださいね。