リクガメの飼育設備。いくらかかるか知っていますか?

ペットを飼うぞ!と決めたら気になるのがペットの価格と飼育設備のお値段ですよね。今回、リクガメの飼育設備と価格帯について調べてまとめてみました。これからリクガメの飼育を検討している方は、参考にしてみて下さい。

 

絶対に必要な設備とそのお値段

ケージ

これがないと話になりませんね。大きければ大きいほどリクガメにとっては良い環境になりますが、家の中で飼う以上、限界もあります。大きさの基準は子ガメのときには最低で60cm×30cm。成長すると95cm×45cm以上のケージが必要になります。初めから95cm×45cmのものを買っておくのが効率的ですね。

材質も種類が豊富ですが、ネットショップなどでカメ用・爬虫類用のケージが販売されていますのでそれを購入するのが間違いないでしょう。価格帯は1万円から3万円程度になります。

紫外線ライト

太陽光の代わりになる紫外線ライトは必ず用意しましょう。価格帯は二千円から五千円です。高価なものでは3万円の品もありますが、数千円のものでも十分な効果が得られます。

保温球

リクガメの多くは日本の気候に適した温度体質をしていません。そのためにケージの中は常にリクガメに最適な温度に保っておく必要があります。昼用、夜用など用途に合わせた種類があるので、飼育環境に一番適したものを購入しましょう。価格帯は千円から三千円ほどです。

バスキングライト

ケージ内にホットスポットという温度の高い場所を作り、変温動物のリクガメが温度調節をする場所を設けてやるのがバスキングライトの役目です。価格帯は千円から三千円程度です。

サーモスタット

バスキングライトや保温球のオン、オフを自動で調節してくれる便利なアイテムです。
温度調節機器にはじめから内臓されているタイプもあるので、確認してから購入しましょう。価格帯は二千円から六千円程度です。

温度計

ケージ内の温度を知ることができるので必ず設置しましょう。ホットスポットと温度が低い場所の二か所に設置するのがベストです。価格帯は千円から五千円です。

床材

色々な種類がありますが、カメの歩行を邪魔しない材質のモノが良いでしょう。一般的にヤシガラの床材が使われています。価格帯は五百円から三千円程度です。

水入れ

専用のものを買わなくても、リクガメが飲みやすい扁平な水の入れ物でも代用可能です。価格帯は五百円から千円程度になります。

 

まとめ

以上の設備を合計すると三万円から五万円必要になるでしょう。これにカメの価格も入ってきますので、初期費用は十万円前後から見ていけば間違いないでしょう。これに日々の電気代などもかかってきます。実際に飼う前にしっかりとお財布とも相談して決めましょう。

関連記事