2016年6月16日更新

人間と動物との新しい関係。アニマルセラピーとは?

 
 

動物との触れ合いが人間に癒しを与えてくれることは、誰もが知る事実ですが、最近では実際に動物と触れ合える施設も増え、アニマルセラピーの世界が広がってきました。

今、アニマルセラピーの世界はどのようになっているのでしょうか。その効用や現状についてご紹介します。


アニマルセラピーのあり方

犬_素材dog-1194077_640
アニマルセラピーの元祖は何と言っても家におけるペットでしょう。

家に動物がいるだけで心が和み、一時的にせよ悩みを忘れられる体験は、ペットを飼ったことのある人なら誰でも覚えがあるはずです。

この動物との触れ合いを治療の一環として取り入れたのが、アニマルセラピーです。人間を身体的、精神的、社会的に回復させる方法として、国際的に認知されています。

日本ではまだ発展途上ですが、欧米ではさまざまな分野でアニマルセラピーが取り入れられています。

その対象は、高齢者、病気の終末期にいる患者、身体機能障害のある人、精神病患者、身体的疾患もしくは精神的疾患を抱える子供、犯罪者など広い範囲に渡り、それぞれの分野で成果を上げています。


アニマルセラピーの歴史

猫_素材fc264e0e2efd72554931605d3f2e24e9_s
アニマルセラピーという言葉で定義されていたわけではありませんが、動物との触れ合いで人を癒し、治療しようという試みは1792年にはあったと言われています。

 
 

ペット生活

編集部