猫のフレーメン反応とは?猫が困り顔をしてるのは何故?

飼っている猫が口を半開きにして困っているように見えることはありませんか?

そのままの状態でフリーズしたりするので、「どうしたの?」と声を掛けたくなりますね。実はこれが「フレーメン反応」と呼ばれる現象です。

言葉として聞いたことがある飼い主さんは多いと思いますが、一体なぜ、こんな反応が起こるのか、詳しく知っている人は少ないのではないでしょうか?

今回は猫を始めとする、動物のフレーメン反応についてご紹介しましょう。

 

フレーメン反応が起こる仕組みとは?

フレーメン反応とは、猫、牛、羊などさまざまな種類の哺乳類で起こる現状で、同種の動物が放つフェロモンの匂いに反応して、口角の両側を引き上げる現状です。

フェロモンは、動物の体内で生成されている匂いの有機化合物で、有名なのは異性を引き寄せる働きですが、それ以外に仲間を呼んだり、縄張りを主張したり、危険を知らせたりする働きもあります。

このフェロモンを嗅ぎ分けているのがヤコブソン器官という場所で、猫の場合、上唇と上の歯茎の間に存在しています。

猫はフェロモンの匂いを嗅ぐと、匂いの元をペロッと舐めて、舌でヤコブソン器官に運ぶと言われています。

ヤコブソン器官でキャッチされたフェロモンはちょうど、嗅覚と味覚の間位の感覚だと言われていますが、そこからダイレクトに脳に伝わって、情報を伝えると言われています。

動物は、仲間のフェロモンを嗅ぎ分けることで、そこに隠されたメッセージを読み取るわけで、まさに情報を収集し分析している時の顔がフレーメン反応の顔なのです。

実はこの反応、動物によって反応の強弱が違うため、反応が分かりやすい動物と分かりにくい動物がいますが、中でも口角を大きく吊り上げる馬において、顕著だと言われています。

 

人間にはフレーメン反応は起きないの?

ヤコブソン器官は爬虫類から両生類、哺乳類に至るまで、あらゆる生物に存在していると言われています。

しかし、人間を始めとする霊長類に関しては、退化してしまって機能しないため、フレーメン反応が起こらないと言われています。

たまに、人間の香水などでフェロモンの香りを混入した商品が売られていたりしますが、人間の場合、ヤコブソン器官がないのですから馬や猫のように強い効果はなさそうですね。

 

フェロモン以外にも反応するの?

フレーメン反応は主にフェロモンに対する反応ですが、他にも揮発性の強い匂いやタバコの煙、またたびなどに同様の反応をすると言われています。

動物は匂いに敏感ですが、それは単に嗅覚が優れているというだけでなく、第2の嗅覚と呼ばれるヤコブソン器官の働きで脳にダイレクトに匂いの情報が行くからかもしれません。

フレーメン反応している時の猫は一生懸命、情報を分析中なのですから、その間は声をかけたりせず、放っておいてあげた方が良いでしょう。

関連記事