2015年7月7日更新

猫に歯磨き、本当に必要?猫の歯みがきの種類と、おすすめ猫用 歯ブラシ・歯磨きグッズ10選

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 
 

猫に歯磨き、本当に必要?

猫に歯磨きが必要だと言われるようになったのはここ10年ほど。昔は猫に歯磨きなんて誰も考えていませんでした。果たして、猫に歯磨きは本当に必要なのでしょうか?

猫も高齢化が進み、長生きするようになって、歯にトラブルを抱える猫が増えてきました。猫は虫歯にはほとんどならないと言われていますが、手入れをしないと歯肉炎や歯周病になりやすくなるでしょうし、歯周病が悪化すると歯が抜けたり、痛みでごはんが食べられなくなったりすることもあります。

人と同じように健康な歯は長生きの秘訣なのです。最近では動物病院でも猫の歯磨きを積極的に推奨していますし、歯ブラシや歯磨き粉も売っています。健康に長生きするためには、子猫のうちから歯磨きの習慣をつけておいた方が良いのです。

猫の歯磨きグッズ、どんなものがあるの?

「それじゃ、うちの猫にも歯磨きさせよう」…と思ったらまず、歯磨きグッズを用意しなければなりません。一体、どんなものを購入すれば良いのでしょうか?

実は猫の歯磨きグッズ、人の歯磨きグッズのように多くの種類があるんですよ。

歯ブラシ

まず、用意したいのは歯ブラシです。小さな猫の口に合わせて専用のブラシを購入しましょう。猫が大きく口を開けなくても良いように、ブラシ部分が小さい方が使いやすいでしょう。ブラシ部分が回転するタイプもありますので、使いやすいものが見つかるまで何本かトライしてみてください。

歯磨き粉

ペット用の歯磨き粉は大抵ジェルタイプ。猫の嗜好に合わせてチキンフレーバーなどを添加している商品が増えています。猫は歯磨きの後に口をゆすぐわけではありませんので、磨いた後のジェルはそのまま飲み込みます。こういったことを考えるとジェルの成分には注意を払った方が良いでしょう。歯ブラシを嫌がる猫のために口に入れるだけで歯垢を除去する働きのあるジェルやスプレーも登場していますので、猫の好みを探りながら選んでください。

歯磨きシート

ウェットティッシュのようなシートで、飼い主さんの指に巻きつけ、猫の歯や歯茎をふき取るようにして磨きます。歯ブラシを嫌がる猫や軽いケアには便利です。

歯磨きトイ

猫がおもちゃを噛む習性を利用した歯磨きグッズです。柔らかい素材のスポンジに網が張ってあるものや、ロープを編んだものなど形状はさまざまですが、噛むことで歯に付いた歯垢を取り除く仕組みは共通しています。またたびの匂いが付いた商品などもあり、遊びながら歯を磨ける便利なグッズです。

歯磨きおやつ

猫が一番、積極的に楽しく歯磨きできるのが、この歯磨きおやつでしょう。食べることで歯についた歯垢を取り除いてくれます。

 

歯磨きグッズ、何を選べばいいの?

歯磨きに慣れていない猫の場合、最初から難易度の高い方法を選んでしまうと、猫も嫌がりますし、飼い主さんも面倒になって三日坊主になりかねません。もちろん、ベストなのは歯ブラシと歯磨き粉で毎食後、歯磨きしてあげることですが、大人になってからの歯磨き習慣は難易度「高」。猫が歯磨きを嫌がるようなら、最初は歯磨きおやつやトイを与えて簡単ケアをしながら、歯磨きに慣らす訓練をするのがおススメです。また、歯磨きシートは比較的、簡単にトライできるので、シートから始めるのも良いでしょう。

歯ブラシにトライする場合は、磨きやすくヘッドが曲がったものやヘッドの小さいものを選びましょう。最初はまたたびの匂いをつけ、歯ブラシで遊ばせて警戒心を解くのも、良い手です。

猫に歯磨きって、タイヘン?

子猫ならともかく、大人になってから猫に歯磨きを受け入れてもらうのは、かなりタイへンです。警戒してすぐに逃げてしまうこともあるでしょう。中には歯ブラシを見ただけで逃げてしまう猫もいるようです。こうなってしまうとギブアップする飼い主さんも多いのですが、ここがぶんばりどころです。時間をかけて少しずつ、歯磨きに慣らしてあげましょう。時には心を鬼にしなければならないこともあるかもしれませんが、猫に長生きしてもらうためだと考えれば頑張れます。

よい歯のためには獣医さんの力も借りましょう

歯磨きができるようになっても、猫の口を開けて中をチェックするのは、猫歴の長い飼い主さんでもタイヘンです。口臭が強くなってから病院に行ってもすでに手遅れで、歯を抜く羽目になることも多いのです。歯の健康には予防が大切です。検診や他の病気で病院に行く際には、必ず歯のチェックもお願いしましょう。頑固な歯石がついている場合は、歯石除去の治療もしてくれます。猫の歯や歯茎の状態を把握し、獣医さんに適切なアドバイスを貰えば、きっと年をとっても自分の歯で元気にごはんを食べてくれるはずです。

おすすめの猫の歯ブラシ・歯磨きグッズは?

スーパーキャット らくらく歯みがきシートお買い得 2個パック

使用が簡単で楽に猫の歯を磨いてあげられるシートタイプの歯磨きです。こちらはお買い得な2個パックとなっています。緑茶フレーバーでさわやか。

価格

842円

原材料:不織布(パルプ・レーヨン・融着繊維)
サイズ(約):20.4 x 16.4 x 4.5 cm
重量(約):249g
原産国:日本

LEBA3 (リーバスリー)

犬猫用の歯磨きです。アメリカ・カナダを中心としてペットの飼い主や獣医師に好評なもの。

口内環境を整え、歯を丈夫で健康にしてくれる液体歯磨きとなります。直射日光をさけ、常温保存します。朝夜、1回ずつが仕様の目安です。1回1スプレー。歯に直接スプレーしなくても唾液と混ざることにより、口全体に行き渡ります。スプレー後柔らかいガーゼなどを水にぬらし、気になる部分を拭くとより効果的な使い方となります。

使用する前後30分は、食事、水をあげないで使います。スプレーを嫌がる猫には、スポイトなどで口の隙間から入れてあげるとよいでしょう。

価格

11,340円
原材料:蒸留水、25%エチルアルコール、植物抽出物(シソ科・バラ科)

サイズ(約):3.3×3.3×10.5cm
重量(約):85g
原産国:カナダ

コスモスラクトデンタルジェル

犬猫用の歯磨きです。16種類の乳酸菌を発酵させ、1年熟成後に有効成分のみを抽出したものを使用しています。口内の善玉菌を育成し、口臭や歯周病の原因になる悪玉菌の住みにくい環境を作り、歯や歯茎に塗ってあげるだけで健康に。

ゼロカロリーでアレルゲンがなく安心して使えます。甘草の自然な甘さ。猫の場合こするのが苦手な猫も多いので、歯茎に塗るだけでもいいというのはありがたいことです。

開封後は冷蔵庫保管するものです。2か月未満の幼い動物には使用しないでください。

価格

2,160円
原材料:グリセリン、水、ソルビトール、乳酸菌生成エキス、エタノール、セルロースガム、 甘草(グリチルリチン酸2K)、乳酸

サイズ(約):3.2×3.2×11.7cm
重量(約):68g
原産国:日本

グリニーズ 猫用

猫が大好きな歯磨き専用のスナックです。噛むことにより歯の汚れを落としてくれます。いつもの食事と併せ、ご褒美、おやつなどにあげます。

歯磨き効果を期待するためには1日に18粒~24粒が適当となっています。体型などに合わせ、主食の量を調節しながらあげるものです。350kcal/100g。

原材料:タンパク質27.0%以上、脂質12.0%以上、粗繊維10.0%以下、灰分8.0%以下、水分10.0%以下、タウリン0.1%以上。(フィッシュ&ツナの場合)

フレーバーとしてフィッシュ&ツナ、チキン&サーモン、グリルチキン・ハーブ、ローストチキン味、グリルフィッシュ味、香味サーモン味などがあります。

価格

615円

原材料:チキン、米粉、小麦粉、コーングルテン、オーツ麦繊維、鶏脂※、レバーエキス、フィッシュミール(白身魚、ツナ)、
亜麻仁、乾燥酵母、グルコン酸ナトリウ ム、ミネラル類(カリウム、カルシウム、クロライド、コバルト、セレン、ナトリウム、
マンガン、ヨウ素、亜鉛、鉄、銅)、ビタミン類(A、B1、B2、 B6、B12、D3、E、ナイアシン、バントテン酸、ビオチン、葉酸)、
アミノ酸類(タウリン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、クエン酸、ローズ マリー抽出物)、
着色料(銅葉緑素)※ミックストコフェロールで保存 (フィッシュ&ツナの場合)

サイズ(約):13×19×18cm
重量(約):70g
原産国:アメリカ

食べられる歯みがきロープ

噛んで歯みがき、食べて健康なコラーゲンロープ。おやつと歯磨きが合体した商品です。歯垢・歯石をつきにくくする効果があります。また、噛むことで歯茎の血行促進にも役立ちます。1日に1~2回程度、食後または食間に与えます。カロリーは2kcal/1個。

価格

200円
原材料:コラーゲン、鯛エキス、酵母エキス、シーフードエキス、D-ソルビトール、着色料(カラメル)
商品サイズ(約):幅70×高さ190×奥行12(mm)
重量(約):0.8g×7個

ビバテック シグワン

こちらはいろいろシリーズが出ていますが、今回取り上げているの尾は超小型犬・猫用歯ブラシです。ペット業界初、360°型歯ブラシです。

約2万本の超極細毛(毛の細さ:0.06mm)が口臭や歯周病の原因である汚れやプラークをかき出し、口腔内を清潔に保ってくれます。360度なので奥歯なども通常のものより磨きやすくなっています。

価格

734円

サイズ(約):13×13.8×14.5cm
重量(約):16g

トーラス 歯磨きが苦手な子に 食後の歯磨きゼリー

犬猫用のデンタルケア商品です。フッ素で歯をコーティングして、歯垢をつきにくくします。無味無臭のジェルタイプなので、猫も嫌がりにくく使いやすい商品となっています。

使い方は奥歯に直接注入するだけ。フッ化ナトリウムが歯垢の付着を防ぎます。同じトーラスから奥地さわやかゼリーという、カテキンで口腔内の細菌を抑え、消臭効果があるゼリーも出ています。

価格

864円

原材料:グルコン酸亜鉛、タウリン、オリゴ糖、クチナシエキス、還元パラチノース、ビタミンB6、フッカナトリウム、鉄分、イオン交換水
サイズ(約):30mL
原産国:日本

ビルバック (Virbac) C.E.T酵素入り歯みがきペーストチキンフレーバー

嗜好性に優れた、犬・猫専用歯みがきペースト。 ブラッシングのあと、すすぐ必要はありません。チキン風味なので、食いしん坊だけれど歯磨きは嫌い、という猫にも向いているもののひとつ。

たん白質:1.5% 脂質:6% 水分:30% エネルギー:1.9kcal/g。

価格

1,685円
原材料:ソルビトール 精製水 リン酸水素カルシウム含水二酸化ケイ素 グリセリン チキンフレーバー 甘味料(デキストロース)
増粘安定剤(キサンタンガム) チオシアン酸カリウム グルコースオキシダーゼ ラクトペルオキシダーゼ 着色料(二酸化チタン) 保存料(安息香酸ナトリウム)

サイズ(約):20.5 x 8 x 3.5 cm
重量(約):70 g
原産国:アメリカ

KPS マウスクリーナー ペットキス

水に混ぜるだけなので、歯磨きがとにかく嫌い、という犬猫にも安心。飲み水に混ぜて飲ませるだけで、歯垢・歯石・口臭のケアができるタイプのオーラルケア商品。保存料・着色料・などは一切使用していません。

液体が少しピンクなのはレッドビートの色素で、赤ビート(赤カブの一種)はサプリメント(ビタミン剤)にも使用されています。

ビタミンCによる天然防腐剤の役割があります。ガーゼなどにつけて磨ける場合は直接歯を磨いてあげてください。できない場合、 飲み水300mlに対して5cc(小さじ1杯)を入れ、よくかき混ぜます。

価格

2,625円
原材料:蒸留水、亜鉛、ビタミンB、グリセリン(コーン以外の野菜)、天然赤ビート抽出液

サイズ(約):237ml
原産国:アメリカ

共立製薬 デンタルモモチャン 液体歯磨き

食事の後に奥歯に垂らすだけのデンタルケア用品です。奥歯にたらすだけで口腔内にジェルが広がり、効果が口全体に広がってくれます。香料無添加、無刺激性なので、口の中に炎症や傷がある猫に澪安心して使いやすい液体歯磨きです。

価格

1,702円
原材料:グルコン酸亜鉛、タウリン、メチルパラペン

サイズ(約):20.4×7×3.5cm
重量(約):29ml 29g
原産国:アメリカ