2015年7月8日更新

オシキャットってどんな猫?オシキャットの特徴・性格・飼うときの注意点を徹底解説!

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

野性的な豹柄が特徴のオシキャット。日本ではまだ珍しい猫種なので見たことがない方も多いと思いますが、その野性味あふれる姿がとても人気の猫です。

この記事ではまだあまりなじみのない猫種、オシキャットについて詳しく解説していきたいと思います。

オシキャットは1960年代のアメリカで誕生しました。

ミシガン州のブリーダーがアビシニアンとシャムを交配した結果偶然にも美しいスポット(豹柄)を持つ猫が生まれ、オシキャットの始まりとなりました。

その後アメリカンショートヘアーとの交配も加わり、1978年に純血種の猫として公認されることになったのです。

 

オシキャットの体の特徴

スポットと呼ばれる豹柄模様がオシキャットの一番の特徴です。筋肉質でしなやかな体つきと大きなアーモンド型の瞳があいまって、とても野性的な雰囲気のある猫種です。

体重は一般的なイエネコよりやや多め、オス猫で5kg前後が理想的と言われています。

毛並は光沢がありとても美しく、手触りもシルクのように柔らかくなめらかです。

オシキャットの性格

その野性的な風貌に似合わずオシキャットはとても人懐こく甘えん坊、飼い主に従順で常に愛情を求めるような猫種です。

とても頭がよく、投げたボールを取って戻るなどゲーム的な遊びもこなせるところから「犬の魂が入った猫」などと呼ばれることもあります。

温和な性格なので他の動物ともうまくやっていけるでしょう。

運動が大好きで、健康のためにも多くの運動量を必要とするので、飼い主さんがおもちゃなどで積極的に遊んであげるととても喜びますよ。

 

オシキャットを飼う時の注意点

人が大好きで甘えん坊のオシキャット。一般的に猫は長時間ひとりでいることを苦にしませんが、オシキャットはちょっと違います。留守の多いご家庭だと寂しがってストレスを貯めてしまうでしょう。

特定の人にベッタリ甘える傾向が強い猫なので、いつも猫といっしょにいたい人にぴったりの猫です。

温和で従順な性格、固有の病気などもないので猫を飼うのが初めての方でもとても飼いやすいです。

人に対して友好的で賢いオシキャットですが、騒々しい環境はちょっと苦手なので注意が必要です。穏やかに過ごせる環境作りが大切でしょう。

運動が大好きなので、キャットタワーやキャットウォークを設置してあげると喜びます。

美しい豹柄を保つためにはブラッシングが大切なので、1日1回のブラッシングは欠かさず行ってあげてください。

野性的な風貌に似合わない甘えん坊のオシキャット、そのギャップも魅力のひとつですよね。

いつも猫といっしょにいたい、たくさん甘えてもらいたい、そんな人にぴったりなオシキャット、家族の一員として迎え入れてみてはいかがでしょうか?

愛情深く賢いオシキャットは飼い主さんに心温まるひとときをもたらしてくれますよ。