2016年3月5日更新

【獣医師監修】目頭にピンク色の異物?目ヤニや涙の原因、犬のチェリーアイの症状・原因・治療法について

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

目頭にピンク色のできものができたように見えるチェリーアイ。

目頭という顔の中心に近く、よく目立つ部分に、ある日突然発症しますので、初めて見た時には驚かれる方も多いです。これは、腫瘍のようなできものではなく、目頭の内側にある第三のまぶたと呼ばれる部位にある「第三眼瞼腺」が飛び出しているのです。

飛び出した部分は腫れて眼球に刺激を起こしますので、それによって目ヤニや涙の増加などの目のトラブルを起こしてしまいます。

そんなチェリーアイの原因や治療方法についてご説明します。

 

チェリーアイの原因

起こりやすい犬種が明らかにされており、遺伝性とも考えられています。また、外傷により起こる事もあります。

遺伝

コッカースパニエル、ビーグル、ボストンテリア、フレンチブルドッグ、シーズー、チワワなどに起こりやすいとされています。

生後半年から2歳までの、比較的若いうちに最初の発症が起こることが多いです。

外傷

外傷によってチェリーアイを発症してしまうことがあります。また、他の目の病気の合併症として発症することもあります。

チェリーアイの治療方法

目ヤニなどへの対症療法のみを行なうケースから、飛び出した第三眼瞼線を元の位置へと整復するケースまで様々です。

犬によって発症の仕方は様々です。そのため、症状や発症してからの経過、再発をくりかえすかどうかなどによって治療方法が変わってきます。

外科手術を行なわない整復のみ

点眼麻酔のみで、外にでてきてしまっている第三眼瞼腺を元の位置に押し戻します。

手術を行なわない整復だけでは、完全に治すことは難しいことが多く、整復してもすぐにまた出てきてしまうケースも多々あります。

外科手術による整復

全身麻酔下の手術で、眼瞼を一部切開し、逸脱した第三眼瞼線を元の位置に戻して縫合します。

高齢の場合などでは、全身麻酔自体のリスクもあり、健康状態によっては実施が難しいこともあります。かかりつけの獣医さんとよく相談してから治療方針を決めましょう。

対症療法のみ

目ヤニなどの分泌物の過多が改善されるように、点眼薬や内服薬で炎症を抑えたり、目を保護したりする治療のみを行ないます。

手術が難しいとされた場合には、対症療法のみで症状を抑えていくこともあるでしょう。

第三眼瞼腺が飛び出て、常に眼球を刺激されている状態ですので、犬もそれが気になり、前足で掻いてしまったり床に擦りつけたりしてしまいます。このことによって、角膜炎など、別の目の病気を起こす可能性がありますので、エリザベスカラーなどを装着しての生活がすすめられます。

一方で、長い間チェリーアイを患っている犬の場合は、次第に気にならなくなり、特に不自由なく生活を送れているケースもあります。そのため、チェリーアイそのものは完治できていなくても、そのままでいいと判断して、特に治療を行なわない飼い主さんもいらっしゃいます。

チェリーアイという病気自体は完治させるのが比較的難しいとされていますが、治療のオプションはいくつかあります。それぞれの愛犬に合ったつきあい方を獣医さんと相談しながら見つけてあげてください。