2015年7月16日更新

犬を自宅でグルーミング! グルーミングに必要なものとその選び方

グルーミングとは、愛犬の被毛、爪、目、耳、歯など、体全体のお手入れの総称です。

具体的には、ブラッシング(ブラシを使う)、コーミング(クシを使う)、シャンプー・リンス(入浴)、爪切り、耳掃除と様々な作業を含みます。

本来は、バリカンやハサミ(シザー)などを使い被毛をカットする作業もグルーミングに含まれます。

犬種別の独特なカットであったり、専門的な技術を要するものは一般にトリミングと言われています。

グルーミングは何故必要?

愛犬の外観を美しく保つためだけでなく、人と一緒に快適に生活をするため他人に不快感を与えないために、体の汚れを落とし被毛を整える必要があります。

また、定期的にグルーミングを行うことで、室内での抜け毛の軽減もできます。

グルーミングを行うメリットは、「健康維持」と「スキンシップ」です。

常に清潔を保つことで、皮膚病予防になりますし異変にもいち早く気が付くことができます。

グルーミングに必要な道具とは?

自宅でグルーミングを行う際に、最低限あった方が良い道具の紹介をします。

スリッカーブラシ
先が折れ曲がった、針金のような細いピン状でブラシ部分と持ち手の部分がT字に見えるものです。主に毛玉や毛玉になりかけている毛のもつれをほぐしたりアンダーコート(下毛)の抜け毛を取り除くために使用します。

体格や被毛の種類により、ピンの強さの違うハード・ソフトタイプを使い分けます。

ラバーブラシ
ゴム製で主に短毛種に使用します。抜け毛やホコリを取り除くほか、マッサージ効果も期待できます。安価なナイロン製のブラシもありますが、静電気が発生しやすくおすすめ致しません。

コーム
金属製のクシ。人が使うクシと形状は同じですが、グルーミングでは通常、金属製のものを使用します。クシの歯の間隔が広い粗目と間隔が狭い細目になったものが一本のクシに半分ずつになっています。通常のコーミングには荒目を、仕上げには細目を使用します。

爪切り
犬の爪は人の爪とは形状が大きく異なるので、人用の爪切りは使用できません。専用の爪切りはペットショップなどで購入できます。ギロチン型とハサミ型がありますが、小型犬にはギロチン型が一般的です。

爪の大きな大型犬は、ハサミ型を使用します。

爪には、血管及び神経が先端から数ミリのところに入っていますので傷つけないように、少しずつカットします。痛い思いをさせてしまうと、次回からの爪切りが大変困難になります。

できないときは、無理をせず動物病院やペットサロンでやってもらうことをおすすめいたします。

コットン
耳掃除に使用します。イヤークリーナーを含ませて、耳の入り口をやさしく拭います。綿棒などで、奥の方までやるのは慣れないとかえって汚れを押し込んでしまう可能性があるので、目視できる範囲をマメに拭いましょう。

イヤークリーナーは動物病院やペットショップなどで購入できます。

最後に

グルーミングを行う場合、あまり長時間になると愛犬も飽きてくるのでトラウマにならないように、毎日一か所ずつ行っても良いかも知れません。

飼い主さんも、愛犬も慣れてきたら手早く、かつ丁寧にコミュニケーションを取りながら絆を深めて下さい。

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

犬の入浴、正しくできてますか?正しいお風呂の頻度や方法は?

人間の入浴方法をイメージしながら愛犬の入浴を行うと、上手くいかないことが多くなってしまいます。私たちは、人間に合った形で入浴を行っているので、犬も同様の入浴方法を用いて入浴させれば良いという……

犬のトリミング

シャンプー、爪切り、トリミング…自宅でできる犬の手入れのポイント【動物看護士が解説】

愛犬のシャンプーや爪切りなどの手入れは月にどのくらい行っていますか?毎回トリミングサロンにお願いしていますか?出来ればもっと頻繁にトリミングサロンにお願いしたいけど、お金のこともあるし、回数……

犬のブラッシング

犬のシャンプーの手順や頻度、お湯の温度は?犬を自宅でシャンプーをする方法。犬のシャンプーの具体的な手順について

汚れやすい被毛を清潔に保ち血行を促進するなど、シャンプーには色々な効果があるので、愛犬の体に負担をかけないように手順をご紹介します。 シャンプーはどうして必要? シャンプーは、被毛の汚れ……

犬のシャンプー

【動物看護師が解説】プードルにトリミングは必要か、被毛のお手入れ方法は?

毛をカットして形を作るトリミング犬種の代表格、プードル。なぜ、トリミングが必要なのか、普段どんな被毛の手入れが必要なのでしょうか?今回はプードルの被毛についてお話しします。 プードルの……

犬のトリミング

【動物看護師が解説】ボーダーコリーにトリミングは必要か、被毛のお手入れ方法は?

頭が非常によく、繊細な精神の持ち主なので飼い主さんと強固な信頼関係を持つボーダーコリー。初心者ではしつけが難しいと言われるほど、隙がなく、判断力があるので、飼い主さんも犬を飼うことについてそ……

犬のブラッシング

これでバッチリ!プードルのお手入れの仕方

トリマーさんがプードルの毛のお手入れをしてくれるから、飼い主さん自身は何もしなくて良いと思っていませんか? プードルのかわいさを保つためには、毎日の飼い主さんのお手入れが必要なんです。 ……

犬のブラッシング

【動物看護師が解説】キャバリアにトリミングは必要か、被毛のお手入れ方法は?

大人しく、優しい性格のキャバリアは、小さな子供のいる家庭から、老夫婦まで、かなり幅広い世代で愛されている犬種です。個体によっては、活発で遊び好きなこともありますが、ほとんどは1日をゆったり過……

犬のブラッシング

犬のシャンプーの頻度は?老犬は特に気をつけたいシャンプー方法。

健康な犬のシャンプーは最低でも月に1回、もしくは2週間以上の間隔をあければ次のシャンプーを行なってもいいと言われています。しかし老犬は体力を奪われてしまうので若い頃より疲れてしまいます。また……

犬のシャンプー

犬の毛を剃るとどうなる?犬のサマーカット・夏のトリミングについて

夏は暑くて、むしむししますよね。私たち人間は、夏になると気候に合わせて洋服を変えたりプールに行ったり、ヘアーを短くカットしたりできますが、犬はそのような事ができません。 犬も暑い!と思……

犬のブラッシング

【動物看護師が解説】ホワイトテリアにトリミングは必要か、被毛のお手入れ方法は?

自尊心が強く、しつけがしにくいと言われるテリア種の中で、温厚で人懐っこく、明るい性格のウエストハイランドホワイトテリア(以下、ホワイトテリア)。テリア種らしい我が強い一面ももちろんありますが……

犬のシャンプー

【動物看護師が解説】ミニチュアピンシャーにトリミングは必要か、被毛のお手入れ方法は?

小さい体ながら、筋肉質でキリッとした顔が特徴のミニチュアピンシャー。まるでドーベルマンを思わせるかのようなその姿は、大型犬を飼うことのできない飼い主さんにとっては、非常に魅力的な犬種です。性……

犬のブラッシング

【動物看護師が解説】シェルティーにトリミングは必要か、被毛のお手入れ方法は?

シェルティーは非常に賢く、飼い主さん以外にはあまり懐かない、和犬のような従順な犬種です。家族の前では甘えん坊で遊び好き、たくさんの笑顔を見せてくれますが、それ以外の場所ではポーカーフェイスを……

犬のトリミング

プラッキングとペットカットの違いは?テリア種のトリミング方法について

放っておくとどんどん被毛が伸びるトリミング犬種。定期的なトリミングでカットしたり、被毛を整えたりする事が必要です。 そんな中、テリア種に限らず、シュナウザーやワイヤーダックスなど、「プ……

犬のトリミング

愛犬をお風呂に入れたい!正しいシャワー・シャンプーの方法は?

愛犬のお風呂って結構大変ですよね。お風呂嫌いな愛犬だったらなおさらです。でもお風呂は愛犬を綺麗にするだけではなく、病気の予防、治療といった点でも大事なことなのです。 今回は愛犬のお風呂を少……

犬のブラッシング

【ペットシッターが解説】ラブラドールレトリバーとの暮らしで注意すること

ラブラドールレトリバーの性格と性質 性格 ラブラドールレトリバーは、とにかく賢くて、その優しさと従順な性格が人気の大型犬です。その賢さは、盲導犬などの仕事ぶりを見ていても分かりますが……

風呂嫌いでも簡単! 獣医に聞いた、犬・猫を自宅で簡単にお風呂に入れるコツ

SNSや共有サイトで、気持ちよさそうにお風呂に入る犬や猫の動画が出回っていますが、獣医師で動物病院Rire(リール。東京都渋谷区)の橋本理沙院長は、「お風呂嫌いの犬や猫は少なくありません。で……

猫の肛門のチェック

【動物看護師が解説】アメリカンコッカースパニエルにトリミングは必要か、被毛のお手入れ方法は?

活発で人懐こく、我が強い部分もありながらも、その可愛らしさで憎みきれない小悪魔的な性格のアメリカンコッカー。大きな垂れた瞳に、長い耳、ウェーブがかった金色の被毛は一度見たら虜になってしまうで……

犬のシャンプー

プードルのブラッシング方法と注意点。毎日のケアで清潔を保つ!

毎日のお手入れを欠かさずに プードルはカールが可愛い毛並みの犬ですが、プードルにとってブラッシングは、皮膚を清潔に保ち、美しいコートを維持するために必要不可欠なものです。 正しい知識と技……

犬のブラッシング

【動物看護師が解説】フレンチブルドッグにトリミングは必要か、被毛のお手入れ方法は?

大きな耳と真っ直ぐ長く伸びた四肢が特徴のフレンチブルドッグ。短頭種の中では鼻が高い方と言われていて、顔のシワも少なく、パグなど特有のイビキのような息遣いも少ないとされています。非常に利口で人……

犬のブラッシング

愛犬の”臭い”を解消しよう!

これからの時期、湿度も高くなってくると犬の“臭い”が家にこもりがちになりますね。愛犬の“臭い”は日常のちょっとの工夫で解消できるのをご存知ですか? そこで今回は愛犬の“臭い”を解消する……

犬のトイレグッズ